海運貿易関連

危険品の誤申告に対し、各船会社が厳格な対応を実施

海事火災

エバーグリーン、マースクライン、ハパックロイド、現代商船、OOCLなどの船会社は、危険物の誤申告に対して数千ドルの罰金を科すことを発表しました。ハパックロイドは、コンテナごとに15,000.00米ドルのペナルティを実施すると発表しました。

勧告は、「出荷前に危険な貨物を適切に提供および申告しないことは、有害物質規制に違反している」そのような違反は、適用法の下で罰金および/または刑事訴追の対象となる場合があると発表。

乗組員、船舶、その他の貨物の安全性を確保するために、ハパックロイドは、未申告または誤申告の場合に起因する違反、罰金、損害、事故、請求、是正措置に関連するすべての費用と結果に対して、シッパーに責任を負っていただく」と発表しました。

長い間、船会社、船主、輸出業者、輸入業者、さらに重要なことに、一部の不注意または無知な荷主の危険物の誤申告によって、命の損失、貨物の損失、収益の損失、貿易の損失、時間の損失を引き起こしているのは事実です。

海上輸送の危険物とは?

危険物または危険貨物と言うとき、多くの人が最初に思い浮かぶのは、爆発物、酸、毒、核廃棄物などです。特に輸送の問題に関しては、「危険物」とみなすべき物品や物質がたくさんあります。

これらの品物が適切に管理されていない場合、特に輸送中に、生物、環境、および材料と安全に潜在的な危険性が生じる可能性があります。

危険物は、固体、液体、気体など、さまざまで、高温または低温、刺激性または無臭、透明または着色であり、その危険な影響は最小限から致命的なものまであります。

純粋な化学物質または物質の混合物、製造された製品など、これら商品の危険な影響には、皮膚組織の酸化/腐食物の延焼、可燃物の有毒な煙の放出、自然または熱源にさらされた場合に爆発性の製品が含まれます..

特定の商品は、適切に収納されていないと環境に有害な場合があり、他の商品は水に対して危険な反応をする可能性があります。

危険物の輸送は、人や財産に関わる事故、環境、輸送手段、または輸送中の他の物品への損傷を可能な限り防ぐために規制され、輸送の各チャネル(空気、海、道路、鉄道、内陸水路)には独自の規制があります。

IMDGコード

IMDGコード  または 国際海上危険物コード  は、危険物および危険物を海上で安全に輸送するための国際的なガイドラインとして受け入れられています。IMDGコードは、乗組員を保護し、有害物質による海洋汚染を防止することを目的としています。

この規範の実施は、国際海上生命安全条約(SOLAS)および船舶による汚染防止に関する国際条約(MARPOL 73/78)に基づく国連メンバーの義務とされています。

このコードには、海上での危険物の運搬に関する用語、パッケージング、ラベリング、プラカード、マーキング、格納、分離、取り扱い、および緊急時の対応に関するアドバイスが含まれています。

海事災害の例

多くの乗組員が運航する船に搭載された何万ものコンテナの中にある非常に危険な商品を想像してみてください。しかし、彼らは何を運んでいるのかわかりません。

sponsored link
  • 2015年に中国の天津で、危険物の爆発で112人以上が死亡しました。
  • 3人の乗組員が死亡したMSC Flaminiaでは2012年7月14日に火災を起こしたドイツの コンテナ船で、3人の命(2人が死亡、1人が行方不明)
  • マースクの超大型コンテナ船の1つであるMaersk Honamがアラビア海で火災を起こし、5人の乗組員が死亡しました。
マースク・ホナムの火
  • レムチャバン港ではKMTC hongkongがレムチャバン港で爆発、負傷者130人を出しました。

  • 2019年1月に「YANTIAN EXPRESS」は、The Allianceの EC航路サービス(アジア~北米東岸(西回り))に就航している1隻で、アジアからハリファックスに向けて航行中、バミューダ諸島の北東35‐48N 50-03Wの地点にて、船首部より火災が発生しました。

Hapag Lloydによると、2015年から2017年の間に11,000を超える危険物の誤申告があり、2014年から2015年にかけて、危険物規制または不適切に申告された危険物のために7,000件近くの貨物の輸送が止められました 。

ハパックロイドの最高経営責任者Rolf Habben Jansen氏はJOC.comに次のように語っています。誤って申告された貨物が船に積載されることを防ぐために、必要に応じて荷主をチェックします。これにより、海上輸送がうまくいかないリスクが大幅に軽減されます。

OOCLは2019年に海事事件を引き合いに出して、潜在的に未申告および/または誤申告を防ぐために危険品貨物をランダム調査して、積み込みの前に追加の検査を実施するとしました。

 

KMTC HongKong Fire-配送および貨物リソースKMTC HongKong Fire-配送および貨物リソース

統計によれば、海上で約60日ごとに大きなコンテナ貨物火災が発生しています。コンテナ船のサイズが大きくなると、大規模な爆発または火災事故の潜在的なリスクと結果も大きくなります。2019年だけで起こった多くの事件により、国際輸送および運送保険会社によって開始された貨物保全運動は、新たな弾みをつけました。

貨物輸送に関連する事故の66%は、梱包全体の不十分さ、危険品貨物の識別のミス、つまり、誤申告でもあります、データやドキュメントの間違いが66%を占めます。

海上航空輸送(MAT)保険部門におけるこれらの請求の計算コストは​​、年間5億米ドルを超えています。