海運貿易関連

輸出入貨物出荷業務のデジタル化を通じてコスト削減を実現する方法

disc

デジタル化とは、デジタル化(アナログ形式からデジタル形式への移行)とデジタルテクノロジーを使用して、ビジネスをデジタルビジネスに変換することです。

デジタル化は、過去10年間、海運および貨物業界の流行語でした。業界におけるその影響力と適用範囲は、日々増加しています。

現在、125以上のIT企業が、デジタルテクノロジーを使用して、海運、貨物、サプライチェーン、およびロジスティクススペースに関与していると報告されています。

なぜデジタル化が必要なのか.. ??

日本でもおもいきったデジタルシフトをなんて言われていますが、確かに実行に移してきている企業がたくさんあります。デジタル化の種類に気付いていない方のために、海運および貨物業界におけるデジタル化の例を以下に示します。

デジタル貨物プラットフォーム

電子船荷証券

ブロックチェーンドキュメント

ペーパーレス貿易文書

AI(人工知能)

IoT

自動貨物移動

ロボット工学

スマートコンテナ

 

海運および貨物業界は、さまざまな理由でデジタル化を必要としています。

世界貿易は成長しており、2008年から26%増加し、2019年には19,051,000,000,000米ドル(19.051兆米ドル)に達しています。

デジタル化によるコスト削減

世界のコンテナ市場は、以下のように成長する可能性があると予測されています

2020年10月で世界中で24,074,743 TEU(2400万TEU以上)が流通しており、さまざまな貿易レーンで6,136隻の船が世界貿易を行っています! 

ご想像のとおり、このような大量の作業には大量の事務処理と記録管理が必要であり、これは世界中で日々増加しており、扱うスタッフに深刻な負担をかけています。

これらはほとんど手動で行われるため、この事務処理の増加もエラーを引き起こす可能性があります。

デジタル化は、これらの問題に効果的かつ効率的に対処するためのソリューションです。

デジタル化の主な推進力は何か

業界には、主にデジタル化の推進要因がいくつかあります。

  • スピード化
  • 効率の向上
  • 差別化
  • 新しい競争モデル
  • 統合
  • 使用率を最適化する
  • コストモデル

しかし、最近の海運および貨物業界におけるデジタル化の最大要因は、

COVID-19とSARS-CoV-2でした 

sponsored link

COVID-19影響調査では、42.2%がサプライチェーン戦略を変更する準備ができていることし、59.2%の回答者がCOVID-19とデジタル化の欠如によって業務が大幅に影響を受けています。

テクノロジーソリューションの需要の新たな急増を示し、67.6%が、COVID-19から感じた影響と現在の市況に基づいてテクノロジーに投資すると回答しました。

効率と市場投入までのスピードの向上とは別に、デジタル化の主な利点の1つはコスト削減です。

デジタル化を使用してコストを節約できる領域がいくつかあります。このコスト削減の機会の中心は、重要な商品である時間です。出荷と貨物に関しては、タイムイズマネーは本当ですね。

デジタル化は、技術を通じて回避可能なコストのコストを節約するという点で、顧客支援することができます。

 

回避可能なコストとは何か.. ?

海上貨物輸送には料金がかかります..貨物、BAF、輸送、ISPS、シール、危険品などの費用は、商品に基づいて避けられない費用です。

ただし、保管、滞船、拘留、放棄された貨物などの料金はすべて、適切な計画、事業の理解、およびその実行を通じて「回避」できる料金です。

例として、これらのコストは通常​​、

目的地での書類の到着遅延で貨物がピックできない。

目的地での貨物ピック遅延につながる誤った文書

元の船荷証券が紛失した場合など、修正に時間がかかる

税関や検査ストップなど

貨物が目的地に到着する時期の可視性の欠如

エラーにつながる業務処理する人々の側の怠惰

これらの回避可能なコストやその他のコストは、システムとデジタル化を効果的に使用することで節約できます。デジタル化を通じて、次のことが可能になります。

過剰在庫を管理および回避する

フリータイムの最適化、港の混雑の回避、データを使用した滞船および拘留分析

入札など、スマートなデジタル調達手法を使用してコストを節約

以下のようなキュメントの転送促進

デジタル化ドキュメント転送によるコスト削減

 

海運業界と貨物業界のデジタル化はどこまで進んでいるか

35%は、システムの観点からCOVID-19のパンデミックに対処する準備がまったくできていなかったのに対し、54%はある程度準備ができていた。

回42%は、COVID-19パンデミックの経験に基づいて出荷およびサプライチェーン戦略を変更すると述べ、67%はテクノロジーに投資すると述べました。

50%は貨物管理にソフトウェアを使用せず、23%は部品のデジタル/部品の手動プロセスを使用し、20%はカスタムビルドのソフトウェアを使用し、7%は既製の製品を使用していました。

35%は、マニュアルプロセスが運用の遅延につながり、顧客のコストにつながると不満を述べました。

平均して、見積もり、BOOKING、文書化、追跡と追跡、および貨物監査プロセスの7.6%のみが自動化され、34.6%は手動で実行され、55.6%はデジタルプロセスと手動プロセスの混合を使用して実行されました。