コロナウイルスCOVID-19が船荷証券(B/L)に与える影響と解決は?

ZIM
コロナウイルスの世界蔓延は中国だけでなく、マレーシアやインド、タイ、フィリピンにも深刻な影響を与え、海運業界も貨物の滞留による規制が現実的になってきました。ロックダウンはB/Lの流通にも影響を与えますが、世界的イノベーションも生んでくれると思います。電子船荷証券の実現をこの危機が早めるかもしれません。

コロナウイルスが船荷証券のデジタル化、ペーパーレス化を促進?

現在の状況、およびコロナウイルス(COVID-19)が海運および貨物業界に与える影響を考慮すると、電子船荷証券の流通は一機に促進されるかもしれません。

電子の(ペーパーレス()船荷証券は、紙に印刷する代わりに電子的に発行され、ハードコピーとして物理的に顧客に発行される船荷証券です。

ブロックチェーンベースのプラットフォームで発行された電子船荷証券を使用するかどうかにかかわらず、電子船荷証券という選択は、従来の紙船荷証券と同じ方法で機能を果たすと言われています。

多くの人々は、電子船荷証券は、より速く、効率的な取引、コスト削減で革命を起こすと考えています。。

ただし、電子ペーパーレス船荷証券の送受信に関する安全性、セキュリティ、許容性の問題が懸念され、船会社と国が電子ペーパーレス船荷証券の準備を進めているところもあります。

現在、コロナウイルス蔓延の中で一つのイノベーションとして、歴史の中でユニークな瞬間にあります。レポートによると、コロナウイルス(COVID-19)は世界中のすべての国に影響を与えました。状況上ほとんど船会社と顧客が、ペーパーレス船荷証券と電子船荷証券へのアクセスを希望しています。

なぜ..??電子船荷証券を求めているのか?

ご存じのように、船荷証券(B / L)は、3つの機能を満たす配送および貨物チェーン全体で最も重要な商業文書の1つです。

  1. 運送契約の証拠
  2. 商品の受け取り
  3. 商品の所有権の文書

伝統的に(そして現在でも)、船荷証券、特にオリジナル船荷証券は、通常3通の原本として運送業者によって署名および押印された物理的な紙の文書として発行されます。

が、

スポンサー

コロナウイルスによる世界封鎖により、輸出入者共にB/Lのピックが難しい

輸出者は船の出港後のオリジナルB/Lの取得が難しくなっているように、大都市のロックダウン期間中に荷下ろし港に到着した貨物に関してもオリジナルB/Lを必要になった場合も輸入者は元の船荷証券を時間どおりに取得できず、さらに悪い状況になる可能性もあります。

コロナウイルスによるロックダウン船荷証券(B/L)流通障害の影響まとめ

  • オリジナルB/Lのピックやサレンダーの等船会社へ書類の差し入れができない
  • 船会社は揚地で船荷証券が流通せず、D/O、貨物リリースができない
  • コンテナは港湾、ターミナルに滞留し、輸入者による通関や引き取りで満杯になる
  • コンテナはデマレージとディテンションを招く
  • 商品の納品の遅れを招く
  • 誰が責任を負うかについての輸出業者と輸入業者の間の議論
スポンサー

コロナウイルスによるロックダウン船荷証券(B/L)流通障害の解決

いくつかの船会社が電子船荷証券を宣伝しており、これはコロナウイルス(COVID-19)が原因で直面している現在の状況に最適な解決策です。

sponsored link

ZIMイスラエルのディレクターは「特に現在のコロナウイルスの危機の中、デジタルに物理的な物を置き換えるいく作業、最も重要だと」実現をしようをしています。ZIMは、ソリューションを提供する方法をリードしています。 2018年以降、システムとの統合を完成させ、ドキュメントを転送する時間を数日から数分に短縮しました。

2017年11月、ZIM Line は  、ブロックチェーンテクノロジーに基づくペーパーレスの船荷証券のプロトタイプが  Sparx Logistics and Wave Ltd.との協力により完了したことを発表しました。

ZIMは独自の”レガシーシステム””から発行された完全に機能するE-B/Lの立ち上げにより、電子船荷証券化推進をさらに進めています。

このプロセスを可能にするWaveテクノロジーは、元のドキュメントと関連プロセスを、国際貿易業界で認められ実践されている法的基準に一致する形で完全デジタル形式で反映するように設計されているため、非効率性、リスク、および損失を削減できます

CMA CGMは、世界で4番目に大きいコンテナ船会社ですが、電子商取引の船荷証券がeビジネスプラットフォームで利用可能になったことを発表しました。

CMA CGMの「ペーパーレス船荷証券は、従来の紙船荷証券と同じ機能を持ちます

電子船荷証券は、紙の船荷証券が物理的に移動しないだけで、紙船荷証券が処理されるのとほぼ同じ方法で、デジタル、安全、および安全に取引できる機能を備えています。

たとえば、ブロックチェーンの船荷証券は、この権利証書を安全かつ安全に電子的に、ある当事者から次の当事者に転送することができます。

発送元>>荷送人>>荷送人の銀行>>荷受人の銀行>>荷受人>>発送先の配送ライン ..

発行された船荷証券の裏書も含まれます。もちろん、これらの裏書は、電子船荷証券の筋書きの中ではコンピュータ上でされます。

電子船荷証券(B/L)流通の問題点もある

同時に、国際P&Iクラブのグループによって承認されていないような電子船荷証券で出荷された商品に責任が生じた場合、補償されないため、船会社は電子船荷証券の発行に関してその責任を考慮する必要があります。船会社は、これを負債と補償の点で認識しておくことが重要です。

コロナウイルスによるロックダウンは電子船荷償証券促進の息吹

ペーパーレスの電子船荷証券に完全に切り替えることは、考慮が必要な要因により、それほど簡単ではない場合がありますが、ひとつの大きなきっかけとなりそうです。

ただ、保険の観点からだけでなく、船会社や顧客は、銀行、商工会議所、貨物保険会社  などの船荷証券取引に関与する他のすべての利害関係者がペーパーレスの電子船荷証券を受け入れるかどうかを確認する必要もあります。

現在の世界的な貿易体制では、多くの国で契約を電子的に作成して署名することを許可する法律がありますが、電子船荷証券の法的地位は多く利害関係者にとって不明瞭です。

コロナウイルス(COVID-19)はやがて治癒しますが、コロナウイルスが船荷証券の観点から明らかにした脆弱性により、人々が電子船荷証券についてより真剣に考えるようになることを願っています。