Pršuterija Parenzo ザグレブのイストラ?でとびきり”生ハム”を

プロシュート

Dobro Jutro ! おはようございます。

[本記事のターゲット]

  • クロアチアの今に興味がある。
  • ザグレブでレストランで生ハムを食べたい方
  • イストラ地方は行けないけど郷土料理に興味がある

ザグレブにオープンしたイストラ料理レストラン”Parenzo” パレンツォ

家庭的な雰囲気の中で、親しい友人との理想的な昼食または夕食を食する空間をコンセプトにしています。

レストランの所有者、もともと絵のように美しいイストリアの町(イストラ地方)ポレッチ(イタリア語のParenzo)出身の”Nikola Šainović”さんは、上質なワインとグルメな肉とチーズの盛り合わせを使った、クロアチアのイストラ地方の「スローフード」の店をスタート

「ビジネスディナー、懇親会、ケータリングに加えて、生ハムと上質なワイン、心地よい夜を演出することを目標にしていて、狙いは「まるで自宅にいるかのような」雰囲気を提供することです。

上質なものを提供するが、お高い雰囲気ではないって理想的ですね。

レストランのオファーは、もともとイストラ産の肉料理、チーズ、ワインをベースにしています。メニューの一部として利用可能なさまざまな種類の料理があります。肉を食べない人には、タラ料理もお勧めします。

生ハム愛好家には、 ‘Pršut’と’Parenzo’お勧めします。チャージは2人で100 クーナ、4人で700クーナほど。

最も重点が置かれているのは、厳選された高品質の「pršut」(生ハム)です。

生ハムはレストラン”Parenzo”の1番手の看板メニューですが、チーズが2番手に続きます。牛、山羊のチーズにトリュフを添えています。特に白いトリュフクリームを含むものを注文することを忘れないでください。トリュフはイストラの名物ですから。ワインではテラン(Teran)の”Gran Istriano”

 

前菜的なものだけでなく、イストラパスタ、ビーフステーキ、タコサラダ、そしてレストランのオーナーの個人的な推薦 – 手作りのステーキタルタルがあります!

 

 

飲み物は自家製ブランデーでは’Medica’、 ‘Višnja’、 ‘Travarica’を提供しています

本物のイストリア半島に忠実であり続けるために、食前酒には伝統的なクロアチアの「ラキヤ」(超有名な蒸留酒)ではなく、テラニーノ トリュフに スパークリングワインもおススメです。 ‘Puhalek Queen’というスパークリグも特に人気。

スポンサー

ワインもオーナー厳選

レストラン”Parenzo”のワインは厳選されています。

白ワイン

ピウラート マルヴァジア(マルヴァジア種)

プレラックムスク(マスカット種)

マトシェヴィッチアルバ(アルバ種)

ヴルバネクソーヴィニヨン(ソーヴィニヨンブラン)

ヴルバネクグラシェヴィーナ(リースリング)

赤ワイン

カベルネソーヴィニヨンアルマナ

コズロビッチテラン(テラン)

ピラトメルロー(メルロー)

http://modric19.com/croatiawine-malvajia

詳細については、レストランParenzoのFacebookまたはInstagramのページをご覧ください。

Instagram: @PRSUTERIJA.PARENZO

Facebook: FACEBOOK.COM/PRSUTERIJA.PARENZO 

JordanovacのRebar 7で