クロアチア

ニュージーランドの先駆的クロアチア人入植者:Covic家族の物語

ニュージーランドの先駆的クロアチア人入植者:Covic家族の物語

こんにちは。ソムリエのらきてぃっちです。クロアチアは調べてみると多方面に入植者は多い国なんですね。意外なのが、オーストラリアや南アフリカ、そしてニュージーランド、彼らの遺伝子にある冒険心、開拓者精神、スピリットには感服します。日本の開拓使みたいのありましたけど、それが、現代でもそういう精神をもっている、もたなければならなかった理由もあるんでしょうけど。

歴史家で作家のケイ・ドラジェビッチは、100年以上前のより良い生活を求めて多くの先駆的な家族がクロアチアからやって来たニュージーランドの極北地域を広範囲に研究しています。

クロアチアの極北にあるニュージーランドのガムフィールド地域に到着した家族の200の興味深い物語を特集しています。900枚の歴史的な写真も含まれています。

この本の興味深い話の1つは、Covicファミリーに関するものです。

ニコラコビッチは、1887年12月6日にダルマチア沿岸のトゥチェピで生まれました。彼はBozo CovicとAnna nee Pasalicの息子でした。1903年、コヴィッチ一家は困難に直面し、両親と子供たちは空腹で、食事をするのに十分ではありませんでした。17歳になる前に、ニコラスはニュージーランドに移住し、家族を助けるためにお金を家に送ることができました。

ニコラスは、最初にパレンガレンガのガム掘りに行きました。そこから彼は、店主ジョージ・スキャンシーがリースしたゴム畑を掘って、アワヌイに行きました。彼は6年間そこにいました、そして、農場労働者として働いてマヌレワに行きました。

1914年に彼はAwanuiに戻り、Vitle’s Lake(現在はRotoroa湖と呼ばれています)に定住しました。

ニコラスは、オークランドのさまざまな企業に代わって、保管とガムの購入を開始しました。彼は正式な教育をほとんど受けておらず、学校では読み書きの基礎を学ぶための短い時間しかありませんでした。しかし、彼は特殊でニッチなエンジニアリング作業をマスターした並外れたスキルを持つ男になりました。オンリーワン的な。

1914年ロトロア湖。ニコラスとポリー・コヴィッチの家。

1915年11月6日、ニコラスはパワレンガのアナタイアパレ(ポリー)ペリと結婚しました。ポリーはヘパラ・ペリ・テ・フフとライハ・ヘパラ・ペリ(旧ワイポウリ)の娘でした。彼女の祖父、カペリエール(ペリ)テ・フフは、パワレンガの聖ガブリエル教会の建物に貢献しました。「カペリエール」は「ガブリエル」のマオリ語訳です。したがって、教会は彼の守護聖人にちなんで名付けられました。ポリーの父親は建築家の一人でした。

ニコラスとポリーには、ニコラス(エク)、サラ、アン、アンドリュー、シャーロット、ロバート、ドロシー、メアリー、フィービー、ローズ、イヴァン、ジョージ、フレッド、メルバの14人の子供がいました。

ポリー(フィービーを保持)とニコラス・コヴィッチ。

彼は、入植地で最初の車であるStudebaker車を購入しました。彼は妹のIvkaと兄弟のLukaをニュージーランドに連れて行くように運賃を手配しました。(Ivkaは1927年にJosip Ercegと結婚し、Lukaは1928年にTonka Jurlinaと結婚しました。)

1928年:ルカ・コヴィッチとトンカ・ジュリーナの結婚式。LRバック:マリンヴィトル、ローラペリ、ルカコヴィッチ、メイトピヴァック、クレムジャーリーナ、ニコラスコヴィッチ、ロラペリ。前部:ポリー・コヴィッチ、メアリーと一緒のジャンジェ・ヴィトル、トンカ・コヴィッチ、アルフレッドを抱いているジャンジェ・ピヴァク、イヴァンとヴィンセントは腰掛けて椅子に座っている。

1928年、家族はスウィートウォーターからアヒパラヒルに移りました。彼らは食料、衣類、ゴム(樹脂)掘り用具を販売する店を設立しました。ポリスは店を経営し、ニコラスは樹脂を掘り続けました。現時点では、アヒパラヒルは、得られたガムの品質から、最も豊かな畑の1つと考えられていました。

何百年も前に高カウリの木が高原に生えていましたが、今ではマヌカ、カウリの切り株と根、ハリエニシダ、ラッシュの荒れ地になっています。

急な山腹を登る道路が非常に必要だったので、彼らはトラックでエリアにアクセスし、物資を持ち込んでゴムを取り出すことができました。道路建設プログラムを組織、彼らはダンスを開催して資金を集めました。

1928年末の33日間で、25人の掘り手がピックとシャベルで3マイル半の粘土の道を作りました。新しい道は豊かなゴム畑へのアクセスを可能にしました。道路が入ると、アヒパラの店主であるトム・ヒューストンは、ガムフィールドに定期的に肉を配達しました。

