海運貿易関連

海上貨物をコンテナに梱包する前に考慮すべき5つのポイント

コンテナ

輸出業者である場合、特に初めて輸出する場合は、貨物を梱包する前に考慮すべき点のチェックポイントがあります。

適切なタイプの貨物輸送ユニット(コンテナ)を使用する

コンテナでの出荷にはさまざまな貨物タイプと梱包方法があります。

貨物の梱包には、正しいコンテナサイズ/タイプを使用することが最も重要です。

20 ‘コンテナ、かさばる貨物よりも重い重量を運ぶように設計されています。例–鉱物、金属、機械、砂糖、紙、セメント、スチールコイルすべて重い貨物です。

40 ‘コンテナ、重い貨物ではなく、大量の貨物を運ぶように設計されています。例:家具、スチールパイプ、紙くず、綿、タバコ。などです。

20フィートの貨物重量の2倍を40フィートのコンテナに詰めることはできませんが、20フィートの貨物の2倍以上の量を40フィートのコンテナに確実に詰めることはできます。

もちろん、使用するコンテナのタイプは、出荷する予定の貨物のタイプに直接関係します。

たとえば、食品を輸出している場合は、食品用のコンテナが必要になることがあります。そのようなコンテナを船会社に特別にリクエストをすると、追加のコストで提供できる場合があります。 ..

これにより、CTUの「状態」がわかります。

コンテナの状態は、商品の安全な輸送の基礎であるため、最も重要です。

貨物の梱包に使用しているコンテナの状態が良好でない場合は、貨物の損傷、紛失、クレームなどの可能性があることを示しています。

輸出業者と船会社で最もよくある問題は、  輸出業者が梱包のために受け取るコンテナの状態で、コンテナの管理のために商品のダメージが受けたとか、輸出者がコンテナを汚したなど誰が責任を負うかについての意見がさまざまです。

通常のビジネスの過程では、船会社は空のヤードから輸出業者や代理のフォワーダーに、清潔で、健全な貨物に適したコンテナを搬出することが期待されています。コンテナデポは、船会社の要望を確実に遂行する責任があります。本当に、今、医療現場もそうですが、物流の現場も本当に大変だなと思います。

また、輸送業者は、コンテナデポから搬出されたコンテナが輸出業者のニーズに合うかどうかを確認する責任があります。

コンテナの状態確認する一般的な項目

  • 受け取った空のコンテナは清潔で、床板に異常な臭いや汚れがない
  • 屋根の穴なし
  • ドアは隙間なくしっかりと閉まる
  • ロックロッドが閉じて正しくロックされる
  • シール用のスロットがあり、使用可能
  • 床板が割れたり壊れたりしていない

これらのクイックチェックを実行すると、後の段階での大きな損傷や損失の請求を防ぐことができます。

sponsored link

3)正しい船会社のコンテナを使用する

馬鹿げているように聞こえるかもしれませんが、輸出業者が直面する大きな問題でもあります。大量の貨物を輸出する輸出業者の場合、さまざまな船会社のコンテナを使用して、さまざまな目的地に向けて、貨物のバンニングします。

多くの船会社が同じリース会社からコンテナをリースするため、プレフィックスが同じになる可能性があり(MSCとマースクラインの両方がTEXU(Textainer)コンテナをリースしている)、コンテナデポの管理者や梱包倉庫が誤ってコンテナを割り当てる可能性があります。

たとえば、イスラエルのZIMラインの管理下にあるコンテナを、ワンハイラインズに積むべきイランに向けたコンテナを割り当て、梱包してしまうなどです。今は空バンが需要と供給にズレがあり、多くの船会社がリース版を使用していることからコンテナナンバーを見ただけではどこの所有かわかりません。

4)コンテナと貨物情報をドキュメント化する

海上輸出プロセスのもう1つの重要な領域は、文書化プロセスです。.梱包して船積みする貨物の文書化。

ここで確認する一般的な項目は次のとおりです(ただしこれらに限定されません)。

  • 貨物は積み込みと荷降ろしのために輸出入許可は必要か?貨物は目的地での排出を許可されていますか?
  • 危険品であるか、危険物申告が必要か?
  • パッキングリストは正しいか?コンテナの重量誤申告はないか?
  • また、SOLAS VGM規制にも注意してください。コンテナ重量に関する正しい情報を用意する必要があります。
  • Out Of Gauge(OOG)Cargoを梱包しようとしている場合は、OOG輸送許可などが船ね会社で承認されていることを確認する必要があります。

貨物を梱包する前であっても、すべての書類がきちんと揃っていることを確認しておくと、不適切または不正確な書類のために貨物の開梱/再梱包にかなりの費用がかかるため手助けとなります。

5)コンテナを適切に梱包すること

上記のすべてのポイントを確認して満たしていても、「貨物を適切に梱包する」という重要なポイントが1つ残っています。繰り返しますが、簡単に聞こえるかもしれませんが、貨物の不適切な梱包により、海上や港湾施設で事故や貨物の損傷などの多くの問題が発生します。

これにより、貨物に発生する損害、および荷送人または荷受人の多くが梱包事故に保険なしで貨物を出荷しているため、荷送人または荷受人が被る損失が高額になります。