海運貿易関連

中国のコロナウイルス終息で大手船会社の中国輸出入コンテナ量が増加

コロナウイルス 中国

CMA CGMは中国のコンテナ量の反発を開始

CMA CGMは、コロナウイルス(COVID-19)が2月に同国からの出荷に大きな影響を与えた後、中国市場の販売量が増加したと述べています。

先週の時点で、コンテナラインは中国からの販売量が減少したため、アジア-ヨーロッパおよび太平洋横断航行の75航路キャンセルしましたが、通常の船隊能力を3月中旬までに稼働させる予定です。

sponsored link

中国の旧正月に続く2月に中国の工場が長期にわたって閉鎖された結果、中国の8つの最大のコンテナ港での量が19.8%減少しました。

「中国の製造工場の生産能力は毎日監視されており、2月末から改善の兆しを見せています」と船会社では期待しています。

「コンテナ取扱量が増加しており、コロナウイルスの健康状態が安定すると、大きな追い上げ効果が期待されます」とのこと。

アジアよりヨーロッパにコロナウイルスの影響が深刻になっているのは、想定外でしたが、アジア圏が欧米がダウンしているとまた、不寄港にしないとまずい航路が出てくると思うので、トランプ大統領の2ヵ月が山場だと言っていましたが、6月くらいには復調の兆しが見えるといいです。