昭和平成令和見聞録

ピースサインと原爆の関係??

ピース

こんばんは。海事代理士のらきてぃっちです。
カメラを向けられると、なぜかVサインを出してしまいますよね。このVサインは
もともとはVICTORYのV,つまり勝利を表すサインだったのですが、なぜそれが、ピースサインといわれるようになったのでしょうか?
初めて、Vサインを出した人は誰かという答えには諸説ありますが、第2次世界大戦時の英国の首相のウィンストン・チャーチルは、人前でVサインと出すのが得意でした。

sponsored link

1945年8月。米軍機が日本に原子爆弾を投下したとの一報を受けたチャーチルはいつものように記者達に向かって得意のVサインを出しました。
「勝利のVサイン」ですね。と聞いた記者に対して、チャーチルは「いや、これは平和(PEACE)のサインだ。」「何故、それが、平和のサインなのですか?」と聞くと「世界平和はこの二つ、広島と長崎への原爆によってもたらされるからだ」
つまり、チャーチルが出したピースサインの日本の指は広島と長崎を指していました。日本人が初めて、ピースサインを見たのは、第2次世界大戦の終結後で、GHQの司令官として、赴任したダグラス・マッカーサーだと言われています。ただし、この時にマッカーサーが指示していたのは、原爆ではなく、勝利だっと思われます。
ちなみに、日本人が写真撮影にピースサインをするのは、テレビコマーシャルで井上順がピースサインをしてからと言われています。
世界広しといえども、カメラを向けられるとピースサインをしてしまうのは、日本人だけのようです。国によってはとんでもない意味があったりするので、海外では不用意にやらない方がいいと思います。

*ギリシャではかつて犯罪者に向かって2本指でものを投げつける習慣があり、これは侮辱のサインになってしまいます。