SEARCH

「海運」の検索結果35件

  • 2020年12月16日
  • 2021年1月1日

ONE APUSコンテナ船負担責任はGAかPAか?貨物受取、再出港には?

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)が1万4000TEU型のコンテナ船ONE APUSがハワイ付近でコンテナを1816本を流出させましたが、本ブログでも掲載していますように、コンテナ船の荷崩れ事故は増加傾向です。   特にこれだけ多くの荷主が積載する船となると事故後の処理がどうなる […]

  • 2020年12月12日
  • 2020年12月13日

海上貨物輸送の料金は誰が実際には支払っているのか?

海上貨物輸送の料金は誰が支払うのか いかなる貿易取引においても、買い手と売り手の2つの当事者が存在します。海上貨物の出荷に関しては、一方または両方が異なる事業体に異なる料金を支払うことになる可能性があります。 海上貨物輸送で誰がどのような料金を支払うのかという問題は、あなたが新しいかすでにビジネスに […]

  • 2020年12月12日
  • 2020年12月13日

ONE APUS –コンテナスタックの崩壊 更新– 12月11日

2020年12月11日現在の海難事故は、海上保安庁の許可を得て、甲板上の残りのコンテナを安全に撤去するための作業が開始されました。   積み込み計画担当者が策定したスケジュールに基づいて、取り外されたユニットを慎重に撤去するには、安全を最優先して1か月以上かかると予想されます。 ”ONEA […]

  • 2020年10月22日
  • 2020年11月15日

原産地証明書とは何か?なぜ必要なのか、誰が発行するのか

原産地証明書(CERTIFICATION OF ORIGIN)をご存じですか?   国際貿易の仕事をしているなら、間違いなく原産地証明書について聞いたことがあるかと思います。たまに、急に求められますよね。 しかし、誰もが原産地証明書とは何か、なぜそれが必要なのか、誰がそれを発行するのかなど […]

  • 2020年10月17日
  • 2020年12月13日

海上輸送における危険品承認者(DG APPROVER)の日々

今回はマニアックなDG Approver (DG DESK,危険品承認者)という職種について   海運業でない人はこんな仕事がと思うでしょうが、世界で大きな事故を引き起こしかねない危険物貨物ですから、危険品貨物輸送の承認は専門的なスタッフが随時処理しています。 この記事では、典型的なワーク […]

  • 2020年10月15日
  • 2020年12月10日

輸出入貨物出荷業務のデジタル化を通じてコスト削減を実現する方法

デジタル化とは、デジタル化(アナログ形式からデジタル形式への移行)とデジタルテクノロジーを使用して、ビジネスをデジタルビジネスに変換することです。 デジタル化は、過去10年間、海運および貨物業界の流行語でした。業界におけるその影響力と適用範囲は、日々増加しています。 現在、125以上のIT企業が、デ […]

  • 2020年10月11日
  • 2020年12月8日

“L/C?、T/T?” 貿易用語、貿易英語の略語を紹介

貿易用語集   用語 意味 A/N 船が入港するときに船会社が荷受人に対して発行する書類 ACL ナックスの送信業務の一種。 B/L作成に必要な情報を船会社などに伝えること Acceptance あること柄を受け入れること。使用例:先方からの提案をAcceptance(承諾)する。 Act […]

  • 2020年9月10日
  • 2020年12月16日

海難事故への対応

こんにちは。海事代理士のらきてぃっちです。 海難とはどういうものか? 海難という言葉はしばしばマスコミを通じて耳にしますが、一口の海難といってもその内容は多岐にわたります。 現在、日本において、あらゆる海難事故を取り扱う法律である「海難審判法」では、海難を以下の3つであると定義しています。 船舶その […]