ソムリエ食世界地図

ワインの種類(製造方法による分類)

マデイラ島

こんにちは。ソムリエのらきてぃっちです。

[本記事のターゲット]

色や味わい、産地なんかワインの種類?分類法はいろいろありますが、基本的な製造方法の分類についてです。

ワインの種類(製造方法)

スティルワイン Still Wine

炭酸ガスを含まず発砲しないワイン

赤ワイン

果皮の色素が発酵過程で溶けだすため赤系統の色を持ったワイン

白ワイン

果汁だけでを発酵させるために透明や黄金色となったワイン

ロゼ

種類は様々だが、一般的には赤ワインの製造方法をより短くして、色を淡く仕上げたもの。

クラックリングワイン

瓶詰めの時期を早くしたことで炭酸ガスがワイン中に溶け込み、瓶内にて発酵を続ける微発泡性のもの。

スパークリングワイン Sparkling Wine

酵母がワイン中にて再発酵(2次発酵)し、その炭酸ガスが瓶中に閉じ込められて、発泡性を持ったもの。糖分の残されたワインが瓶詰後に2次発酵を起こし、発泡性を持ったことで始まりました。

シャンパン(シャンパーニュ)

みなさん、スパークリング=シャンパンと思っている方が多いと思いますが、シャンパンはは地域限定でフランスのシャンパーニュ地方で生産されたもので、ブドウの栽培できる北限にあたり、ブドウが熟しにくく、酸度が高まった結果、シャンパン特有の爽やかな酸味が加わります。品種はシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエを使用。白品種だけで作られるものはブラン・ド・ブランと呼ばれます。一般的にはブレンドされます。

カヴァ(CAVA)

スペインのスパークリングワインでぺネデス地方で作られるものです。ぺネデスはバルセロナのあるカタルーニャ地方のものでさすがのセンスを感じますね。

「ぺネデス」の画像検索結果

自分は最初がスペイン料理店だったので、初めて飲んだスパークリングワインはカヴァでした。

アスティ・スプマンテ

イタリア・ピエモンテ州で栽培されるマスカット種から造られた甘口スパークリングワイン。日本でもおなじみですね!

「ピエモンテ」の画像検索結果

フォーティファイドワイン Fortified Wine

製造過程において、アルコール度数40度以上のブランデーなどを添加して、味のコクを持たせて、ワインの保存性を高めたものです。主に、食前、食後にサーブされます。度数は16度~22度。

ポートワイン

ポルトガル北部のドロウ川上流において、育てられた数十種類の葡萄(黒はトゥーリガ・ナシオナルなど、白はクロアチアでも使っているマルヴァジア)から造られたもの。

ドロウ川
sponsored link

グレープ・スピリッツを加え、発酵を止めます。樽熟成期間が短く、

  1. 果実香が高い“ルビー
  2. ”長期熟成させた”タウニー”
  3. 特別な年の葡萄だけ使った”ポートワイン・ヴィンテージ”
  4. 異なる年のものを混ぜたクラステッド
  5. 白葡萄から造られるホワイト

シェリー

らきてぃっちの大好きなお酒です。スペイン南部のアンダルシア地方のへレス・デ・フロンテラで生産されたもの。アルバリサという白いチョーク質の畑で栽培されます。主に、パロミノ、甘口ワイン用のペドロ・ヒメネスといった品種が中心。

ヘレスデラフロンテーラ
  1. 辛口で繊細な風味をもつ、淡黄色のフィノ
  2. フィノを熟成させた琥珀色のアモンティリャード
  3. 香り豊かでコクがあり辛口から甘口、黄金色から褐色まで幅広い、オロロソ
  4. オロロソとペドロヒメネスをあわせたクリーム・シェリーなど。

 

マデイラ

ロナウド出身のマデイラですね。香りが特徴的な、ポルトガル領マデイラ島にて、造られたもの。淡色で辛口のセルシアル、やや濃色で中辛口のヴァルデーリョ、濃茶褐色で中甘口のブアル、暗褐色で甘口のマルムジーがあります。

マデイラ

アロマタイズドワイン

ワインをベースにハーブ・スパイスなどの薬草・香料を混ぜたより香りを楽しむワイン。ヒポクラテスにより紀元前5世紀のギリシャで造られました。

ベルガモット

穏やかな香りの白ワインにニガヨモギ、リンドウ、アンジェリカなどで芳香をつけたもの。

サングリア

これは色々なバリエーションが出てきてみなさんご存じかと思います。スペインのアンダルシア地方が発祥なのです。赤ワインをベースに一口大に切られたフルーツを加え、ソーダやオレンジジュースで割り、シナモンを加えたもの。ラム酒や砂糖なんか加えることもありますが、自分が造っていたときは隠し味にJINを使っていました。

キール

白ワインに少量のカシスリキュールを加えたカクテルで、フランスのブルゴーニュが発祥。

貴腐ワイン

ボトリティス・シネレアという貴腐菌が繁殖した完熟ブドウから造られたもの。貴腐菌がブドウ内部へと侵入して、ブドウの水分がレーズンのように蒸発して、濃縮されます。アルコールが十分に生じたあとも糖分が多く残る甘口ワインになります。20度前後の気温と75%の湿度という気候が条件のため、ハンガリーのトカイなど産地は限られてしまいます。