コンテナ船”ベイプランBAYPLAN ”の基本について。なぜ重要?

BAYPLAN

コンテナ積み込み計画の基本とそれがなぜ重要なのか

船内でのスタックの崩壊と海上でのコンテナの紛失に関連する最近の事件を考慮して、

コンテナ積み込み計画とは何か、そしてそれがどのように機能するか」というのは貿易実務検定の本ではあまり語られないところですが、重要です。

輸出のサプライチェーンにからむ、輸出業者、代理店、運送業者、運送業者、ドキュメンテーションチーム、船舶オペレーター、積み込み計画担当者全員に、船舶の計画と積み込みのための正しい情報を知っておくと自分がトラブルに巻き込まれてしまっても想定内の事として、冷静に対処できることもあるでしょう。

実際、積み付けのプランは非常に細かい上に、なんせコンテナですから誤った時に違う港で他のコンテナを何十本も動かさなくてはいけないということにもなりかねませんので、そういった港でのコストがかかってしまうということは頭に入れておくべきでしょう。

ベイプラン(BAYPLAN)、コンテナ積み付けプラニングとは?

簡単に言えば、Aポートから積み込まれ、Bのポートで積み下ろしする必要があるコンテナに対して、船上のスペースを割り当てる行為であり、間違ってコンテナをシフトしなけれらばならないという状況は避けなければなりません。積み付けはコンテナ船の船舶運航機能の中で最も重要であり、非常に集中力を必要とし、厳しさもある仕事です。

ベイプランは、デッキの上下にある船のコンテナ配置の断面図を示す番号付けシステムで管理されています。6桁で構成されていますよ。

コンテナが格納位置110910(ベイ11、ROW09、TIER 10)最初の2桁はベイを示し、中央の2桁はROWを示し、最後の2桁はTIERを示します。

コンテナの配置

コンテナの配置

 

ベイプランの基礎単位 ”ベイBAY”

コンテナ船は、そのままですが、”ベイ”と呼ばれるスロットまたはコンパートメントに分割されます。それは船首のベイ01から始まり船のサイズに応じて01〜88ベイになりますす)ベイ01は船の船首(前方)に向かうベイで、ベイ88は船の船尾(後方)です。

貨物の運航中にデッキの乗組員は積み下ろし港のプランナーやギャングに、積み下ろしするコンテナのBAYの番号について連絡を取り合います。。荷下ろしおよび積み込み作業の開始時刻の入力は、ベイ番号とともに貨物記録簿に記載します。

ベイプラン は船全体のデッキとデッキの両方をカバーする断面図ファイルで、管理されており、ベイごとに表示または印刷されます。

ベイプラン

スポンサー

ベイプラン(BAYPLAN)積み付けをする上で必要なツール:

  1. コンテナ船の寄港地とローテーションを網羅したスケジュール
  2. コンテナ本数の概要と船に積載される予定のコンテナのサイズ/タイプ/重量およびポートごとのコンテナ数
  3. 船に積み込まれる予定の、港ごとの危険品コンテナ、冷凍(REEFER)コンテナ、OOGコンテナの数の概要。特殊コンテナ以外にもアンダーデッキ、ホットボックスなどいろいろなものがあります。
  4. 自分が横浜港のベイプランを立てるとします。そうしますと横浜港だけでなく、当然既に寄港して、荷役を終えて積み付けられたコンテナもリストも必要になります。ローテーションが急に変更になどなるとプランナーはかなり切迫してプランを変更しなくてはなりません。

港湾運用チームとギャングは、このプロファイルを見ることにより、積み込みの順序と、船がコンテナをどのBAYで積んでいるかまたはこれから積み込む必要があるかを決定します。

以下は、参考に、ベイ19のビューです。

積付計画-ベイ番号

奇数番号のベイ(1,3,5など)は、20フィートのコンテナを積み付けする場所であることを意味し、偶数番号のベイ(2,4,6など)は、40フィートのコンテナと積み付けするところであることを意味します。

混乱しますよね。自分も研修受けたとき、テトリスみたいで一番、難しい実習でした。

下を見てください。ここではベイ09/11(10)とベイ13/15(14)を例として使用しています。

ここに表示されているのは、甲板上と甲板下の両方の船の断面です。小さな正方形のブロックはそれぞれ20フィートのユニットスペースを表しています。

積付計画の仕組み

ペイプランで重要な基礎概念ROWとTIERとは?

