クロアチア

クロアチア観光のコロナ後の制限解除に光、ECからもガイドラインが発表

クロアチア観光

欧州委員会は旅行制限を徐々に解除するためのガイドラインを発行

 

欧州委員会は、今年の観光シーズンを支援するために、同様の疫学的状況を持つEU諸国または地域間の旅行制限を徐々に解除するよう勧告を発表しました。

「自由な移動と国境を越えた旅行が観光の鍵です。加盟国はウイルスの循環を減らすことに成功しているため、自由な移動に対する全面的な制限は、より対象を絞った対策に置き換える必要があります。欧州委員会は、規制の一般的な解除が健康状態によって正当化されない場合、疫学的状況が十分に類似している地域または加盟国間の規制を解除することから始まる段階的かつ協調的なアプローチを提案する」とECはプレスリリースで述べました。

クロアチアのような観光立国は死活問題です。また、観光産業に頼ってきたツケが直撃しているのもクロアチアのような国かもしれません。

ECは、加盟国を拘束しないガイドラインと推奨事項をリリースしましたが、これは旅行制限の段階的な解除を調整するのに役立ちますし、コロナウイルスのパンデミックによる数ヶ月のロックダウン後に観光事業を再開できるようにしたいと考え、ヨーロッパの一般的な観光復活路線を模索しています。

水曜日にリリースされたECの観光政策には、2020年以降の回復に向けた全体的な戦略が含まれています。緩やかで調整された方法でEUの境界線で自由運動を回復し、制限を解除するための一般的なアプローチ。乗客と人員の安全を確保しながら、輸送の漸進的な再確立をサポートするためのフレームワーク。旅行券を消費者の現金償還の魅力的な代替品にすることを目的とした勧告。また、観光活動を安全かつ段階的に回復するための基準と、ホテルなどのホスピタリティ施設の医療プロトコルを開発するための基準などです。

ECは、疫学的状況が必要とする場合、特定の措置を再導入する可能性を含め、このアプローチも柔軟でなければならないことを強調しています。

ECは、加盟国は次の3つの基準に基づいて行動すべきであると述べています:疫学、特に欧州疾病予防管理センター(ECDC)のガイダンスに基づいて、地域マップを使用して、状況が改善している領域に焦点を当てる。 国境通過時を含め、旅程全体を通じて封じ込め措置を適用する能力。追加の保護手段や物理的な距離を確保することが困難な場合がある時の措置を含みます。

sponsored link

EC勧告は、現在のパンデミックの状況でキャンセルされた旅行プランについても補償のも可能でより魅力的な代替手段となり、最低12か月の有効期間で発行されることを保証されます。

クロアチアのアンドレイ・プレンコヴィッチ首相は、欧州委員会が採択した観光と交通に関する文書は非常に重要であり、それらについての議論はクロアチアと彼が個人的に始めたものであると語っており、内閣会議の前に、プレコビッチは、多くのEU加盟国が観光を重要な産業と見なしているという事実について、欧州理事会で議論が始まったのはクロアチアと彼自身のイニシアチブであると述べています。

まあ、それだけ、クロアチアにとっては危機的な状況ですから、クロアチアのような欧州の中小国家でも今回はイニシアティブをとっていかないと失業問題がひどいことになるとでも考えたのでしょう。

そのため、欧州委員会は、世界レベルおよび国内レベルでのコロナウイルスのパンデミックの弱体化に関して何をすべきかについて欧州委員会が加盟国に提案を提出したことは非常に喜ばしいことだと述べています。

クロアチアはまもなくEU観光大臣会合を開催

「ガリ・カペリ観光相は、彼が以前に行ったように、欧州委員会の文書の発表に続いて、EUの観光大臣の新しい会議を組織し、彼らが運用上の実施に同意できるようにする」とプレコビッチは述べています。

クロアチアは規制を緩和することにより、観光を含むその経済を可能な限り再活性化することが重要であり、そのためにビジネス上の理由で国境を越えやすくするために導入された措置も観光の活性化にますます役立つと評価した。

「観光大臣が彼の同僚と推進について進め、スロベニア、ハンガリー、オーストリア、スロバキア、チェコ共和国、ドイツおよび他の多くの関心のある国々で多数の首相と協議をしている」とプレンコヴィッチは語っています。