海運貿易関連

コンテナダメージによる貨物損害回避のためのコンテナチェックポイント

コンテナー

耐航性のないコンテナ等をピックしてしまうことによって貨物の損傷を招いてしまうことがありますよね。

コンテナ内の貨物が損傷する理由はいくつかあります。

これは、コンテナ内の貨物の不適切な梱包、運搬された貨物に使用された不適切なコンテナが原因であるときがありますが、コンテナ内の貨物の損傷の主な理由の1つは、コンテナ自体の状態です。

  • コンテナへの水の浸入(雨、海水など)による湿式損傷。
  • リーファーコンテナの代わりに通常のコンテナを使用する場合のように、誤ったタイプのコンテナを使用すると、コンテナ内部の結露による湿式損傷。
  • 隣接性リスクまたは臭気移動による汚染
  • 侵入被害

コンテナに梱包された貨物について報告されている一般的な種類の損傷の一部です。

原則として、船会社はこれらの主張を拒否し、コンテナのゲートアウトレポート(EIR)が荷送人へのリリース時にクリーンであることを確認します。

保険会社は、ICC(A)に記載されている耐航性および不適性除外条項を使用して、同様の請求をカバーしないようにします。

明らかに、この状況はフラストレーション、不公平感を引き起こし、世界中の荷送人の間で損失をもたらす可能性があります。

 

荷送人はこのクレームの拒絶を単に受け入れるしかないのか?

耐航性のないコンテナの既存の状態が原因で貨物の損傷が発生した可能性がある場合、荷送人は以下に示すようにこれらの損失を軽減するためにいくつかの予防策を講じて損失を軽減することができます。

貨物の損傷-耐航性のないコンテナ-輸送および貨物資源

既存の状態とは、リリースされたコンテナにドアヒンジ、錆び、へこみ、コンテナのドアの古い亀裂、明らかな不適切な以前の修理などがあることを意味します。

船会社は、定期的にコンテナを整備することにより、コンテナ設備が耐航性をもつようにするために、十分な注意を払う必要があります。

船会社は、貨物を適切かつ慎重に積み込み、保管、手入れ、運搬し、積み込み時と同じ順序と状態で配送する義務があるため、積み込み時と同じ状態で配送する必要があります。船会社にあらかじめクリーンバン等をお願いし、ダメージが起きやすいコンテナを使用するリスクをまず避けましょう。

貨物の損傷は両当事者に影響を与えるため、リリースされたコンテナが耐航性のあるコンテナでないことを確認することは、船会社と荷送人(シッパー)の両方が共有する責任です。

荷送人および/またはその代理店またはロジスティクスサービスプロバイダー(運送業者など)は、船会社から耐航性のある、清潔で健全な状態のコンテナーを受け取っていること、およびコンテナーに上記の事前準備がないことを確認する必要があります。

sponsored link

コンテナの外側を確認する

  1. 耐航性のないコンテナ-輸送および貨物リソースコンテナの壁や屋根に穴や亀裂がないこと。これは、水や空気がコンテナに入る原因の主たるものです。
  2. ドアが適切に動作するか?これも水や空気がコンテナに入る原因となります。
  3. 閉鎖装置が適切に作動するか?これは、コンテナ内の商品の盗難や破損の可能性を回避するためです。
  4. IMOプラカードなど、以前の貨物の粘着ラベルがないこと。コンテナ内の商品は実際には危険ではないが、申告されていない危険物を輸送すると港または船によって罰せられる可能性があるため、これは現在の荷送人の商品の輸送に影響を与える可能性のある問題です。世界中に非常に厳格な港があり、申告されていない危険な貨物は港を通過することができません。これを証明する唯一の方法が、コンテナをその港で開梱することになってしまうことは避けなければいけません。
  5. フラットラックの場合:支柱は完全で正しく取り付けられていること。40 ‘ フラットラックの場合はラッシングベルトがあるはずです。。
  6. オープントップコンテナの場合:ルーフボウは完全で正しく取り付けられているか?
  7. オープントップコンテナの場合:ターポリンは損傷しておらず、適切に適合しているか?ターポリンロープの端に損傷はないか?。
  8. ハードトップコンテナの場合:屋根に損傷はなく、屋根のロックメカニズムが適合し、適切に作動するか?
  9. コンテナを外側からすべての側面から撮影し、コンテナ番号と、梱包時の状態の証明を示します。

 

コンテナ内部を確認する

  • 亀裂、穴、ドアガスケットなどを確認します。
  • コンテナが完全にロックされているときに、コンテナに光や空気が入っていないことを確認する。
  • 内部が完全に乾いていて、湿っていたりしないことを確認する。
  • コンテナは清潔で、貨物の残留物がなく、においがない。
  • デリケートな貨物や新品の貨物を積み込む場合は、床板にオイルの染みがあり、それらが貨物に染み込む可能性があることを確認してください。
  • 貨物を損傷する恐れのある釘やその他の突起物はないか?
  • コンテナーの内部の写真を撮り、コンテナーの番号と、梱包時の状態の証拠を示します。

 

貨物の到着後

貨物が目的地に到着したときに貨物の損傷の兆候があった場合、荷受人は必要な措置を講じて、運送業者または荷送人にクレームを提出するための詳細をすべて確認する必要があります。

  1. 貨物への損傷を明確に示す写真。
  2. 開梱中のコンテナの写真。特に、穴、サイドパネルまたはルーフの亀裂、ドアガスケット、床、へこみ、およびコンテナの状態が以前から存在していて、メンテナンスが不適切であったことを示す可能性のあるその他すべてのもの。
  3. 空のコンテナがヤードに戻る前に写真を撮ってください。
  4. 貨物への損傷の詳細とコンテナの状態をすべて調査レポートに含める必要がある、船会社と荷送人の調査員との共同調査を手配する

 

結論

コンテナ化は 64年前に開始され、それ以来コンテナは大きく進化していますが、20年以上前の船会社のコンテナがあることはご存じでしょう。一部の貿易ルートでは、コンテナの大部分がこの時代のものであり、最良の状態ではない可能性があります。

貨物を積載する前にコンテナの状態を確認し、破損した貨物を公平に補償するために、コンテナの既存の状態の明確な証拠を収集することにより、荷送人の利益となります。