クロアチア

クロアチア等バルカン諸国のコロナウイルス最新概要

covid19

欧米や中国、ロシア、そして日本ばかりが新型コロナウイルス対策を行っていあるような気がしますが、当然、クロアチアやセルビア、ブルガリアなどバルカン半島などの小国でも全土に広まっており、それぞれが国家で対応しています。

グローバルな問題ですが、今回のウイルス問題はよりリージョナルに対策するべき問題であるのが興味深いところです。一方で地域の方針だけで簡単に動けない現代のむずかしさを露呈することになっていますね。旧ユーゴとバルカン中心にざっと数値を紹介します。

ブルガリア,コロナウイルス最新統計

5月2日はにブルガリアで新たに51人のコロナウイルスの感染が確認され、国で合計1,488人のコロナウイルス感染症があり、266人が回復し、64人が死亡しました。

3人は、4月26日にアムステルダムからソフィアまでのブルガリア航空のフライトで陽性反応を示し、乗客と客室乗務員すべての人が自宅で検査を受ける可能性があります。

モンテネグロのコロナウイルス最新統計

新規コロナウイルスの1名のコロナウイルス感染がモンテネグロで確認され、コロナ感染症の総数は322人になりました。

感染症国家調整機関は、可能な限り在宅勤務の選択肢を維持するよう雇用主に呼びかけました。

「現在の状況は依然としてすべてのワーカーに職場で働ける状況ではない」と余談を許さない状況であるようです。

トルコのコロナウイルス最新統計

過去24時間以内に、トルコは43,498人の検査を実施し、そのうち2,936人が新規コロナウイルス陽性と診断されました。

トルコ保健省が発表したところによると、感染症の件数はこれまでに117,589件に急増したため、コロナウイルスCOVID-19の合併症による死亡者数はトルコで89人増加し、合計で3,081人になりました。

これまでのところ、44,022人がこの病気から回復しており、1,574人がまだ集中治療室にいます。

クロアチアのコロナウイルス最新統計

クロアチアでは最新の感染の総数は2,062人になりました。コロナウイルス関連の病気による死亡者数は4人増加し、合計で67人になりました。

これまでに1,288人の患者がこの疾患から回復しています。

sponsored link

ルーマニアのコロナウイルス最新統計

ルーマニアの当局は、コロナウイルスCOVID-19の合計11,978人を確認しており、そのうち693人が死亡しています。

コソボのコロナウイルス最新統計

3日連続で、コソボはコロナウイルスCOVID-19の新規感染者は回復者を下回っています。17名が回復して、新規9名が感染しました。合計の死者数は22名です。

北マケドニアのコロナウイルス最新統計

北マケドニアの厚生大臣は、この1週間で新たに感染した患者の数の減少について、楽観視をしていませn。当局がこの傾向が続くかどうかを確認し、その間にコロナウイルスCOVID-19感染の隠れたクラスターがないことを確認するために、少なくとももう1週間待つと述べました。

国はまた、21人が新しいコロナウイルスに陽性反応を示したことにより、これまでの総感染数は1,442人に上り、そのうち627人が回復し、73人が死亡したと報告しました。

セルビアのコロナウイルス最新統計

227人のコロナウイルス患者COVID-19が確認され、合計でセルビアの8,724人が新しいコロナウイルスの検査で陽性となった。

現在2,470人が入院しており、1,292人が回復し、死亡者数は173人です。

これまでのところ、国は合計78,942人の検査を実施しています。

ボスニア・ヘルツェゴビナのコロナウイルス最新統計

ボスニア・ヘルツェゴビナでは、コロナウイルスCOVID-19流行の発生以来、1,690人が感染し、721人が回復し、66人が新規コロナウイルスの合併症で死亡しました。

クロアチアはイタリアに近いこともあって、最初の感染者の発見はチャンピオンズリーグをイタリアで観戦していた若者でイタリアが流行を始めたころでした。その後、地震にも見舞われてかなり、厳しい状況でしたが、たいぶ回復してきています。何気に、セルビアが感染者数が結構多いのが気になります。トルコも流行が始まったのが、遅かったため今がピークを迎えていて、かなり多いなあという気がします。

日本の報道も経済大国ばかりに向けられてしまっていますが、一番、心配なのは一見、感染防止インフラのなさそうな小国なんですよね。ただ、思った以上に成果が出ている気がしますね。結構、封建的で国が思いっきり統制してくる国もまだまだありますから、そういうところがうまくいっているのかもしれません。