海運貿易関連

コンテナが海上で船から落下したら誰が責任を負うのか

APL ENGLAND

2019年は、船舶が火災を起こしたり、コンテナが船舶から落下したりするなど、海事災害の年でした。

2020年に最初に報告されたコンテナ落下のケースでは、APLイングランドの5,780 TEU容量のコンテナ船は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州沖で約40個のコンテナが落下し、消失しました。

また、約74個のコンテナが船内のスタック内で折りたたまれた状態で横になっていると報告されています。

APLイングランドは、アジアとオセアニア(中国からメルボルン)間の定期サービス運航中にコンテナが落下しました。

オーストラリア海事安全局(AMSA)によると、船はシドニー沖の南東約73kmの荒海で一時的に推進力が喪失。

船はブリスベン港の停泊地(カートライト沖)に到着し、AMSAの測量チームが搭乗して、甲板上のコンテナスタックの崩壊後の船の構造および運用状態を確認するための耐航性検査を実施しました。

船外に落下したコンテナ(コンテナ番号)の正体はまだ不明であり、初期情報から、コンテナには家電製品、建材、医薬品などの幅広い商品が含まれていると言われています。

オーストラリアのニュースチャネルは、APLイングランドからオーストラリアのビーチでサージカルマスクが漂着したと報じています。AMSAはすべての情報を検証して貨物の性質を確認しています。

 

AMSAの運用担当ゼネラルマネージャーであるアランシュワルツ氏は、次のように述べています。「船が安全に港に着陸したら、貨物が適切に積み重ねられて船内に固定されているかどうか、船の安全上の問題、環境汚染規制を確認しなければならない」 

sponsored link

落下したのは医薬品(フェイスマスクなど)の報告を受けました。船の貨物のマニフェストに記載されているアイテムと一致しています。

注目すべき興味深い点は、この同じ船APLイングランドが、2016年8月にグレートオーストラリアンベイトで同じデッキから落下した、37個のコンテナを消失したということです。これも悪天候のためです。

この船はシンガポール国籍であり、そのような事件は船の登録簿または船の登記所が船から落下したコンテナに対して責任があるか、誰が本当に責任があるのかという疑問が出てきます。

海上での貨物(コンテナ)の動き

輸送または輸出入の業務を行っている場合は、物理法則、輸送と物理の関係、速度、慣性などの概念、およびそれが船全体の動きにどのように適用されるかについて少し理解しておくとよいでしょう。

IMO(国際海事機関)によると、航行中に船に作用する加速度により、縦方向、垂直方向、主に横方向の動きが組み合わされ、これらの加速度によって発生する力により、問題の大部分が発生します。 

貨物が海上での最悪の動き..道路や鉄道の輸送とは異なり、海にいる間、船は以下に示すように6つの異なる方法で動くことができます。

貨物をきちんと詰めなさい

これらの動きはそれぞれ、コンテナ内に梱包された貨物にさまざまな種類の圧力を引き起こします。不適切な梱包が原因でコンテナ内に貨物の動きがあった場合、コンテナが損傷したり、コンテナから出たりする可能性が高くなります。

特に貨物が重く、適切に梱包されていない場合、このような反対の動きと反対の動きによってコンテナスタックが折りたたまれる可能性があります。

CSSコードと貨物固定マニュアル

IMOは、これらの力から生じる危険を回避するためのガイドラインとして、1991年11月に貨物の積み込みと安全のための安全慣行規則(CSSコード)を採用しました。

船内での貨物の適切な積み込みと固定を確保し、船の動きの振幅と頻度を減らすための措置を取り扱うCSSコードは、安全な積み込みと貨物の固定を促進するための国際基準を次のように規定しています。

  • 船が運送に意図された目的に適していることを保証する必要性に船主と船主の注意を促す
  • 船に適切な貨物固定手段が装備されていることを保証するためのアドバイスを提供する
  • 船と人員へのリスクを最小限に抑えるための適切な積み付けと貨物の固定に関する一般的なアドバイスを提供する;
  • 積み込みや固定に関して困難や危険をもたらすことが知られている貨物について、具体的なアドバイスを提供する。
  • 激しい海の状況で取られるかもしれない行動について助言する;
  • 貨物の移動の影響を改善するために取られる措置についての助言
一般原則
  • すべての貨物は、船と船内の人が危険にさらされないような方法で積み込まれ、固定されるべきです。
  • 安全な積み込みと貨物の安全確保は、適切な計画、実行、監督にかかっています。
  • 貨物の積み込みと固定の作業を委託された職員は、適切な資格と経験が必要です。
  • 貨物の積み込みと固定を計画し、監督する担当者は、貨物固定マニュアルの適用と内容について十分な実践的知識を持っている必要があります。
  • すべての場合において、不適切な積み付けおよび貨物の固定は、他の貨物の固定および船自体に潜在的に危険です。
  • 積付および貨物の確保の措置のためにとられる決定は、意図された航海の経験によって予想される可能性がある最も厳しい気象条件に基づいているべきです。
  • 特に悪天候時に船長が行う船の取り扱いの決定では、貨物の種類と積み込み位置、および固定方法を考慮する必要があります。 

IMOは、貨物安全確保マニュアルの作成に関する改訂ガイドライン(MSC.1 / Circ.1353 / Rev.1 – 2014年12月15日)を発行しました。

1974年の海上の安全に関する国際条約(SOLAS)の第VI、VII章、および貨物の積み込みと安全のための安全な行動に関するコード(CSSコード)に従って、コンテナを含む貨物ユニットは、全体にわたって積み込まれ、安全に保管されます。

これらのガイドラインの目的は、貨物固定マニュアルが貨物の積み込みと固定のすべての関連する側面をカバーすることを保証し、貨物固定マニュアル、それらのレイアウトと内容の準備への統一的なアプローチを提供することです。

これらのガイドラインには、次のように記載されています。「安全装置は、船とその貨物に適用される許容可能な機能と強度の基準を満たすことが重要です。また、搭乗している将校が、関与する力の大きさと方向、および貨物固定装置の正しい適用と制限を認識することも重要です。

貨物の固定に使用される乗務員および他の人は、船内の貨物固定装置の正しい適用および使用について指示されるべきです。

コンテナの落下責任はこれらのガイドラインを遵守することと、重量の誤った申告の可能性を組み合わせることで判断されます。APLイングランドに搭載している貨物は、AMSAおよびオーストラリア運輸安全局(ATSB)による調査の対象となることが予想されます。

結論

ありがたいことに、ここで命が失われることはありませんでした。多くの人がこれは単なる小さな問題であり、ビジネスに固有の悪点だと考えているかもしれませんが、これから生じる問題があります。

  1. コンテナが船外に落下した者の損失。
  2. コンテナが折りたたまれたスタックにある場合の損失と損傷の可能性。
  3. 損傷の有無にかかわらず、貨物が船内にあるすべてのお客様の遅延。
  4. ICC(A)であっても保険でカバーされる場合とされない場合があるこれらの遅延による損失/損害。
  5. (意図的またはその他の方法で)貨物に保険をかけていなかった可能性のある人もいる可能性があります