ワールドカップ2022カタール大会、組み合わせ抽選 4/1に開催。クロアチアと日本の組み合わせも!

サッカークロアチア代表
スポンサー

ワールドカップ2022カタール大会の抽選が迫る?ドーハの感激になるか?

こんにちは。ソムリエのらきてぃっちです。

世界は戦争とコロナで大きな影響を受けている中、いつの間にか、ワールドカップ2022カタール大会の組み合わせ抽選会が迫っていました。もっとあとかと思っていましたが、あと10日で運命の抽選となります。

ワールドカップカタール大会の組み合わせ抽選会(4月1日・ドーハ)は3月31日付はFIFAランキングに基づいて決まります。

開催国カタールと上位7チームが第1ポットに入り、出場チームをランク順に4つのポットに振り分ける。

同じポットは1次リーグで同組になりません。今月で出場32チーム中29チームが決定し、残り3枠のチームは第4ポットに入る。6月にアジア-南米、北中米カリブ海-オセアニアの大陸間プレーオフで2枠、ロシアの侵攻を受けて延期となったウクライナが参加する欧州予選プレーオフの1枠が決まります。

 

今回もクロアチアと日本が1/8の確率で対戦することになりとても楽しみですね!

大会はちなみに夏ではなく、11月~12月に開催されます!

スポンサー

カタールW杯出場国一覧(3月21日現在)

 

【アジア】
※出場枠4.5+1(開催国カタール)
(アジア5位は南米5位と大陸間プレーオフ)
カタール(初出場)
イラン(3大会連続6回目)
韓国(10大会連続11回目)

【欧州】
※出場枠13
ドイツ(18大会連続20回目)
デンマーク(2大会連続6回目)
セルビア(2大会連続13回目)
スペイン(12大会連続16回目)
フランス(7大会連続16回目)
ベルギー(3大会連続14回目)
クロアチア(3大会連続6回目)
スイス(5大会連続12回目)
イングランド(7大会連続16回目)
オランダ(2大会ぶり11回目)

【南米】
※出場枠4.5
(南米5位はアジア5位と大陸間プレーオフ)
ブラジル(22大会連続22回目)
アルゼンチン(13大会連続18回目)

【北中米カリブ海】
※出場枠3.5
(北中米カリブ海4位はオセアニア1位と大陸間プレーオフ)

【アフリカ】
※出場枠5

【オセアニア】
※出場枠0.5
(オセアニア1位は北中米カリブ海4位と大陸間プレーオフ)

ポット1に入るのは開催国のカタール代表に加えてFIFAランキング上位の7チーム

現在のランキングに基づけばベルギー代表、ブラジル代表、フランス代表、イタリア代表、イングランド代表、アルゼンチン代表、スペイン代表が上位7ヶ国となっています。

この7チームの中で予選突破を決めていないのは、プレーオフに回ったイタリア代表のみ。

イタリアが出場すればこのままの8チーム、イタリアがプレーオフで敗退すればランキング8位以下のポルトガル代表が繰り上がると考えられています。

組み合わせ抽選会は日本時間で2022年4月1日の25時より、クロアチアはポット2,日本はポット3が濃厚

残念ながら、イタリアかポルトガルが落ちることになりますので、FIFAランキング15位のクロアチアはPOT2に入ってくるでしょう。日本も出場できたとするとおそらくPOT3に入ってくるので、クロアチア代表と対戦する可能性もあります。また、ブラジル、クロアチア、日本とか感激ですね!?

ストイコビッチ監督のセルビア代表はPOT3,POT4で最強のダークホース!?

セルビアもおそらくPOT3かPOT4ですが、アウェーでクロアチアがいつも力負けしているポルトガルにガチ勝負で勝ち切りましたから、シード国や、POT2のチームからすると完全な外れくじでしょう!いや、もしかして、準優勝とかなんて。しかし、FWもMFもDFも見事なラインナップです。今回のダークホースとなるでしょう。

また、抽選の時点で大陸間プレーオフの勝者2チームとウクライナ戦争のために延期となったスコットランド、ウクライナ、ウェールズ、オーストリアのパスの勝者は未定となります。ウクライナは6月にアウェーでスコットランドと対戦ですが、スコットランドもホームではなかなか強いですから、楽しみです。

 

日時対戦カード
試合中止ロシア vs ポーランド
試合延期スコットランド vs ウクライナ
3月25日(金)04:45ウェールズ vs オーストリア
3月25日(金)04:45スウェーデン vs チェコ
3月25日(金)04:45イタリア vs 北マケドニア
3月25日(金)04:45ポルトガル vs トルコ