クロアチア

「ニューノーマル」クロアチアで発信されたパンデミック時代のアート

new normal

コロナウイルスのパンデミックがクロアチアの日常生活を劇的に変化させるにつれて、2人のアーティストがアートワークに組み込み、彼らに課せられた制限をインスピレーションの源に変えました。

こういった状況下ってアート的には新しい何かを生み出す土壌になりえますよね。

ポーランドのJolanta Nowaczykと、ロシアのEkaterina Muromstevaの2人のアーティストが、現在ザグレブに在住し、アーティスト向けの国際プログラムである”WHW Akademija”に参加して、パンデミック中にアートワークを提起する方法を見つけました。

クロアチアがロックダウンを導入した直後に、Muromstevaは貸しアパートに「バルコニーギャラリー」をオープンしました。展示は毎週変更されます。

「コロナウイルスの検疫で失われた一時的危機と、パブリックスペースで自分のアートワークを示す能力の欠如に対する感情への私の反応でした」とMuromstevaは語った。

最初の展示「How To Be Become Invisible」では、大規模な水彩画の彼女の新しい製作が展示されました。「サブカルチャーは最も脆弱で壊れやすいものの1つです。多大な労力と探究をともないながらそれを抽象化された”アート”という究極のものに仕上げる作業です。」

次の展示は、「飼い主や他の人々と一緒に歩く犬の肖像」と「検疫の衣装」、Skypeミーティング後のムロムステバの友人の肖像画、「For The Birds」というタイトルの展示でした。

別の展覧会では、トイレットペーパーに制作され展示がされました。「画用紙が足りなくなったらトイレットペーパーを持っている」と題されていました。

「私の計画は、コロナウイルス検疫の終了後もバルコニーギャラリーの運営を継続し、他のアーティストを将来のプロジェクトに招待することです」とロシアアーティストは語っています。

Nowaczykはバルコニーギャラリーにも寄稿しました。現在はそこに掛けられている「New Normal」で旗を縫い付けた後です。彼女が言ったように、旗はザグレブの街から集められた生地から縫い付けられています。

「発見された素材を使用すると、アート制作の不安定な状況が強調され、アーティストの作品を継続することが不可能になります」とNowaczyk氏は述べ、社会的な距離が同僚との会談を減らすだけでなく、店を閉め、展示するだけでなく、新しいアートワークの制作も止め目られてしまいます。それに一石と投じたい」

Nowaczykは、スローガン「New Normal」は「過去と未来に対する私たちの認識」を問うものであり、「以前の危機は私たちにとって平常であるはずだったのか」という問いを開くものだと述べました。

エカテリーナ・ムロムステバによるバルコニー展。写真提供:エカテリーナ・ムロムステバ。

sponsored link


写真提供:エカテリーナ・ムロムステバ。


写真提供:エカテリーナ・ムロムステバ。

写真提供:エカテリーナ・ムロムステバ。


「ニューノーマル」と刻印された旗。写真はJolanta Nowaczyk提供。


写真はJolanta Nowaczyk提供。