クロアチア

クロアチアの最新コロナウイルス情勢

クロアチア コロナ

クロアチアのコロナウイルスの症例数は168人に増加。島への移動が制限される

Vili Beros(写真:HINA / Daniel KASAP)

 

クロアチアには168人のCOVID-19症例があり、金曜日よりも40人増え、拡大の割合が増加しています。国家市民保護当局は、コロナウイルス症例のさらなる成長を抑制するために、鉄道とバスによる通勤者輸送をすべて停止することを決定。

14,000人を超える人々が自己隔離を命じられ、90人が検疫を受け、3人の患者が人工呼吸器を使用していると、国家市民保護当局のメンバーは記者会見で語っています。

「この国の疫学状況は依然としてコントロールされており、感染者とその動きに関する情報はありますが、自己隔離の一部の人々が自己隔離のルールに違反し、流行の拡大を可能にしているのは悪いことです。保健大臣のビリ・ベロスは、すべての市民に国家市民保護当局の指示に従うよう呼びかけました。

ベロスは、患者用の新しい宿泊施設がザグレブ、オシエク、リエカ、スプリットに設置されていると述べ、クロアチアの保護マスクと装備を寄付してくれたアラブ首長国連邦政府に感謝しました。

市民保護当局の長官であるボジノヴィッチ内務大臣は、自主隔離規則と当局の指示に従わない者にはさらに厳しい罰則が導入されると述べた。

「私たちの生活はますます変化します。ますます多くのことが屋内で行われます…仕事に行かなければならない人を除いて、すべてが家にとどまるべきです」と大臣は言いました。

sponsored link

クロアチアの通勤輸送は一時停止、公共のコミュニティエリアは閉鎖

すべての通勤輸送および列車とバスによる長距離輸送は一時停止され、公共のコミュニティエリアは閉鎖されます。鉄道とバスの駅も閉鎖されます。

島への旅行は、島に住んでいる人にのみ可能

公共の公園に関して、ボジノビッチは、そのような地域での集会は禁止されると述べた。

警察官はパトロールし、規則に従わない人を処罰すると、大臣は、人々の間の推奨距離が尊重されない場合、警察が介入すると述べた。

ザグレブのフラン・ミハルジェビッチ感染症病院の長であるアレムカ・マルコティックは、本当の戦いが始まったと強調

「私たちは映画を見ていません。これが私たちの現実です。人が集まることも必要な時はありますが、非常に危険です。高齢者は重病になるからです。病院への患者の増加が増えてきています。」入院は日本と同じように重篤な状態の患者のみが入院し、軽度の症状の症例は自己隔離で家にいるように指示しています。

クロアチアでも指数関数的に増加するケースの数

クロアチア公衆衛生研究所の長であるクルノスラフ・キャパッチは、最小限の活動は可能にするために不可欠ではないすべてのものを止める時が来た。さらなる対策を講じるための集中的な作業が進行中であると述べた。

「症例数は指数関数的に増加しているため、より厳密な対策を導入する必要があります」と彼は強調した。

1日2回開催される国民保護チームの記者会見は、土曜日の時点でクロアチア公共放送局によって放送され、そこから他のメディアが通常の手順に従って放送を引き継ぐことができます。

内務省は、記者会見に音響技術者やカメラマンを派遣するのではなく、最小限の個人的な距離で命令に従わなければならない記者だけを報道機関に呼びかけています。