サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

デヤン・ロブレン、ロシアのゼニト・サンクトペテルブルグに移籍

ロブレン

クロアチアの代表DFのデヤンロヴレン(31)が、リバプールからロシアのゼニト・サンクトペテルブルグに移籍していました!

ロブレンは、アンフィールドで6年間過ごしていましたが、とうとう、お別れですね。ゼニトとCLも狙えるし、若干、都落ちという感じもしますが、サプライズを起こせるチームだと思います。

クロアチア人は2014年に吉田麻耶のいたサウサンプトンから移籍して、リバプールに185試合出場しました。リバプールの8得点を獲得しましたが、歴史的なタイトルを獲得したシーズンではあまり機能しませんでした。

「リバプールは長年にわたって貢献してくれたデヤンに感謝し、新しい挑戦で最善を尽くしてくれることを願っています」とリバプールFCは彼らのウェブサイトの声明で述べました。

2009年にクロアチアで代表デビューを果たしたロブレンは、来年の夏にEURO 2020に向けてゼニットサンクトペテルブルグでプレイタイムをたくさんもらえることを希望しているようです。

 

ロブレンは、クラブに参加して「幸せで誇りに思っている」と語り、リバプールについて

「この素晴らしいクラブでプレーすることは特権でした。今日はリバプールFCに別れを告げる番です。私はもはやチームメンバーではありませんが、これを私たちの関係の終わりとは見なしません。私たちは一緒に歴史をつくりました。そして私たちの記憶は永遠に続きます。皆さんに感謝したいと思います。トレーニングの場で常に素晴らしい競争を繰り広げ、トレーニングの場を離れて素晴らしいサポートをしてくれた私のチームメイトは、いつもあなたのためにここにいます。私とチームに信念をもたらした上司であるクロップ氏–ご指導とインスピレーションをありがとうございました。トレーニングスタッフ。クラブを刺激する舞台裏のスタッフ–私たちの家はあなたなしではあり得ません。何年にもわたって私とチームのために尽力してくれたすべてに感謝します。ファンの皆様からはたくさんの愛と批判がありました。私はあなた方一人一人を尊重します。私がこれまでやりたかったことはすべて勝利であり、私たちが勝利したことを確信しています。リバプール市–私と私の家族に感謝します」。とLovrenはソーシャルメディアに投稿しました。