海運貿易関連

貿易とデジタル化

紀元前1世紀頃のシルクロードでの貿易から始まり、7世紀から15世紀のスパイスルートを経て現在のグローバル化の時代まで、貿易は実に長い道のりを歩んできました。

貿易のビジネス自体は売買の基本概念から変わっていませんが、貿易と貿易パターンの方法論は特にここ数十年で劇的に変わりました。

内で定期船輸送だけでなく、多くの変更は、ここ20年にわたり発生しています。..

これらの変化の中で重要なのは、上位25のコンテナライン間の急速な合併と買収、ライン数の船舶トン数、サイズとコンテナ在庫の急速かつ大規模な増加、および上位25のコンテナ出荷ラインの下半分の市場シェアの大幅な低下です。

たとえば、2000年のトップ100コンテナラインのうち、上位25の市場シェア81%で、上位10の市場シェアは52%でした

貿易とデジタル化

 

そして、2019、トップ100のコンテナラインのうち、トップ25は、91.20パーセントの市場シェア持っているのがトップ10には、なんと83.40パーセントの市場シェアを持っています ..

貿易とデジタル化

この劇的な変化は、主に過去10年間に海運業界で起こった合併と買収によるものです。

 

貿易とデジタル化

海運業界は、船やコンテナの数の面で進んでいますが、文書など特定の領域が遅れてきましたが、こちらも紙のドックレシートの劇的減少とデジタル化、コンピュータ化が進んでいます。デジタル化、ブロックチェーン、ビッグデータ、IoT、人工知能などの革新的なコンセプトとテクノロジーの出現によるものです。そして、貿易とデジタル化を新しいレベルに引き上げました。ただし、商業送り状、梱包リスト、原産地証明書などの出荷書類の多くは、依然として紙ベースです。

船荷証券を紛失した場合のように、貿易、リリース、必要な元の文書のいずれかを紛失した場合、顧客が貨物を放棄することを余儀なくされる程度に費用が法外に高くなる可能性がありました。書類が遅れると、バイヤーへの商品のリリースが遅れるだけでなく、予定外の滞船、拘留、港湾保管などにより荷主/荷受人の費用も増加します。

sponsored link

しかし、革新的な技術のおかげで、システムは現在、非常に重要な船荷証券を含む紙の文書の電子版を作成することができるようになりました。銀行であろうと買い手であろうと、受信者に書類を安全、迅速、便利、安全に送信できます。貿易仲介人は、紛失、詐欺、その他の人為的ミスの危険を回避しながら、運送業者または銀行から商品を迅速にリリースすることができます。

 

スマートB/L,船荷証券の先駆者は?

この分野の先駆者の1人であり、業界初のスマート船荷証券であるSmart B / Lの作成者であるCargoXは、コンテナ荷送人だけでなく、在来船などのバルク船オペレーターでさえ、スマート船荷証券でのソリューションを提供しています。

貿易とデジタル化-CargoX-Vjeran Ortynski

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中の専門家、ユーザー、アナリストが”CargoX””のテクノロジーをTransport&Logistics Middle East(TLME)Excellence AwardsでMost Innovative Solution 2019に選出されました。

CargoXのCBDOであるVjeran Ortynski氏は、ドバイ開催された祝賀式典で賞を受賞し、次のように語っています。

賞は、海運業界が中立のパブリックブロックチェーンソリューションを望んでおり、必要としているという明確なシグナルです。私たちは、市場で意味のあるすべてのブロックチェーンソリューションとの相互運用性と互換性を提供するよう努力する責任を受け入れます。

他のイニシアチブと一緒に、市場のすべての関係者、および消費者のより良い利益のために、海運事業全体を改善できると確信しています。」

 

詐欺とサイバー犯罪

電子文書にはいくつかの利点がありますが、これらの文書が法的強制力があるかどうか、また貿易および政府機関のさまざまな当局によって受け入れられるかどうかについてはまだ審査中です。特に電子化とともに複製が作りやすくなる問題に対しては依然、準備ができているかどうかというところがあります。詐欺は海運および貨物業界で風土病のようであり、ユーザーが注意を怠ると、これは電子媒体を介して貿易とデジタル化に浸透する可能性があります。

国際海事局(IMB)は、NVOCCによって誤った/不適切な船荷証券の発行が多数発行されていることを確認しました。これは、銀行および取引および金融チェーンの他の利害関係者に提示されます。おそらく複数の資金調達、マネーロンダリングなどの目的のために、貿易金融システムに対する詐欺目的でIMB は、NVOCC船荷証券の適切な発行のためにIMBの行動規範を順守することに同意する非船舶運航共通運送業者(NVOCC)の登録を確立しました。

まとめ

貿易とデジタル化はCargoXの例が示すように、市場では従来のビッグネームよりもはるかに多くの成果を上げている新興企業があり、テクノロジーの採用または買収によって地位を強化している大手企業もあります。業界のビジネスの規模に関係なく、自分の会社を存続させるために、最終的にこれらの技術的進歩を適応/採用し、また、複製など詐欺の問題をクリアしていくことがどの企業にも求められています。