サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

バルセロナのラキティッチ来シーズンは?

ラキティッチ嫁

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。
クロアチアのWEBSITEによるとスペイン紙がバルセロナのイヴァン・ラキティッチの来シーズンの動向について最新の見解を示しています。

それによるとラキティッチはいつもクラブに残りたいとコメントしておきながらもクラブの労働環境の改善を求めているということである。過労なんですかね。

A Croatian midfielder is in grave trouble before the summer transition deadline
By joining the end of the soccer season, more and more, according to Spanish media, is the uncertain fate of Croatian football player Ivan Rakitić. In his statement, the midfielder always remarks that he wants to stay at Camp Nou, however, is well known to seek improvement of the working conditions of the club for the time being without hearing.

そのためにラキティッチに動向に対しては色々な噂が絶えません。日曜日にはユベントスに対して、”いいね”と言ったり、マンチェスター・ユナイテッドのフロント陣と接触したりとのこと。プレミアリーグも気分転換にもいいかもしれないですが、やっぱり、ラキティッチは元々、スイス育ちで、クロアチア人ですから、自分の本当のアイデンティティに対して、微妙なところはあると思うので、基本こだわる必要がないだけに、こだわるものを見つけたいというのはあるかもしれません。サッカーチームを通して、自分探しというのはあるでしょう。唯一こだわるなら、やはり、嫁さんのセビージャかもしれませんね。一線引いて、クロアチアリーグはないかなと思います。セビージャといえば、いつも間にか、クロアチア代表のマルコ・ログがレンタルで移籍していたびっくりしました。同じ名前のマルコ・ピアツァと同じく、ユーロ2016では鋭い縦への推進力でブスケッツに堂々挑んでいましたね。

sponsored link

It is therefore clear that his position is used as a source of numerous rumors. It was only on Sunday that he announced “yes” to Juventus, but also that he was in front of Manchester United.
Admitted to Bartomeu

ラキティッチはバルセロナの最も重要な選手の一人であり、コーチも彼を信頼しているが、サラリーの問題もあり、バランスを取る必要つまり、放出もあるのもしれません。
ただ、もう1シーズンは残りたいと思っているようです。来年には新加入の選手の来ますので、競争は激化するかもしれませんが、かなり、シンプルに的確にという一番難しいプレーをこなす彼ですから、ますます、円熟味が出てくるのではないかと思います。

“We want our players to be happy, and Rakitić is one of Barcelona’s most important players. The coach has great confidence in him. Still, we need to ensure a fair balance in wages and see at the end of the season what will be with him, “he told the Barcelona president Josep Maria Bartomeu ambiguously.