クロアチア

クロアチア観光で増殖中!ヘビに注意(snake in croatia)

白ヘビ

暖かい気候と太陽が、自然の中での人間だけをハイキング、散歩、海辺への旅行にいざなうわけではありません。ヘビも太陽の下で散歩を楽しんでいます。

自分の自粛期間中に江ノ島にいってきた口ですが、江ノ島内も閑散としていて、リスやトビ、ネコ、カメなど普段であると観光客の声で聴こえない彼らの活動の音に容易に気づくことがきます。

クロアチアのクジラやイルカもそうですが、自然は、ここ数か月で、人間が放っておくとどれほど速く変化するかを示しました。そのため、この夏、ヘビが大量に繁殖しているため、クロアチア観光旅行に行く方も多くの注意を払う必要があります。

ヘビの中で特にダルマチアで最も有毒なヘビに、”poskok””があります。穏やかな冬は繁殖を促進しました。しかし、それは気候だけではありませんでした。

「おそらく、クロアチアでのコロナウイルス外出規制のために市民が森林に行ってアスパラガスを採取しなかったため、餌が増えて増殖した」とザダルのムラデン・パニッチは語っています。

クロアチアは約15種類のヘビが生息、毒ヘビは3種類だけ

ただし、毒の効力に影響を与える要因はいくつかあります。たとえば、ヘビのサイズ、年齢、噛まれた人の体長など、体に噛まれた場所や、ヘビが以前に捕まっていたかどうかなどがあります。

クロアチアの3種類の毒ヘビ

コモン・アダー(クロアチアではRiđovkaと呼ばれる)

このヘビはヨーロッパ全体でメジャーなヘビで攻撃的ではなく、通常、驚いたり、怒ったりしたときにのみ噛みます。咬傷は非常に痛みを伴いますが、致命的となることはめったにありません。さまざまな地形、生息地があるので、クロアチア全土で注意です。

(写真:Benny Trapp)

小さな哺乳類、鳥、トカゲ、両生類、クモ、毛虫、昆虫を食べます。成虫は全長(尾を含む)で60〜90 cm、体重は50〜180 gになります。

sponsored link

カルストメドウバイパー(Planinskižutokrug)

このヘビはヨーロッパで最小の毒蛇で、体は太く、頭は細く、見た目は結構、ワイルドで、クロアチア人のような青い瞳を持っています。大人の全長は平均40〜50 cmです。頭の上に大きなプレートのようなものを持っているのが特徴です。

山のカルスト草原毒蛇。クロアチア(Zwentibold)

背側の鱗は19列で、黒い肌に灰色、黄褐色、または黄色がかったまだら模様です。

鼻角バイパー(Poskok)

クロアチアの’Poskok’は、サイズが大きく、牙が長く(13 mmまで)、毒液毒性が高いため、ヨーロッパのバイパーの中で最も危険であると言われています。クロアチアでは、この蛇は北から島々まで至る所で見られます。ヘビは最大全長(体+尾)が95 cmに成長しますが、通常、個体の体長は85 cm未満です。

鼻角バイパー(写真提供:CCのBS Thurner Hof)

最も特徴的な特徴は、鼻にある単一の「角」です。オスは頭に不規則なダークブラウン、ダークグレー、または黒のマーキングがあります。目の後ろからあごの角度の後ろまで、太くて黒い縞が走っています。舌は通常黒で、虹彩は金色または銅色です。似ていますが、はっきりと対照的ではありません。

クロアチアでこれらのいずれかによって噛まれた場合は、毒を蔓延させないように、横になって腕や脚を動かないようにしてください。すぐに112(全国の緊急番号)に電話するか、最寄りの病院に行ってください。