クロアチア

ディンガッチだけじゃない!愛地球博でも紹介されたペリェシャツ半島の観光を紹介

ストン

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

今回はクロアチア、ペリェシャツ半島の紹介です。ドゥブロブニクの南に位置する、プラバッツマリ種、”ディンガッチ”をはじめとするクロアチアワインの名醸地です。

7世紀に遡る豊かな歴史を持つ2番目に大きいクロアチアの半島で、ダルマチアの南海岸に沿って広がっています。

ペリェシャツ半島
小さな丘や谷にはブドウ畑やオリーブの木が豊富にあり、レモンやオレンジの木々と共に地中海の楽園を作り出しています。半ば強引に?Pelješac半島での観光ポイントを紹介します。

ストンの壁

ストンの城壁

ストーンズの壁(写真:Visit Ston)

万里の長城と同じような、城壁ペリェシャツにはあるんですね。万里の長城についで世界で最も長く保存されている城壁です。1333年に建てられ目的は、中世ヨーロッパで最も構造化された都市の1つであったドゥブロヴニク共和国を守ることでした。

ストンの城壁

ストンの城壁(Visit Ston)

砦や塔と一緒に、その構造は7キロの長さであり、今日でもよい保存状態です。

”生命の島”を訪問

島の生命(写真Nportal.hr)

Mali Stonの水路に定住したこの小さな島は、OtokŽivota(命の島)と呼ばれ、歴史的に、これは第二次世界大戦まで個人の島でした。過去数十年で、完全に無人になり、オリーブと松の木が豊富で、その中で古い建物が残ったままになっています。

塩田 – ストン

ストンソルトワークス

2005年の“愛地球博”のクロアチア館でも紹介されたこの小さな中世の町は、塩の産地として最もよく知られています。世界で最も古い活発な製塩所を守り、町はゴシック様式とルネッサンス様式の建物でいっぱいで、街の歴史的発展を目の当たりにできます。湾は有名なイガイとカキ養殖場です。

 

近くには古いオリーブと松の木が並ぶプラプラトノ湾と、クリスタルブルーの海に囲まれた美しい砂浜のビーチがあります。

オレビッチ

(写真:AndreaŠain/ Orebic Tourist Board)

Pelješacの最大の町はMount St. Elijahの下にあります。歴史を通して船員のための集落でした。海とのつながりは海事博物館にあります。近くには美しい砂浜と湾のトルステニカがあり、友人や家族と楽しい時間を過ごすのに理想的です。

sponsored link

フランシスコ会修道院&聖母教会

(写真:オレビックツーリストボード)

ゴシック様式で建てられた教会の芸術のこの記念碑は、オレビッチの海抜150mに位置し、コルチュラ島、ムリェト島、ラストヴォ島の素晴らしい景色を眺めることができます。

トルパニュ

trpanj

(写真:Trpanjを訪問)

この美しい小さな町は、半島で最も古い集落のひとつです。古い要塞の遺跡は街とその歴史を守っています。これはまた、夜の釣り、ロバのレース、フェスティバル、コンサートなど、夏の夜には最適な場所です。

グドニャ洞窟 

グドニャ洞窟

半島のこの先史時代の遺跡は、標高400mのポラチャ山の山塊のストンの上に位置しています。海の壮大な景色は、山の鎖の丘に囲まれた入り口から洞窟まで広がります。

ヴィガニュViganj

Viganj(写真:Orebic Tourist Board)

Viganjは、花が咲き誇る植物園のある絵のような町で、この地域はまた、美しいビーチが豊富で、水やサーフィンを楽しむスポーツ愛好家に人気があります。

ヴィガニュViganjのビーチ

Viganj

ヴィガニのポンタビーチ(写真:Marko Butrakovic /ヴィガニ訪問)

半島周辺の美しいビーチで、アドリア海沿岸のもう一つの楽園のような場所です。クリスタルの海の湾に隠された息をのむようなモカロビーチを訪れてください。

Viganj

Lovište(写真提供:Visit Orebic)

ワイン&フード

ストン 牡蠣

Stonのカキは試飲する価値があります

素晴らしいワイン、オリーブオイル、魚、そして牡蠣ですね超有名ですので、これらを試食して、半島の地中海料理を体験してください。

ディンガッチ

“ストン”のカキはローマ時代から自然の媚薬として知られており、ディンガッチやポストアップなどのワイン生産の長い伝統と共に完璧な組み合わせ。意外と?ワイン以外の見どころもあるペリェシャツ半島でした。