クロアチア

「Mljet 世界初のグリーンアイランド」プロジェクトが開始

mljet

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

「ムリェト島Mljet – 世界初のグリーンアイランド」プロジェクトが開始

クロアチア環境省は、南ダルマチアのムリェト島を世界の「グリーンアイランド」に変えることを望んでいます…

TončiRestović環境大臣は、プロジェクト「Mljet – 世界初の緑の島」を発表しました。これは、電気自動車を購入する住民にCO2排出量の削減と島の保護地域の保護を奨励するものです。このプロジェクトは、輸送におけるエネルギー効率を促進するという政府の計画の一部でもあります。

ムリェト島

電気自動車のチャージ用のステーションは島内でアクセス可能で、地元の人々やMljet国立公園への訪問者には無料で利用できます。

sponsored link

「エネルギー効率化プロジェクトは、気候変動の影響に対処する最も効果的な方法として認識されており、国を前進させるのを助ける政府のプログラムの一部です。そのため、ビル、輸送、観光、製造業のエネルギー効率を6億クーナ(8,700万ユーロ)の財源を確保しました。」

島の居住者は、電気自動車を購入するために105,000クナ(13,500ユーロ)の210万円くらいか?助成金制度を使用できます。今年は150万ユーロ近くがMljet国立公園に投資され、そのうち100万ユーロが政府の基金から来ています。公園内の大橋は、公園内で最も訪れた場所に合わせて改装され、新しく改良されたeチケットシステムが導入されます。

ムリェト島は、クロアチアのアドリア海沿岸の最も大きな島の中で最も南に東にあり、人口はわずか1000人。島の国立公園は、国で最も美しい公園の1つで、2つのつながった塩水の湖があります。

今回はクロアチアの国策?を紹介しましたが、いや、クロアチアもいろいろとレベルアップはしているのですが、国民が観光業でなまじ稼げてしまうので、内陸のセルビアやスロベニアなんかと比べて、他の産業を実現可能度の高いレベルで発展させようってなかなかならないみたいですね。