クロアチア

伝統的なクロアチアのタトゥー

クロアチア人

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

クロアチア人について考えるとき、伝統として、タトゥー(入れ墨が!?)は、思い出される最初のものかもしれません。入れ墨文化ってクロアチアでは慣習なんです。伝統的なシンボルはキリスト教に関連しており、習慣自体はさらに古く、これらの地域の歴史に何世紀も遡ることができます。

ボスニアとヘルツェゴビナのクロアチア人女性の手に入れ墨をする1000年続く伝統は今でもその当時の記憶を呼び起こすもので、彼らは小さな女の子として入れ墨されていました。

この伝統は、オスマン帝国の時代にトルコ人が住んでいた場所に由来します。その目的は、若い(クリスチャン)女性の誘拐とイスラム教への改宗を防ぐことでした。そういうことかあ。それでも、身体上の文字や記号のアイデアはもっと古い時代に由来します。

 

19世紀にオスマン帝国以前のボスニアとヘルツェゴビナを研究していたサラエボ国立博物館の考古学者とカストディアンの著作によると、この習慣の起源はイリュリア人とケルト族にあり、これらの領域の周りの儀式。単純な刺青の針でさえ、当時の墓で見つかりました。

この慣習はおそらく今後数世紀も生き残ったが、オスマン帝国の治世と恐怖の間に、キリスト教のシンボルが外国軍からの保護のために使用されたときに復活しました。

 

伝統的なシンボルは十字架であり、女性の手首の周りに入れ墨を入れてブレスレットのように見えることもあります。十字架には松の木のバリエーションもあります。また、キリスト教以外の動機もあります。村での輪舞のようなもので、組合と集合を意味します。

線は小さな枝を表しており、円とともに「ジェリカ」(女の子の名前と小さな松の木)と呼ばれる特別なデザインを形成しています。これは、2種類のシンボルが混在していることを意味します。1つはイリリア時代の自然と家族に由来し、もう1つはキリスト教の動機を持ち、後で追加されて新しい意味が与えられました。

クロアチア伝統 

(画像:伝統的なクロアチアのタトゥー)

最もよく似たシンボルは、ボスニアとヘルツェゴビナの村周辺の古い墓石にもあります。それでも、15世紀から19世紀にかけてのオスマン帝国の侵略時期には、単に身体を装飾するだけでなく、キリスト教信仰を助けるために女性を保護することに注意が向けられました。

これらの分野の歴史家によると、子供たち、そして通常は少女たちは、12歳から16歳の間に一種のイニシエーションとして入れ墨をされていました。6歳で刺青をしたものもありました。時期は、17世紀からクロアチア人セントジョセフの祝日である3月19日に関連しています。

(画像:Tradicionalno Tetoviranje Hrvata –伝統的なクロアチアのタトゥー

sponsored link

この日は、春の始まりと季節の変化も示しています。

入れ墨の儀式は、「sicanje」または「bocanje」とも呼ばれていました。それは通常、年配の女性が針と木炭または火薬と蜂蜜または牛乳の混合物を、通常はシンボルが体に書かれた後使用し、固定します。インクは、主に手または手首の周り、指、前腕、そして時には上腕と胸を覆っていました。興味深いことに、非常にありふれたものも額にありました。

今日の年配の女性によると、それは痛みを伴うものでしたが、ほとんどが痛みの価値があると言います。

ボスニア中部および南部、ヤイツェの町周辺、ラマ、ウスコプリエ、クプレ、クラリエヴァスチェスカ、および南ダルマチアの内側、シンジとシベニクの間、およびドゥブロヴニク-ネレトヴァ郡で行われ。 ボスニアとヘルツェゴビナからの戦争中にトルコの占領下で逃げた脱走者によってもたらされました。

ボスニア中部では50年代後半まで非常に活発で。第二次世界大戦後、宗教に対するユーゴスラビアの方針で、一時的に行われなくなりました。

今日、新しい形で若い世代を引き継いでいます。クリスチャンクロスの伝統的なシンボルとその真の価値を組み合わせた新しい幾何学的デザインが生まれています。

デザイン:エフゲニア・サムソノバ、ダン・ボーンズのタトゥー、ニューヨーク市ブルックリン、タトゥー(画像:伝統的なクロアチアのタトゥー)

クロアチア人 タトゥー

(画像:伝統的なクロアチアのタトゥー)

 

純粋に審美的、宗教的、またはイデオロギー上の理由であるかどうかにかかわらず、それはこの伝統がここでも世界中で維持されていることを意味しています。

(写真:@ arcane.ink / Instagram)

croatian tatoo

(画像:伝統的なクロアチアのタトゥー)

 

Traditional Croatian Tattoo というFacebookページと、この習慣を探求し始めた創業者のおかげで、シンボルの新しい形がほぼ毎日見られます。世界中の人々が、この古くてユニークな伝統に基づいたデザインを示しています。