クロアチア

ディナモ・ザグレブのダニ・オルモにバルセロナがオファー冬に移籍か?

dani olmo
ディナモザグレブでCL大活躍のダニ・オルモ(スペイン代表)の移籍が真近に迫っています。チョリッチが抜けたあとのミッドフィルダーとして大きな役割を担っていた彼ですが、クロアチアリーグではそろそろ窮屈になっているようです。

バルセロナがディナモ・ザグレブのダニ・オルモに入札

ダニ・オルモ(写真:HNS)

 

スペインのバルセロナは、ディナモ・ザグレブのミッドフィルダーであるダニ・オルモに公式入札を行ったとSportske novostiは報じています。確かに、スペイン代表にも選出されて、ディナモ・ザグレブともそろそろお別れかという感じもしますね。

オルモは、クロアチアのチャンピオンズリーグに出場し、多くのヨーロッパの大手クラブのターゲットになりました。バルセロナの入札はまあ、当然でしょう。

ディナモとバルセロナの取引が成立した場合、オルモは帰国します。オルモは16歳でディナモ・ザグレブ・アカデミーへの参加する前にはバルセロナのユースチームにいたのです。

2014年にトミスラフスヴェティナと一緒にディナモに到着したときのダニオルモ(GNKディナモ)

sponsored link

「バルセロナは、子供たちにチャンスを与える世界最大のクラブです。それにもかかわらず、私の年齢でディナモほど多くのチャンスを得られるクラブは他にありません。私は、ワールドカップとユーロを経験したメンバーとトレーニングし、プレーしています。普通私の年齢でこのような環境を得ることができますか?バルセロナ?チャンスは無い」。

「バルセロナの元チームメイトは最初にショックを受けました。そして、彼らはディナモに移るという私の決断が正しいものだと理解しました。私がバルセロナにいたら、トップチームに行くまでに2-3年待たなければなりませんから、ここで、世界を若くして経験できたのには、ディナモザグレブの環境のおかげ」言いました。

ダニ・オルモは2018年のリーグ最高のミッドフィルダーに選出される

ディナモ・ザグレブで才能を開花させ、ハイライトだったのは、オルモが2018年にクロアチアの今年の最初の部門プレーヤーに選ばれたとき。彼はヨーロッパリーグでの活躍と、スペインでU21ヨーロッパ選手権で優勝したとき、ヨーロッパの大きなクラブの注目を再び集めました。

オルモ(写真:HNS)

 

今シーズン、彼は素晴らしい活躍を続けており、チャンピオンズリーグでもディナモにとって傑出した存在であり、マルタとのデビュー戦でスペイン初のフルキャップを獲得しました。

最初のオファーは、ブンデスリーグのボルシアメンヒェングラートバッハで、バルセロナは2回目のオファーです。

オルモは先週、クロアチアリーグのウィンターブレイクに、ディナモザグレブでの彼の時間が終わった可能性が高いと語ったといわれていることから、移籍の可能性はかなり高いです。そこで、マルコ・ピァツァの復帰もかなり現実味を帯びてきています。

marko pjaca
マルコ・ピアツァが、たび重なる怪我から復帰!ユベントスにベンチ入りユーロ2016でマルコ・ピァツァはスペイン代表やポルトガル代表との試合で、守備網をズタズタに切り裂くようなドリブル突破で、クロアチア代表...