クロアチア

10月18日はクロアチアの発明 世界のネクタイの日

クロアチア ネクタイ

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

10月18日はクロアチアの発明ネクタイの記念日です。

意外なクロアチアの発明品のネクタイは、10月18日の公式の記念日があります。

現代のネクタイの先駆けは、クロアチアの「クラバット」の発明でした。

このネクタイは、17世紀にクロアチアの兵士が衣類のアイテムとして最初に使用したもので、1622年にドゥブロヴニクで描かれたクラバットを着た人物の最古のクロアチアの肖像が描かれています。クラバット。

CRAVAT

クラバットを着た人物のクロアチア最古の肖像–詩人イヴァン・ガンドゥリッチ

 

クラバットという言葉は、フランス語の曲がりくねった言葉に由来しています。これは、クロアチア語のねじれたという意フランス語の発音です。クラバットは世界中で知られ、認知されているクロアチアのシンボルであり、10月18日は2008年にアカデミアクラバティカによって世界クラバットの日と宣言されました。

ネクタイに捧げられるクロアチアとヨーロッパのフェスティバルは、首都ザグレブで開催され、フェスティバルは週末に始まり、ザグレブのメイン広場にあるイェラチッチの像にネクタイがかけられました。

sponsored link
イエラチッチ

イェラチッチ(写真:Dhar Media)

「クラバットは優雅さと洋装の文化の普遍的な象徴ですが、その強力な象徴的可能性には他の多くの価値が含まれています。垂直にかけられるネクタイ(クラバット)は、人間の克己心を象徴します。人間の尊厳と自己認識、成功とビジネススピリット…その軽さと結び目で、クラバットは自由と責任を結びつけます。

私たちの尊厳と他者の尊厳に関するコミュニケーション、つまり私たちの自由だけでなく、私たちの責任についても意識することを促します。その量りしれない象徴力により、クラバットはクロアチアと世界にとって非常に重要です」

クロアチア ネクタイ

クラバット連隊