クロアチア

クロアチアはコロナウイルス感染者にHIVとエボラで使用の薬を投与

クロアチア コロナウイルス

クロアチアでは、現在、新型コロナウイルスの感染者を3人にとどめています。中国、韓国、日本、イタリアでの例をかなり参考にできているような気がします。封じ込めに一定の成果が出ているのは、皮肉には発信源の中国で日韓とイタリアは悪い例になってしました。

クロアチアもコロナ感染者にエボラ、HIVの薬と投与予定

クロアチアはHIVとエボラの薬を投与予定で、また、イベントの中止も行っています。クロアチアでは

「呼吸器感染症は、屋内にいる冬に伝染します。暖かくなり、より多くの人々が屋外にいて、病気の伝染されにくくなることを臨みます。」

クロアチアでコロナウイルスに感染者は3人で、現在何百人もの人で管理

3人に対して、何百人態勢というのはなかなかですね。日本のオリンピックが中止になった時の被害は計り知れないですが、クロアチアはクロアチアで5月くらいからの観光での旅行者や特に中国人が来なかったたら大打撃です。検疫が確立され、一部の人々は家で隔離されています。

sponsored link

クロアチアではイタリアがヨーロッパの武漢になったと報じる

クロアチア公衆衛生研究所の所長と国民スタッフのメンバーであるクルノスラフ・カパック博士がRTL Direktゲスト出演し、コロナウイルスについて市民に関係するいくつかのことを説明しました。

たとえば、多くの人は、イタリアがどうしてヨーロッパの武漢になったのか疑問に思っています。「私たちはこれを知りませんが、流行の初めに、患者の数を少なく見積もったり、他の似た症状と勘違いして、放置した可能性があります。イタリア人は、最初のコロナウイルス感染の症例について、中国から来たのか、地元で感染していたのか、すべてのヨーロッパに説明していませんでした。もはやそのことはわかりません。彼らは完全に閉鎖したロンバルディアの11の村で始まったと主張している。もちろん、周辺には事例があります」と彼クロアチアはコロナウイルス流行にうまく対処していると考えている。

イタリアと同じことがクロアチアで起こるとは思わない

イタリア学校を閉鎖し、公の集会を禁止したようです。クロアチアでは、疫学的監視手段を適時に導入したと考えています。イタリアが私たちに起こらないと思うし、願っています」と彼は言った。ただ、スロベニアなどイタリアに近い旧ユーゴ国で感染者が出るのは時間の問題とし、感染国は増えていくと予想してします。

 

コロナウイルスにHIVとエボラの薬が効果があるかははっきりわからない

市民がどのような対策を期待できるかと尋ねられたとき、Capakは次のように答えました。「できるだけ早くコロナウイルス感染報告とその連絡先を把握し、監視するよう努めています。国境を閉鎖し、公共の集会を禁止する…クロアチア準備が整っており、これらのすべての措置が思い浮かびます」とCapakは言いました。

彼は、クロアチアの患者はHIVとエボラ薬で治療されていると言います。しかし、Capakは、彼は臨床医ではないので、彼らが効果的であるかどうか言うことができないと言います。

天候が変化すると、流行が落ち着く可能性があります。「すべての呼吸器感染症は、屋内にいる冬に伝染します。すぐに暖かくなり、より多くの人々が屋外にいて、病気の伝染がより困難になることを願っています」と彼は伝えています。