海上貨物輸送の料金は誰が実際には支払っているのか?

ICD
スポンサー

海上貨物輸送の料金は誰が支払うのか

いかなる貿易取引においても、買い手と売り手の2つの当事者が存在します。海上貨物の出荷に関しては、一方または両方が異なる事業体に異なる料金を支払うことになる可能性があります。

海上貨物輸送で誰がどのような料金を支払うのかという問題は、あなたが新しいかすでにビジネスに携わっているかにかかわらず、ビジネスの多くの人々を困らせている問題でもあります。

この記事では、この質問を分析し、海上貨物輸送で誰がどのような料金を支払うかを説明します。

この質問に対する答えを探す最初の場所は、買い手と売り手の間の「売買契約」です。

売買契約は、商品の仕様の概要とは別に、主な仕組みを参照する場合があります。それがインコタームズ®ルールです。

 

インコタームズ®について

売買契約におけるインコタームズ®ルールは、コストとリスクの観点から当事者の義務を定義し、取引のあいまいさを軽減します。

1936年にICCによって作成されて以来、Incoterms® ルールは世界的に認められた契約基準になり、貿易の不可欠な部分にもなりました。

  • 貿易取引における買い手と売り手の義務の概要を説明。
  • これらの各ルールの下で、リスクが売り手から買い手に移る時期を明確にする。
  • 購入者と販売者の間でコストがどのように割り当てられるかを概説します。

インコタームズ®は次のことを理解する必要があります。

  • 売買契約ではない。
  • 売買契約に適用される法律には優先しない。
  • 商品の所有権がどこに誰に譲渡されるかを指示するものでもない。
  • 支払価格、取引通貨、またはL/C条件には対応していません

これらの項目は、売買契約および契約に適用される法律によって明示的に定義および概説されています。

2019年9月にICCによってリリースされた新しいIncoterms®2020エディションには11のIncoterms®ルールがあります。それぞれに、コストとリスクが通過するポイントが異なります。

1つまたは複数の輸送モードの規則

  1. EXW – インコタームズ規則の一つで、売主が、売主の施設またはその他の指定場所(工場、製造所、倉庫など)で物品を買主の処分に委ねた時に引き渡しの義務を果たすことを意味します。 この規則では、売主は物品を引き渡す際、車両に積み込む必要もなく、通関の義務もありません。
  2. FCA –インコタームズの一種。Free Carrierの略称で運送人渡し条件のこと。FOBとほぼ同じだが、コンテナ輸送時に輸出者がコンテナを積み地のCY(コンテナヤード)に持ち込んだ時点で費用とリスクが購入者に移転する。輸出通関費用は輸出者の責任。ただし船(航空機)の予約は輸出者が行い、船名、入港日などを輸入者に連絡の必要がある。
  3. CPT –CPT (Carriage Paid to)。コンテナ輸送や航空貨物輸送の際に使われる条件で、「運賃込みの値段」海上輸送のC&Fに相当すること。
  4. CIP –“CIP (Carriage and Insurance paid to)コンテナ輸送や航空貨物輸送の場合に使用される条件で、「運賃及び保険料込みの値段」のこと。
  5. DAP -Delivered at Place (仕向地持込渡し)荷卸しの準備が出来ている到着した輸送手段の上で、物品が買主の処分に委ねられた時、売主が引渡の義務(危険移転)を果たします。輸出通関手続きは売主が行う。輸入通関は一般的に買主が手配を行うため、手配の義務はありません。
  6. DPU –Delivered at Place Unloaded/荷卸込持込渡し
    危険・費用負担は買手が指定する場所での荷卸し後に売手から買手に移転。荷卸しは売手負担。インコタームズ2010のDATが廃止され代わりに新設されたのがDAP。貨物の引き渡し場所をターミナルに限らず荷主指定場所にできるようになりました。
  7. DDP –Delivered Duty Paid/関税込持込渡し
    危険・費用負担は買手が指定する場所で売手から買手に移転。荷卸しは買手負担。通関や関税等も売手負担。

買手にとって最大のメリットを享受できるのがDDP条件です。輸入地での通関や関税消費税の負担も含め、買手の指定場所までの費用負担、リスク負担を売手が負います。税関検査費用やターミナルでの保管料など追加で費用が生じた場合でも、買手にそれらの追加費用が請求されることはありません。買手は売手との契約価格にしたがって支払います。ただし、独自に追加ルールを設ける場合はその限りではありません。

海上および内陸水路輸送の規則

  1. FAS –Free Alongside Shipの略で、船側渡し条件のこと。輸出者は積港で本船の横に荷物を着けるまでの費用を負担し、それ以降の費用及びリスクは輸入者が負担する(輸入者は、船にまで積み込む必要はない)。FOBが甲板渡し(船積みまでが責任範囲)なのに対し、FASは積み込み直前(船側まで持込み)までが責任範囲となる。
  2. FOB –(Free on Board=本船渡し)とは、インコタームズ(国際貿易取引条件)のうち、コンテナによる船積み貨物の引き渡しでよく使われる取引条件です。 輸出港で、買い手(輸入者)の指定する船舶に貨物を積み込むことによって契約が完了し、運賃および保険料は買い手が負担します。
  3. CFR –または C&F (Cost and Freight)貿易取引条件の一種。売主と買主の義務はCIFと同じであるが、買主が海上保険を手配して、保険料も負担すること。
  4. CIF –運賃保険料込み条件(=COST, INSURANCE AND FREIGHT)。約定品が買主の指定する場所に届いた時点でその所有権が買主に移転するという取引条件。
スポンサー

