クロアチア

クロアチアにも新型コロナウイルス感染者が発生!まずはイタリアから学べ?

koronavirus

実はイタリア北部が鼻の先のクロアチアですが、バルカン半島最初のコロナウイルス患者の発生国となってしまいました。これは目前に迫ったコロナウイルスに対して、イタリアのコロナショッピングセールスとも言うべきスーパーのガラガラ具合を報じているものです。

それに比べると日本はあまりパニックになっていないのかなと思いますが、イタリアの徹底ぷりはすごいというかちょっとやりすぎという意見もあったりしますが、2か月くらいしてみないとわからないですね。クロアチアではイタリアのスーパーマーケットの棚が次は自分たちの番だと考えていた矢先のバルカン半島到達でした。

イタリアでは顧客は、できるだけ多くの家庭用品を作りたいと考え、肉、果物、野菜、パスタ、缶で棚を空にしました。1人の人が顔にマスクを着用して、店の周りで2つか3つの車椅子を押す場面が頻繁にありました。

4人が死亡し、イタリアでのコロナウイルスの感染数は、わずか24時間で76人から153人に倍増しました。韓国は602人の感染者と4人の死者、すべてが始まった中国よりも先行しています。世界で78,811人が感染し、2462人の死亡が報告されました。

 

イタリア人は、自国の感染者の数が増え続けることを恐れており、ロンバルディア州とヴェネト州のいくつかの都市と市町村は検疫に至りました。道路には軍隊と警察がいて、囲まれたエリアを離れたり、入ろうとしないように注意しています。これらの地域の学校、映画館、および多くの公共の集まりは、少なくとも1週間は閉鎖されます。有名なベニスのカーニバルなど、多くのイベントはキャンセルされました。

「私たちは4人います。食べ物を買わなければなりません」

緊急事態により、先週末、人々は肉、果物、野菜、パスタ、缶の棚を空にして、できるだけ多くの家庭用品を買い込みたいと考えました。顔にマスクをかぶった1人が店の周りで2〜3台の車椅子を押す場面が頻繁にありました。

「できるだけ多くのものを買わなければならない。何が起こるかわからない。家に4人いる」スーパーマーケットのスタッフは日曜日は混雑していると言いますが、昨日はいつもの2倍の人がいました。

イタリアの感染スピードは最初のコロナウイルスが病院で拡大したため?

全ては病院から始まってしまいました。イタリア人が新しい状況に対処しようとしている間、多くの人がなぜ国の北部の流行がそれほど急速に広がったのか疑問に思っています。ミラノ大学の教授であるマッシモ・ガリは、コリエーレ・デッラ・セラに、イタリアの伝染が病院から来ていることであると語った。最初の患者が入院した病院では、少なくとも5人の医師と看護師が病気になりました。

sponsored link
Paolo Sigura@PSigura

a . La foto dimostra due cose: la popolazione è in preda al ; le persone piuttosto che mangiare le farfalle della Barilla preferiscono morire di fame.

Prikaži sliku na Twitteru

「誰がウイルスをCodogno(発生源の病院)に正確に持ち込んだのかはまだわかりませんが、最初の患者は他の病気を疑ったために医師によって適切に治療されなかったことがわかります」とガリ教授は言いました。

教授は、おそらくコロナウイルスにかかった人は、病気が潜伏期にあり、症状がなかったときにイタリアに到着したと説明しています。彼は普通の生活を送り、人々の間を移動し、そのため知らずに感染を広めました。

「たとえ国境で彼を止めたとしても、彼が感染していることに気付かない可能性があります。一方、フランスでは、イギリス人が数人に感染し、以前はまったく危険とは考えられていなかった地域にいたという状況がありました」とガリは説明します。

「これはどこでも起こりうる」

なぜロンバルディアとベネトに流行が広がったのかと尋ねると、ガリは、中国との経済交流が最も高く、したがって中国国民の存在が大きい地域であると答えます。

「しかし、これは中国感染がイタリアにもたらされたことを意味するものではありません。また、中国から戻ってきたイタリア人だったかもしれない」と彼は付け加えた。

ガリは、イタリアで現在起こっていることが他の国でもすぐに起こるかもしれないと警告します。

コロナウイルス イタリア

欧州のコロナウイルス感染リスクは「低から中」

欧州疾病管理予防センター(ECDC)は、イタリアでの疾病の急速なspread延の後、4人が死亡し、ヨーロッパでの新しいコロナウイルス感染のリスクは「低から中」であると推定しました。

EU、ユーロ圏、英国でのさらなる拡大の可能性は低いが、多くの不確実な要因により拡大感染の可能性を除外することはできない、とセンターは日曜日の夜のリスク評価で発表した。

ヨーロッパ以外のいくつかの国にウイルスが存在するため、ストックホルムのストックホルムに本拠を置く欧州の機関ECDCによると、中国以外の国からの旅行者がウイルスをヨーロッパに持ち込む可能性が高くなっています。

ECDCディレクターの  アンドレア・アモンは、今後数日のうちにイタリアで、そしておそらくEUの他の地域でも、コロナウイルスのより多くの症例が予想されると言います。

ナイトライフ、カーニバル、廃校、美術館のないトリエステ

フリウリヴェネツィアジュリアでは、その州の知事であるマッシミリアーノフェドリガとロバートスペランザ保健大臣の決定により、すべての学校と大学は月曜日から3月1日まで閉鎖され、すべての屋外および屋内の公共イベントとスポーツおよび宗教イベントは夜間および夜間に閉鎖されましたクラブ。

パルマノバに本拠を置く危機本部も博物館を閉鎖しました。土曜日のフリウリ・ヴェネツィア・ジュリアは、コロナウイルスによる緊急事態を宣言しました。

クロアチアに最も近い地域にはコロナウイルスの記録された症例はなく、20人の疑われる症例が絶えず監視されている、と本部が発表した。

感染者を隔離する必要がある場合、トリエステとウディネの近くに2つのセンターが確認されました。

地方自治体は、公共交通機関の毎日の消毒も計画しています。

トリエステの自治体は、3月1日までの授業をキャンセルしました。また、すべての屋外および屋内のイベント、レクリエーション、スポーツ、宗教的なイベントもキャンセルしました。市内にはナイトライフがなく、博物館と図書館は閉鎖され、2月25日火曜日に予定されていたカーニバルパレードはキャンセルされました。