海運貿易関連

Switch Bill of Ladingとは何か?いつ、なぜ使用されるか?

スイッチBL

スイッチB/Lってなんかカッコいい用語ですが、いつ、なぜ使用されるのか、また、通常のB/Lと違うのか?最初はこんなことしているのかさっぱり分からなかったのですが、だいぶ理解が進んできたのでまとめておきます。

船荷証券の切り替え

 

 

 

 

 

 

 

スイッチBLとは??

・・・主に3国間貿易の際に輸入者に輸出者を知られたくない時に使います。

3国間貿易とは

・・・たとえばアジアの支社が現地で買い入れた商品を日本を通さずに欧米で売るという貿易形態のことです。日本にいながらにして香港で仕入れた商品を中国へ輸出する(日本に入れず)というような事です。

スイッチBLは契約書(商品の買い付け者・上記3国間貿易で例えるなら日本)が仕入れ元(上記例えで言う香港)工場から買い手(上記では中国)に商品を貿易する際にBLの発行は日本で行い、発行したBLを香港(輸出者)へ送り、最終的に買い手(中国)に渡るという流れです。

 

出荷と貨物の世界は動的で、出荷中にいくつかの変更が発生する場合があります

目的地は変更でき、貨物の経路は変更でき、貨物の荷受人は変更でき、船荷証券などの重要な文書でさえ変更されるのが常ですね。簡単な修正の場合もありますが、場合によっては、変更または要件により船荷証券の発行が必要になる場合があります。

船荷証券の種類と発行方法を確認

船荷証券の発行は3つ

1)B / Lがオリジナルで「記名式」で発行される場合、「ストレートB / L」と呼ばれ、ストレートB / Lは、譲渡不可および譲渡不可の文書です。

2)B / Lが「記名式」で発行されたものの、サレンダーなど原本ない場合、または、「運送状」と見なされるもの。WAYBILLなんかですね。譲渡不可および譲渡不可の書類です。

3)オリジナルでB / Lが発行され、「指図式」の場合。L/Cものですね。

船荷証券には以下の3つの機能があり、上記のタイプの船荷証券はこれらの機能の1つ以上を果たします。

  1. 運送契約の証拠
  2. 商品の受け取り
  3. 商品の所有権の文書

 

スイッチB/Lは船荷証券の別種なのか?

スイッチBLは、サレンダー、ウェイビルのような船荷証券や運送状の別種ではありません。

スイッチB/Lは、運送業者またはその代理店が、出荷時に最初に発行された最初の船荷証券と「交換」または「代替」する、2番目の船荷証券です

ここでのキーワードは「交換」または「代替」です。これは、最初のBLがまだ流通していて有効である間は、2番目の船荷証券を発行できないことを明確に意味します。ですから、最初のB/Lが発行されたことが確実でないと流通させてはなりません。

顧客がSwitch、スイッチBLを必要とするなぜか?

スイッチBLは、いくつかの異なる理由で要求される場合があります。

sponsored link
  • 元の取引条件に変更があった場合。
  • 商品は再販され(おそらく  高額販売)、揚げ港が変わったとき。
  • 荷受人が輸出業者と直接取引を行った場合、売り手(意図した代理人である可能性があります)に実際の輸出業者の名前を荷受人に知られたくない時。
  • 売り手は、実際の貨物の原産国を買い手に知られたくないので、積み込み港を、貨物が積み込まれた港以外の港として表示されるように要求します。

 

Switch Bill of Ladingで変更できるか箇所と変更できない箇所

実際にスイッチBLで変更できる安全なライン?は荷主、荷受人、通知先です。実際は輸送と配達に影響を与えない限り、下記の追加要素/情報が変更されています…

  • 荷送人の商品の説明。
  • 船の名前(必要な場合);
  • 発行の場所と日付(出荷の日付と同じでない場合);
  • 貨物と荷降ろし港

以下の詳細は変更できません

これを変更すると、販売契約に基づいて出荷条件に影響する可能性があるため、

  • 出荷の場所と日付
  • 荷物の数、寸法、重量、寸法などの貨物の詳細
  • 危険物の情報がある場合(元の危険物申告に基づいて既に貨物が船上にあることを忘れないでください)
  • 温度設定、湿度設定などの冷凍貨物情報(貨物は、元の貨物申告に基づいてすでに船上にあることを忘れないでください)
  • OOG貨物情報

スイッチB/Lはどこで切り替えることができるのか?

船荷証券は世界中どこでもどこからでも発行できるように切り替えられます。

たとえば、ニューヨークからアントワープのB/L発行があり、経由地のロンドンにオフィスがある限り、船荷証券をロンドンで切り替えることができます。通常、船荷証券の切り替えは、貨物のルートに代理店やブランチがあれば可能です。

 

Switch Bill of Lading Fraud - Shipping and Freight ResourceスイッチB/Lの発行は合法?

切り替え船荷証券の発行が違法であると具体的に言うことはありませんが(不正を犯そうとする意図がない限り)、ほぼすべての保険会社が一致した見方をしているようです。バイヤーの承諾および理解なしに発行された最初のB/Lに反する不実な表示または情報は、不正なB/Lとなります。

スイッチB/Lの発行から生じる可能性のあるクレームから自分を守るためにシッパーやエージェントは、

  1. スイッチB/L発行のための保険でカバーされており、スイッチB/L発行の正確な理由を保険会社に提供します。
  2. 貨物の引渡し前に船荷証券が切り替えられること、および切り替え法案を要求する個人または団体が要求を行う権限を持っていることを確認する必要があります。
  3. 通常、船荷証券の荷送人は船荷証券の切り替えを要求する権利を持ちますが、次の当事者への承認または商品の配送前のみ。
  4.  最初に発行されたB/Lの原本は、裏書なしで船会社に差し入れし、2番目のB/Lが発行される前にキャンセルする必要があります
  5. 4は、船会社が注意して確認する最も重要なポイントです。これは、同じ貨物に対して他のオリジナルが浮いてしまうことは避けないければなりませんし、発行の要求を行う当事者が本当に貨物の所有者であり、さらに処分する権利があることを保証するためにも必要です。
  6. スイッチ後のB/Lには、最初の船荷証券とは異なる情報(積み込みポートの誤り、貨物の状態と数量の変更など)を含めないでください。
  7. スイッチB/Lに不実表示が含まれている場合、運送業者/代理店は、そのような不実表示のために損失を被った当事者からの請求の危険にさらされます。