海運貿易関連

マニフェストの種類、修正とは何か?方法、訂正プロセスの仕組みについて

マニフェスト

マニフェストは、船積みの上で非常に重要な書類の一つです。マニフェストには、特定の船に積まれた貨物に対して発行されたすべての船荷証券が一覧で表示されます。マニフェストには、貨物、荷送人、荷受人、重量、測定、梱包の詳細がリストされます。この記事では、マニフェストの種類、修正とは何か、方法、訂正できる場合訂正できない場合、およびプロセスの仕組みについて説明します。

マニフェストにはさまざまな種類があります

  1. 貨物マニフェスト -運賃を除く貨物に関連するすべての情報をリストします。
  2. 運賃マニフェスト -貨物料金を含む貨物に関連するすべての情報を一覧表示します。マニフェストに示されているすべての料金は、荷送人または荷受人によって支払われます。
  3. 危険貨物マニフェスト – クラス、国連番号、貨物の説明、EMS / MFAGなどを対象とする船内の危険/危険貨物の詳細を示すマニフェスト。
  4. ゲージ外マニフェスト –船内のゲージ外(異常なサイズ)の貨物を詳述するマニフェスト。貨物のゲージ外の詳細を含みます。
  5. リーファーマニフェスト – 冷蔵コンテナのように、温度設定、湿度、船内での監視が必要なコンテナなど、船内の冷凍貨物の詳細を示すマニフェスト。

マニフェスト訂正の仕組み

積み地のPOLエージェントは、データ入力が完了したことを確認するメッセージを揚げ地PODエージェントに送信します。これにより、揚げ地PODはマニフェストをローカル税関に提出し、輸入業者への到着通知の送信を開始できます。ただし、クライアントは、提出された詳細に変更を加える必要がある場合があります。船荷証券が発行され、マニフェストがロックされた後に変更を有効にできるのは、基本的にはマニフェスト修正者である運送船会社です。

マニフェストが積み地から送信されると、その船舶の輸出貨物データ入力/ドキュメントは完了したとみなされます。多くの船会社では、マニフェストは特定の時間枠の後、通常POLから船舶を出航してから72時間以内にロックされることが多いです。ロックされるというのは揚げ地側がデータを取り込み、彼らの許可なくしては、訂正できないということです。

運賃と関係ないマニフェスト訂正

クライアントがパッケージの数と貨物の説明を変更していると仮定しましょう。

場合によっては、マニフェストの提出とファイリング後に、クライアントが誤ったOBLのセットを返却し、正しい内容を含む新しいOBLのセットを手に入れる必要があります。また、マニフェストは既に誤った内容で送信されています。

このマニフェスト修正は、積み出し港の船会社やエージェントが行い、オンラインシステムで更新されます。

揚げ地PODの船会社やエージェントは、規制の要件に応じて、税関および港湾当局に修正内容の詳細を提出します。

sponsored link

マニフェスト修正が期限内が必ず守られるようにする必要があります

マニフェスト修正は、出港後はどの段階でもできるわけではありません。多くの国では期限があり、期限を過ぎると税関に提出されたマニフェストを修正することはできません。これは国によってさまざまです。税関が変更を許可する場合も、元の申告後に修正を行うために訂正者に違約金を課す場合がほとんどです。

また、税関は、特定の商品に基づいてすでに行われた関税評価に影響を与える可能性があるため、貨物のディスクリプション、船荷証券のHSコードの説明など、特定のコラムの修正を許可しない場合があります。したがって、POLエージェントは、マニフェスト修正の時間枠が必ず守られるようにする必要があります。

運賃に関するマニフェスト訂正

顧客は、輸送条件の変更を必要とする場合があり、出港直後のマニフェストが送信された後に、FREIGHT PREPAIDからFREIGHT COLLECTに、またはその逆に変更します。その場合、船会社はマネタリーコレクション(MONETARY CORRECTION)を発行する必要があります。

特にフレートタームを積み地払い(フレートプリペイド)から揚げ地払い(フレートコレクト)に修正する場合、積み地のPOLエージェントは貨物がまだリリースされていないことや状況を確認する必要があります。

揚げ地のPOD代理店は、コンサイニー荷受人から貨物および明示された料金を支払う意思があることの了承を得なければなりません。通常、船会社は現地の関税に基づいてマニフェスト修正料金を徴収します。

マニフェスト作成オフィスが誤った処理をしまった場合の訂正

マニフェストなどのドキュメントは、積み地オフィスのマニフェスト作成のドキュメントスタッフが誤ってまたは不適切に処理した場合、リスクになる可能性もあります。

また、詐欺なども発生しており、荷送人が貨物運送業者と協力して、買い手をだまし、PODなどでより安価な関税にするために、輸送および貨物詐欺にも使用されてしまうこともありますので、一連のデータの流れはすべて不正行為を防止するためにブロックチェーンが推進されています。ブロックチェーンで記録を情報技術と組み合わせることにより、データの追跡を提供します。権限を持つすべてのユーザーは、出荷に関する情報にアクセスし、何が起こったのか、どのような変更が行われたのかを確認できます。

まとめ

マニフェストに対する記載項目は年々増えており、各積み地でいろいろな規制も増加しているのに、時間厳守も厳しくなっています。よって、課徴金が発生しやすい、貨物がリリースがされず、デマレージやディテンションまで発生する事態になっています。中小企業にとっては特に、莫大な損失になりますので、留意してください。