クロアチア

コロナの自粛が緩和され、クロアチア、ボスニアでカフェライフが再開

クロアチア カフェ

3月に始まったコロナウイルスの蔓延を防ぐための予防策を国が解除し始め、お気に入りの場所に戻り始めています。もちろん、マスクとソーシャルディスタンスは守った上ですが、バルカンのカフェライフが復活してきています。

クロアチアはコロナウイルスを抑制するための予防措置の解除段階を開始

カフェ、レストラン、ショッピングモール、学校の一部が再開しました。都市間旅行、鉄道サービス、国内航空輸送も再開されました。観光立国ですから、経済との両立はかなり積極的に開始していますね。カフェではテーブル間の1.5メートルの距離を確保する必要があり、常連客も当然、距離を保つ必要があります。ウェイターは防護マスクと手袋を着用し、お客様へのサービスとして消毒液を提供する必要があります。クロアチアでの感染の数が一桁に落ちた後、変化が起こります。

隣接するボスニア・ヘルツェゴビナ連邦でも、パンデミックの拡大を防ぐために導入された制限措置が徐々に緩和されています

主にセルビア人自治区のスルスプカ共和国では、レストラン、コーヒーバー、美容院、ジム、幼稚園がすべて再開しました。ボスニアヘルツェゴビナでも、措置が緩和されました。

ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦公衆衛生研究所所長のDavor Pehar氏は月曜日、幼稚園、公共交通機関、カフェ、歯科医などの制限措置を緩和するための条件が満たされていると述べた。


クロアチアのザグレブのカフェ。写真:EPA-EFE / ANTONIO BAT。


ザグレブのカフェでスマスクをした女性が新聞を読む。写真:EPA-EFE / ANTONIO BAT。

sponsored link


ザグレブのカフェでコーヒーをかき混ぜる男性。写真:EPA-EFE / ANTONIO BAT。


ウェイターがザグレブのカフェで椅子用のクッションを運ぶ。写真:EPA-EFE / ANTONIO BAT。


クロアチアの島のカフェでコーヒーとたばこを楽しむ写真:EPA-EFE / DOMINIK BAT。


ボスニア西部のバニャルカにあるカフェ写真:N1。