海運貿易関連

海上輸送における危険品承認者(DG APPROVER)の日々

DG approve

今回はマニアックなDG Approver (DG DESK,危険品承認者)という職種について

 

海運業でない人はこんな仕事がと思うでしょうが、世界で大きな事故を引き起こしかねない危険物貨物ですから、危険品貨物輸送の承認は専門的なスタッフが随時処理しています。

この記事では、典型的なワークフローと、「DG承認者(DGデスク)の1日」がどのように進行するかを見ていきます

危険品の適切な輸送は船会社と荷送人の商品の適切な申告によって可能となります。

関係する船会社のDGデスクによる徹底的なチェックと承認。梱包倉庫による危険な貨物の梱包に関する適切な手順の尊守が重要です

DG貨物の安全な輸送には複数の利害関係者が関与しますが、顧客が輸送をしたい危険物の承認を得るために船会社がDGAppoverにリクエストすることから始まります。

船会社は通常、船会社のDGデスク(通常は出荷ラインのネットワーク内で一元化されている)に承認を送信し、危険物承認者がこのDGリクエスト要求を受信します。

DG承認者は、IMDGコードに対してDG貨物の詳細を確認します。これは、貨物の最終目的地であるか、最終目的地へのルートに沿った積み替え港であるか以外にも、さまざまな港でのDG貨物の受け入れ規則を参照しなくてはなりません。

  1. このプロセスを効果的かつ迅速に完了するには、DGリクエストのすべての詳細を入力する必要があります。そうしないと、入力のために配送業者に返送され、全員の時間が無駄になります。
  2. 問題なければ、危険物承認のリクエストはさらに船、輸送港、積み替え港(必要に応じて)に渡されます。
  3. 輸送および積み替え港もこのDG貨物要求を承認する必要がある理由は、一部の港では、安全および/またはその他の懸念のために、特定の商品が港を通過したり、港で荷降ろし/荷積みを行ったりできない場合があるためです。
  4. 船会社がチャーターの一部であり、運行船社で運営されていない場合、危険品の承認は、船を運営しているDG承認デスクに送信されます。
  5. 特定の商品、船舶、ルートについては、DG承認者がBAYプランナーに受け入れを確認する場合もあります。
  6. DG承認者は、(港、船舶パートナー、トランジットポート、および積み込み計画担当者から)受け取った各承認または拒否を記録します。
  7. 上記のすべてから承認を受け取った後でも、DG承認者は、場合によっては、DG貨物のBOOKINGを承認できるかどうかを最終的に承認する、船会社のDGマネージャーの承認を必要とする場合があります。
  8. この承認または拒否は予約デスクに送信され、予約デスクはクライアントに承認または拒否を通知します。
  9. この承認が得られた後にのみ、船会社は予約を確認し、空のコンテナを荷送人に解放して梱包します。
DGのフローマップ

IMDGコードコンプライアンスセンター

sponsored link

ご想像のとおり、世界中のさまざまなタイムゾーンと、さまざまな取引ルートとサービスを担当する地域デスクがあります。シンガポールや香港のアジアDGデスク、ロンドン、ハンブルクまたはマルセイユのヨーロッパDGデスク、ニューヨークのアメリカDGデスクなどね。

この承認には少し時間がかかる場合があります。

時差は別として、危険貨物の不適切または誤った申告に起因するとされる最近の海事災害や陸上での事件もあったもんで、DG承認のターンアラウンドタイムに少し悪影響を及ぼし、DG承認者もますます、チェックをすることになってしまいました。例えば、

パッケージの種類(ドラム、ボックス、バッグ、ジェリカン、IBC、タンク、シリンダー)

梱包材(プラスチック、スチール、アルミニウム、木製など)

パッケージあたりの数量と1隻あたりの許容量

一部の船会社では、内部パッキングの詳細も調べています(ただし、国際的に必須ではありません)

コンテナの種類(例:可燃性液体用リーファー、引火点、リーファー設定、温度、緊急時の温度)

危険物とは
画像ソース:https://qz.com/478605/pick-your-poison-the-firm-behind-huge-explosions-in-tianjin-handles-all-manner-of-hazardous-chemicals/

 

何らかの理由で当初予定されていた船舶から貨物が本船変更になった場合は、サイズ、容量、積付計画、貨物構成、分離、設計が各船で異なるため、代替船についても上記のプロセスに従う必要があります。

これらすべての変数によっては、承認を得るのが簡単な場合もあれば、難しい場合もあります。これらの検証の多くは最近デジタル化されていますが、デジタル化には、事件を回避するために綿密な監視をしていますが、やっぱり落とし穴もあり、人間がフォローしなくてはいけないこともあります。.