インコタームズ®に基づくコストの配分

使用するインコタームズ®に応じて、買い​​手または売り手が支払います

  • 運送業者、貨物輸送業者、通関業者、貨物のブローカー、検査機関、政府機関、港湾、税関、保険会社、および出荷に関与するその他の事業体
  • 会社、NVOCCなど
  • 運送業者、貨物運送業者、通関業者、貨物ブローカー、検査機関、政府当局、港湾、税関、保険会社、および出荷に関与するその他のエンティティ

以下は、買い手と売り手の間で誰がどのような料金を支払うかを示すさまざまなインコタームズ®ルールの概要です。

ルール売り手買い手

EXW – Ex Works

EXW合意された時点で商品を集荷するために買い手が自由に使えるようにするまでのすべての料金..通常、リスクの観点から売り手にとって最も安全なインコタームズのルールと見なされます。輸出通関および輸送を含む、合意された時点での売り手による配達からのすべての料金。

FCA

FCA運送業者への配達までのすべての料金と、原産地での通関手続きを含む、買い手と売り手の間で相互に合意された点。出発地および輸送時の通関手続きを除く、合意された引き渡し地点から運送業者へのすべての料金。

CPT 

CPT保険を除き、原産地での通関を含む、買い手と売り手の間で相互に合意された時点までのすべての料金。目的地での通関手続きや運送全体の保険を含む、合意された配達場所からのすべての料金。

CIP 

CIP原産地での保険および通関を含む、買い手と売り手の間で相互に合意された時点までの配達までのすべての料金。目的地での通関手続き、輸送、および配達ポイントを過ぎた追加の保険を含む、合意された配達ポイントからのすべての料金。

DAP 

DAP 通関手続きを除き、ターミナルを通過するまでの配達までのすべての料金通関手続きを含め、ターミナルを過ぎた地点からの配達からのすべての料金

DPU

DPU 指定されたポイントへの配達までのすべての料金は、買い手と売り手の間で相互に合意されている目的地での通関を含む、買い手と売り手の間で相互に合意された時点での商品の荷降ろしからのすべての料金。

DDP 

DDP 輸出入通関、関税、付加価値税を含む、買い手と売り手の間で相互に合意された時点までの配達までのすべての料金。配達時点を過ぎたすべての料金は、買い手と売り手の間で相互に合意しました。

FAS

FAS 原産地での貨物積載費用を除く、原産地での通関を含む、一般的にバイヤーによって指名された船と一緒に配達されるまでのすべての料金。原産地での貨物積載費用を含む、船に沿った貨物からのすべての料金。

FOB

FOB 貨物の積み込み費用を含む、原産地での通関手続きを含む、バイヤーが指定した船に積み込むまでのすべての料金。貨物が出発地の船に積み込まれた時からのすべての料金。

CFR

CFR 指定された目的地の港への配達までのすべての料金は、保険を除き、原産地での通関手続き目的地での通関手続き、輸送を含む、指定された目的地の港からのすべての料金。

CIF

CIF 指定された目的地の港への配達までのすべての料金は、原産地での通関手続きや最低限必要な保険を含め、買い手と売り手の間で相互に合意されている。目的地での通関手続き、輸送、保険を除く、指定された目的地の港からのすべての料金。

 

誰が海上運賃を支払うのか.. ??

上記は、買い手と売り手の間のインコタームズ®に基づく取引の観点からのコストの商業的区分ですが、私たちが見る必要があるのは、実際に船会社の観点から料金を支払う人です。

多くの場合、船会社は実際の売り手と買い手を知らない、またはアクセスできないため、技術的には、BOOKINGに基づいて船会社から請求書を受け取った人は誰でも、船会社に物理的に料金を支払うことになります。

出発地側の売り手、輸出業者、荷送人、および目的地側の買い手、輸入業者、荷受人はすべて異なる人である可能性があります。

海上貨物輸送では、関係者がしますからね。

  • 契約当事者または契約所有者–海運会社と海上運賃を交渉するエンティティ–これは、実際のBCOまたはBCOに代わって行動するフォワーダーである可能性があります。

BCO はBeneficialCargo Ownerの略で、直接輸出業者、直接輸入業者、売り手、または買い手になる可能性のある貨物所有者を指します。

  • 梱包倉庫/倉庫–施設を使用してBCOに属する貨物を梱包する会社。BOOKERまたはBCOのいずれかが契約することができます。
  • 輸送者–貨物および/またはコンテナをラインのデポ、梱包倉庫、および港の間で移動する会社。
  • BOOKER–契約当事者と同じでも異なっていてもかまいません。異なる場合、通常はBCOの代理人であり、BCOのすべてのBOOKING、運用、および文書化関連機能を処理します。

ほとんどの場合、船会社はすべてのBOOKING、運用、B/Lなど書類に関することもBOOKERを通じて行います。支払いについてもそうです。

貿易取引を容易にするために、契約当事者は最終的に海上輸送料金または運送関連料金を支払うことになり、BOOKERは(もちろんBCOに代わって)出発地の港および陸側の料金を支払うことになるのが実情です。

たとえば、BOOKERは、貨物をコンテナに梱包することからのすべての料金、検査料金、通関、貨物会費(埠頭)、書類作成料金、VGM、港への輸送、荷積み港でのTHCを船会社に支払うことができます。 船会社うんちん、船荷証券料金など。したがって、基本的にはすべての運送前料金となります。

契約当事者は、交渉されたサービス契約に基づいて、海上貨物、BAF、CAF、ISPSなどの運送関連料金、および危険品の追加料金、オーバーゲージの追加料金、重量超過の追加料金などのその他の該当する追加料金をまとめて払います。

実際、実務では多くBOOKERが代理で海上料金を仮払いしているのが実情です。