クロアチア”ザグレブ名物料理” シュトゥルクリ=ブチニッツァ

シュトゥルクリ

クロアチアザグレブ伝統料理 ”シュトゥルクリ”

シュトゥルクリ

ブチュニカ(写真提供:ザグレブ観光局/ CroChef)

シュトゥルクリ=ブチ二ッツァは代表的なザグレブのクロアチア料理で渦巻き状に薄い生地でズッキーニ、フレッシュチーズ、サワークリーム、卵を包み作ります。首都ザグレブとその周辺で人気があります。

オーブン焼きしたり、デザートにしたり、茹で上げタイプのものもあります。基本はオーブン焼きなのですが、クロアチアのレストランとかで応用する茹で上げタイプにソースを絡めるのがいいですね。

材料

生地

小麦粉 500グラム
200 mlのぬるま湯(38度くらい)
30 gラード
卵1個、塩大匙1
サラダ油

中身

カッテージチーズ 400グラム
サワークリーム  100グラム
ズッキーニ    1個
卵 2個

スポンサー

シュトゥルクリ 作り方(レシピ)

1.ズッキーニの皮をむき、半分の長さで切り、中央を取り除き、ボウルにすりおろします。ひとつまみの塩を追加します。

2.ボウルに小麦粉をふるいにかける。ひとつまみの塩、卵1個、ぬるま湯とラードを加え、指で混ぜます。

3.ボード上に置き、生地をボール状にこねます。サラダ油でコーティングします。カバーをして、30分間休ませます。

4.すりおろしたズッキーニから余分な水をすべて絞り、ボウルに入れます。フレッシュチーズ、ひとつまみの塩、砂糖、サワークリーム、2個の全卵を加えます。すべて一緒に混ぜます。

5.固い表面に広げたテーブルクロスに小麦粉を振りかけ、生地を広げます。それが非常に薄くなるまで手で伸ばします。端をまっすぐに切り、手で生地の上に油をこすります。

6.生地の上部と下部の列に沿って、具材を置き、下部と上部から転がして中心で合わせます。お皿で生地をカットします。

7.バターで皿に折り目をつけます。シュトゥルクリを皿に入れ、上部にさらにバターを加えてオーブンに入れます。195°Cで30分間焼きます。

CroChefとZagreb観光局が以下紹介しているので、参考にしてください。

https://youtu.be/OkAEtm8GmoY