ガムフィールド(おそらくスウィートウォーター)で掘り出したニコラス・コヴィッチは、右端にいます。ca 1928パブロビッチガム洗濯機の前

ニコラスはゴムを保管するための大きな小屋を建てました。また、社交やダンスにも使用されました。ポリーはスクイーズボックスを演奏し、他の人はバイオリンを演奏しました。1930年までに、ニコラスは丘の上に2台の車、2台のトラック、ゴム洗浄工場と道具を持っていました。彼は、コヴィッチの3マイル離れたコロキのマオリの所有者と彼らの水源を利用するよう手配しました。当初、他の採掘者は企業での共有を望んでいませんでした。それで、ニコラスと彼の労働者は、ダムへの落下を維持するために、水路と水道を掘り、トンネルや丘の中腹を掘りました。

sponsored link

彼らはゴムを洗うために家の近くに2つのダムを建てました。子どもたちは入浴したいときにそこで泳ぐことができました。ニコラスは、流れを止めるための一種のロックゲートシステムを作りました。システムがどれほど効果的に機能するかを隣人が見たとき、彼らはこのスキームに参加したいと考えました。最終的には地元の水道になりました。また、1930年に、ニコラスは、ワイヌイジャンクション近くの1,200ポンドで104エーカーの土地を購入しました。

しかし、1933年、世界大恐慌でゴムの価格は史上最安値まで下がり、ゴムで生計をたてることはできず、ポリーは店を閉め、家族は住むために農場に移動しました。

1933年ダルメシアンとマオリのガムが、アヒパラの丘にあるコヴィッチの倉庫でガムチップの乾燥と選別を行いました。左に最初に座っているのは、アラン・マクファーソンで、ジョー・ジディッチ、エク・コヴィッチ、デンプシー・ホーカイ、ビスコ・スカルパの前に立っています(前にふるいがあります)。イワン・ヴィセリッチ、後ろにスカーフの丸い首、無名のワハ・マレー、腕を組んだワハ・マレー、ベリスラフ・ジェリチ(腕を組んだ帽子をかぶった)、ランギ・マレー(縞模様のフットボールジャージ)、ニコラス・コヴィッチ、身なりの良いゴムバイヤー、ジャック・ラオス、ふるい、ジョージ・マレヴィッチ、トム・ジェリチッチ、スレッコ・ウルリッヒがいるイヴァン・イェラヴィッチ。

 

不況時の生活は非常に困難でした。ニコラスと彼の年長の少年たちは、食べ物をテーブルに置くためだけに多くの仕事をしていました。

彼らは農民のために働き、ポリーと子供たちは牛の乳を搾り、農場を経営しました。彼らは大きな菜園を育て、魚を捕まえ、

1934年、トニー・ペトリーはニコラスを使って、トモラタのベイシティ掘削機と呼ばれる機械式掘り機で排水溝を掘りました。彼はトニーのために週に4ポンドの報酬で2〜3年間働いていました。

この頃、エドワード・ホーカイ、アンドリュー・グルビッチ、ディック・ペトリチェビッチ、トニー・グルビサ、トム・フランセビッチ、ポサと呼ばれる男が農場で雇われました。それぞれが政府から週に10シリングを受け取り、ニコラスとポリーはそれらを食料と宿泊施設。

1937年、ニコラス、エク、アンドリュー・グルービック、エドワード・ホーカイはアヒパラ・ヒルに戻りました。

ニコラスは日記に書いて、エクウにこう言った。「自分でできると思う。トラクター、ポンプ、ホースなどがあります。プラントを組み立てるのに2〜3日かかり、加圧トラクターポンプで作業を開始しました。

ウェルズフォード近くのトマラタにあるトニーペトリーの「ベイシティエクスカベーター」。

ニコラスは、「大きな興奮がありました。多くのゴム掘り業者は、同じことをするのに通常の15人ではなく、3人の男性で作業がどれだけ簡単で簡単になるかを見てきました。彼らのマシンで行われたとき、それはハードワークでなくなっていました。」

1937年頃Ahipara LR Ivan Yelavich、Tom Jelicich、Luka and Tonka Covichの子供、Mary(b 1930)Anka(b 1928)、Lousia(b 1929)、Rosie(b 1934)肩越しにほうきを持つ男、手押し車、ジャック・ビセリッチ、ルカ・コヴィッチと息子のボブ(1933年)が袋に乗っています。

 

ポリーと家族は農場に残った。彼女は農場労働者を管理し、彼らの食事を調理しました。アン、シャーロット、フィービー、ドリー、ローズ、メルバは順番にガムフィールドに滞在し、父親と彼の職人のために料理をしました。

悲しいことに、ポリーは1944年1月6日に46歳で亡くなりました。

彼女はアヒパラの丘の中腹の墓地に埋葬されています。ニコラスは彼の大家族だけに対処することができず、手伝ってもらいました。

1人はイギリス人女性ナンシー・ビエットでした。ナンシーはニコラスの二番目の妻になりました。彼女は1923年にグロスターシャーから移民していた。

 

 

ヒパラヒルのガム洗浄装置。Nicholas(Eku)Covichジュニアがストライプのシャツを着て右側にいます。ジャックコスタニッチは左から4番目で、マシンのそばに立っています。アラン・マクファーソンは帽子をかぶって中央に立っています。

彼らにはダビデという息子がいました。ダビデと彼の父親は非常に近かった。人々は貧しく、生きるのに苦労したにもかかわらず、ニコラスは故郷を幸せな場所として思い出しました。彼は常に生涯の後半をクロアチアで過ごしたいと思っていました。

1957年、ニコラスはナンシーとダビデとともにクロアチアのトゥチェピに長期計画の旅をしました。彼は村が放置され、1903年に去ったときよりも原始的であることに気づき悲しみました。家族は1958年の終わりにニュージーランドに戻りました。わずか5年後にニコラスが亡くなりました。彼はポリーと共にアヒパラに葬られました。

ニコラスとナンシー・コヴィッチ