海運貿易関連

”LOGINNO””の海運コンテナ物流のAI、スマートコンテナ実用化

スマートコンテナ

デジタル化は、特に海運および貨物業界で、現在の流行語です。数十年前、あるいは数年前でも、6辺の単純な長方形のスチールボックス(ほとんどの場合)が「スマート」と呼ばれるとは誰も信じていなかったでしょう。

LOGINNO

”LOGINNO”はCONTOPIAを開発、コンテナの可視化を実現

LOGINNO社は、コンテナにデジタル機能を搭載して、世界初のスマートコンテナーイノベーションラボを設立しました。VCが資金を提供し、起業家がその新しい用途に注目しています。フレイトフォワーダー、船会社、銀行、港湾がCONTOPIAに興味を示し、さらなるデジタル化の波に乗っています。

いろいろな船会社がデジタル化に取り組んでいあすが、コンテナ全体をスマートコンテナにしようという船会社があれば、先駆的企業となると思います。

Loginnoの共同設立者であるShachar Talのインタビューです。

LoginnoとContopia、実現の背後にあるロジックについて

ST:輸送用コンテナが60年以上前に登場してから、貴重な貨物を運ぶ場所から場所へと移動する単なる鉄の箱でした。

唯一の可視性は、コンテナが揚げ地またはトラシップポートで降ろされているとき、またはコンテナがコンサイニーに配達されたときです。これがコンテナまたは貨物のステータスを確認および検証できる唯一の時間でした。

シールの破損やコンテナの切断、貨物の盗難などセキュリティ上の問題が発生した可能性があり、不注意でコンテナが違う港に上がってしまったり、意図的に商品の損傷を引き起こす可能性がありましたが、貨物で何が起こっているのか全く分かりません。

sponsored link

Loginnoは、デジタル化によってコンテナ全体をスマートコンテナに変換し、不足していた可視性を作成するために設立されました。Contopiaは、すべての輸送コンテナがリアルタイムIoTを使用して接続されるように作成したコンセプトです。現在、世界中に2,300万以上のTEUが存在することを考えると、これは簡単な作業ではないため、私たちは小さく始めています。

Contopiaはどのように機能し、費用はいくらですか??

ST:この仕組みを機能する方法は、船会社のすべてのコンテナがコンテナの通気口に収まる小さなデバイスを装備することです。システムがこのデバイス内に構築されており、コンテナとマッチングしています。

それによりコンテナはスマートコンテナになり、コンテナ追跡用のオンラインダッシュボードが付属し、オンスケジュールAIと呼ばれるプラットフォームを使用して、コンテナのリアルタイムの動きを完全な可視性を提供するデータの送信を開始します。

このデバイスは無料で、すべてのコンテナにインストールされます。可視性アプリケーションには少しコストがかかりますが、対費用効果は抜群でしょう。シッパーも物流機能をより効率的に、貨物の移動に関する情報を入手できますから、多くの時間とお金を節約できます。

Contopiaはどのようにコンテナ所有者に価値を付加し、また、コンテナオペレータがシステムの使用を検討する需要はありますか?

ST: Contopiaは、コンテナオペレーターと貨物所有者に最大限の可視性を提供します。コンテナオペレータは、使用されているコンテナの数とアイドル状態の数、場所、滞在時間、コンテナが必要な場所を即座に特定できます。

すべての情報はアプリケーションを介して利用できるため、サードパーティーのデータ入力、EDI転送などを行うことなく、これらすべてをデジタル化することができます。

コンテナオペレーターは、関連する必要な情報を港、船舶、税関、保険、国土安全保障、およびその他のパートナーと共有して、よりスムーズで安全な運用と貿易を促進できます。

Contopiaは、コンテナオペレーターの収益に大きな影響を与え、運用コストを削減し、革新的な顧客サービスを提供し競争上の優位性を獲得できるでしょう。

コンテナ情報に誰がアクセスでき、どのようにして間違った手に渡らないようにしますか?

ST:まあ、すべてのアクセスは二者が利用できます。コンテナオペレーターと貨物所有者。どの情報を誰と共有するかを決定します。私たちは同じプラットフォームを提供していますが、情報へのアクセスは当事者自身によって制御されます。

いや、スマートコンテナ革新的で面白いですね。いずれ、船会社のコンテナのムーブメントも自動的にデータ生成され、人間によるデータ作成はなくなるかもしれません。