クロアチアワイン&クロアチア食べ物

クロアチアのザダルにクロアチア産マグロの寿司レストランがオープン

クロアチアマグロ

ザダルに最初の寿司レストランがオープン

クロアチア産マグロ

ザダルに寿司ポップアップレストランJiroがオープン(写真クレジット:Filip Brala)

 

ザダルの最初の寿司レストランがオープンしていました。その際、客の前で長さ230230キログラムの長さ230230キロのマグロが切り開かれました。

日本の寿司レストランのアイデアと実現は、ザダルを訪問した世界で最も有名な寿司シェフの友人でありビジネスの仲間である神部次郎さんが考えていて、議長を務めるKali Tunaという会社と協力しました

クロアチア寿司

(写真クレジット:Filip Brala)

 

クロアチア寿司
sponsored link

正式なオープニングは全農協(日本農業協同組合)の支援を受け、クロアチア大使を迎えた滝口敬二大使など多くのゲストが出席しました。

クロアチアマグロ

駐日クロアチア大使、滝口敬二、神戸二郎、ゲオルグ・ウンターキルヒャー(写真提供:フィリップ・ブララ)

 

「今年は、日本とクロアチアの外交関係の25周年を迎えます。それは2つの国の間の美しい友情であり、それが私が美しいプンタ・スカラに来て非常にうれしい理由です。滝口大使は、日本の伝統と料理がダルマチア、特に長年寿司とワインのフェスティバルが開催されているザダルでこのように受け入れられたことを嬉しく思っています。

 

ポップアップレストランのコンセプトは現在世界中で非常に人気があり、現在ではプンタスカラの主要なリゾートがお客様に一流の国際的な美食体験を提供しています。

(写真クレジット:Filip Brala)

「カリで養殖されたマグロのほとんどすべてが輸出されており、年間800トンが日本に送られており、マグロは特に高く評価されています。

クロアチアマグロ