クロアチア

中国のコロナウイルスで、クロアチア人船員需要が増加

クロアチア人船員

海外の船会社がコロナウイルス対策で中国人船員の代わりにクロアチア系を採用?

中国発の新型コロナウイルスの感染拡大で、中国人の船員を敬遠する動きがあり、代替の需要として、クロアチア人注目を集めています。意外かもしれませんが、クロアチア人は船員が多いのです。クロアチアの地理が分からない方も多いと思うので、なかなかイメージがわかない方もいると思いますが、非常に多いです。

イタリアなどでも感染が拡大していますが、海外報道では、クロアチアなど東ヨーロッパの船員を持つヨーロッパの船会社に、中国人船員を使用している使っている船会社から支援用要請がきているとのこと。

ただ、中国人船員から東欧系の船員へのシフトも想定されていますが、コスト面や感染拡大阻止に向けて、クロアチア系の船員からも敬遠されるのではないかと見ています。

バルカン船員マーケットとして、脚光を浴びているクロアチア

ブルガリア、クロアチア及びルーマニアは、EU/EEA 域内ではポーランドとともに船員供給国として名高い。BIMCO/ISF の調査によれば、ブルガリアは 33,269 人、クロアチアは 18,658 人、ルーマニアは 24,343 人の船員を供給していると見込まれ2、上位を占めている。

外航船員に限ると、ブルガリア 17,500 人(職員 9,500 人、部員 8,000 人)、クロアチア 14,500 人(職員 9,400 人、部員 5,100 人)、ルーマニア 20,000 人(職員 8,000 人、部員 12,000 人)と推計されており、いずれもそのほとんどは外国船社に雇用されています。

クロアチアの船員教育・海技資格制度

国土の約 3 割は帯状にアドリア海に面し、マルコポーロの生誕地とされるコルチュラ島(当時ジェノヴァ共和国領)など 1,185 の島を有しています。そうした地理的条件からクロアチアは古来より海運業・造船業が発達したと言われる。

現在のクロアチア籍の商船隊船腹量は、264 隻 1,382 千総トン(2013 年 1 月 1 日時点、100 総トン以上。国連貿易開発会議統計より。)であり、中東欧諸国では最大である。船種は、バルクキャリア(22 隻 629 千総トン)とオイルタンカー(29 隻 591 千総トン)が中心です。

sponsored link

クロアチアではトン数標準税制が 2014 年に導入され、外航海運業の発展に向けて海運関係者の期待が高まっています。外航海運業界においては、高度に訓練された船員を供給する国として知られ、特に「タンカー乗り」としてオイルメジャーからも評価が高い。2008 年に導入された船員税制(年に 183 日以上外航船に従事する船員は所得税が免除される。)が外航船員志望者を生み出す要因になっているといいます。

意外と?給与や得意分野にも差のあるクロアチア人船員と中国系船員

  • クロアチアなどの東欧系と中国人では船員費に差があり、思うようには進まないのではないか。東欧系の方が大分高い
  • クロアチア系はタンカーや客船に強く、中国人はコンテナやバルク船に強く、一概に代替できない。

■船員交代が難しい状況にお助け措置

船員交代については、航空会社の就航便の減少で、外国人であっても中国人であっても、海上労働条約の連続乗船規定に抵触し、豪州などのPSC(ポートステートコントロール、寄港国検査)で拘留される懸念が浮上しています。

こうした中、主要旗国は船員交代が困難な状況であることを証明する「サーキュラー(回章)」を発行し始めています。パナマは今月半ばに既に発行済み。リベリア、マーシャル諸島も準備を本格化させている。中国での船員交代が難しくなる中で、船主からの需要が高まっています。

クロアチアの船員組合外国人船員のための無料1日ビザを実現

クロアチア船員に関する情報で、余談なのですが、外国人船員がクロアチアに上陸するために必要なビザが無料になっています。。クロアチア船員労組(SUC)の運動の成果です。I

クロアチアは客船の寄港地として人気が高い。

毎年、118か国から30万人の外国人船員がやってくる。これらの外国人船員は、クロアチアでの上陸を阻まれていました。ビザ取得には25ドルもかかるからです。この状況を是正するために、船員が上陸要件に違反した事例はないことや、2006年海上労働条約(MLC)が船員の健康・福利の向上のために上陸を促していること、クロアチア政府はMLCをいち早く批准していることを訴えた。2017年4月18日、新制度が導入されています。船員は、身元確認を受ける必要はあるが、無料でビザを取得できることになった。ビザの有効期間は90日間で、クロアチアに寄港した際はぜひ上陸する船員が増えています。