上の図で紫のROW(行)は、コンテナが船の幅全体に配置される位置です。コンテナが船の幅全体に配置される位置です。上の画像を参照すると、列番号は緑で囲まれています。

BAYPLAN

コンテナーが船の中心線上に配置されている場合、ROW00が与えられます。ROWは、港側で02、04、08などのように偶数であり、右舷側のROWは01のような奇数です。 、03、05など。

TIERは基本的には、コンテナーがボードに積み重ねられる高さです。上の画像では、Tier番号は赤で囲まれています。

コンテナがデッキに配置されている場合、その番号は通常82、84、86、88から始まり、最初の層から上に向かって進みます。デッキの下に収納されているコンテナは、下から順に04、06、08と番号が付けられています。

ハッチカバー(上の画像の暗い断続的な線)は、デッキをアンダーデッキから分離するカバーです。線より上の領域はデッキ(船を見たときに見える領域)と呼ばれ、線より下の領域はデッキ下(船の外からは見えない領域)と呼ばれます。 。

現在のところ、コンピュータはほとんどの作業を行っていますが、それらの作業の基礎は、長年にわたって採用されてきた実証済みの方法です。

ベイプラン上のすべてのコンテナには、コンテナが排出または積み込まれることになっているポートの名前を示す特別な文字が割り当てられています。湾の計画は、コンテナのタイプまたは輸送する貨物のタイプに基づいて色分けすることもできます。貨物操作を監視する担当者がそれらを簡単に特定することが容易になります。彼らは、冷凍コンテナ、危険物コンテナ、フラットトラック、一般コンテナを簡単に区別できます。

したがって、収納位置を読み取るだけで、コンテナが20フッターまたは40フッターであるかどうかを確認できます。

コンテナがデッキに収納されているか、デッキの下に収納されているか、およびコンテナが収納されている側、左舷または右舷のどちらであるかがわかります。コンテナの位置がわかっていれば、コンテナをデッキの下に収納する場合にどのハッチカバークリートを開く必要があるか、また、荷降ろし前に荷卸しする前にプラグを抜く必要がある冷凍コンテナを事前に決定できます。

コンテナを固縛して固定するため、40フィートのコンテナは2台の20フィートの上に置くことができますが、2フィートの20フィートは40フィートの上に置くことはできません(デッキの下で他のコンテナに囲まれているか、セルガイド内にある場合を除きます)。

BAYPLAN

上記のプロファイルでは、さまざまなアルファベットと色を使用しています。

  1. フェリクストウのF
  2. アントワープの
  3. アントワープ向け空コンテナAe
  4. ハンブルクのH
  5. ルアーブルのL
  6. ロッテルダムのR
  7. Xは、40 ‘フィートコンテナであることを示します。

この船のローテーションは、フェリクストウ、アントワープ、ルアーブル、ハンブルク、ロッテルダムです。

つまり、フェリクストウの前港のダーバンに続く最初の寄港地であるため、フェリクストウ行きのコンテナは他のコンテナの上に積み重ねられ、その後にアントワープ、ルアーブル、ハンブルク、ロッテルダム向けのコンテナが続きます。

ロッテルダムは最後の寄港地となるため、最下部にあります。

このようにして、船全体が各ロードポートのコンテナで満たされ、以前のポートからすでにボード上に存在するコンテナも考慮されます。

差し戻す右側の画像に気づくと、コンテナが格納位置110910(ベイ11、ROW09、TIER 10)にあり、赤丸で囲まれ、ルアーブルのLマークが付けていますが、

これは、コンテナが正しく収納されていないことが原因である可能性としましょう。たとえば、フェリクストウではなくルアーブルに誤って積載されたか、仕向け地が変わるなどです。

このコンテナに到達するには、アントワープがフェリクストウの次のポートであるため、アントワープ(AおよびAe)向けのグレーの12本のコンテナすべてをいったん積み下ろしする必要があります。

次に、ハッチカバー(デッキとデッキの下の暗い線)を開いてデッキの下に到達する必要があります。

次に、110912番のルアーブル(L)の1コンテナをもとに戻し、初めて、110910番のコンテナーのみ  がフェリクストウに荷下ろしされます。

 

ご想像のとおり、これは、12 x 40フィートのコンテナと1 x 20フィートのコンテナを入れ替えて、誤って格納されたこの1つのコンテナを排出するのにかなりのコストと時間の浪費を伴います。仕向け地変更や積み付け間違いではこのコストの支払い者を明確にする必要があります。

各ベイには各ティア/ロー最大許容重量があり、コストと時間の浪費を回避するために、正しい目的地、正しい重量、および危険物貨物の情報(ある場合)が正確に船に渡されることが不可欠です。

たとえば、それぞれの重量が26トンの段に約4つのコンテナがある場合、安定性に影響を与える可能性があるため、1つの段に4つすべてを収容することができない場合があります。

ただし、ベイ15に示すように空のコンテナが5層ある場合は、積み込みできる可能性があります。これらの計算はコンピュータ自体によって実行され、バランスが悪ければエラーとして表示されます。ちなみに船舶計画に最も一般的に使用されるソフトウェアには、CASP、MACS3、およびBulkoがあります。

 

ベイプランの準備ができて、荷役中は、プランナー、一等航海士や船長、ギャングと船員に与えられている貨物の積み付け作業を監視します。搭乗員はベイプランを理解し、積み込みと荷下ろしが準備されたプランに従って行われ、コンテナの収納位置が正確であることを確認することが重要です。