歴史的瞬間が!モドリッチが久保建英とレアルで一緒に練習→試合出場へ

モドリッチ 久保

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

久保建英がモドリッチと共演です

レアル最新序列では、モドリッチの控え?になっている久保。日本人にとっては夢のようなことであることは間違いないですね。まず、目を付けられただけでもすごいですよね。しかし、久保にとっての本当の勝負はここから。このユニホームを着て、トップチームの舞台に立つ日はいつやってくるのか。うーん。ビッククラブにいけた選手はたくさん出てきましたが、本当にその中で活躍できていたかというと疑問なところもありますので、久保建英にはビッククラブで大活躍も期待したいですね。

久保建英のプレーを初めて見た。元バルサのクロアチアのメッシと被る…

ICCでカナダに到着後はドイツ代表MFトニ・クロース、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、チェルシーから加入したMFエデン・アザールら、久保の直後のシーンではクロアチア代表MFルカ・モドリッチも登場し、そんな中に18歳がいるという日本人ファンにとっては信じられないようなシーンですよね。

「久保くんの後にモドリッチ…凄い!!」「歴史的瞬間」にわかに信じられない様子でコメントが相次ぎ、再生回数は10万回を突破していたそうです。

10日はレアル・マドリードの日本代表MF久保建英がカナダのモントリオールで行われた練習に、移籍加入後初めて参加。モドリッチ(クロアチア)に交じり、ランニングでは集団の後方で汗を流した。久保は今季はBチーム(3部リーグ)に所属することになっていますが、いや、モドリッチに久保いいツーショットですね。モドリッチ33歳、久保建英18歳ポジションは被らないこともないですが、久保の方がより、FW向きですね。

モドリッチと久保が肩を並べランニング

モドリッチ 久保建英
朝日デジタル

久保 モドリッチ

レアル・マドリードはこのツアーで、ドイツブンデスリーガ7連覇中のバイエルン・ミュンヘン、イングランドプレミアリーグの名門アーセナルFC、そしてアトレチコ・マドリードと対戦します。ジネディーヌ・ジダン監督のもと、久保がモドリッチと同時にピッチにたつのか楽しみですね。

クロアチア現地では久保建英に関する話題はないですが、ジダン監督が戻ってきて、今シーズンの補強に関する話題はたくさん出ています。エデン・アザールにセルビア代表のルカ・ヨビッチ、奇しくもモドリッチと同じ名前のヨビッチですが、フランクフルトのレビッチと同じくいいコンビを形成してほしいですね。また、マンUのポール・ポグバをまだ、諦めていないようです。

下記はルカ・モドリッチとルカ・ヨビッチ、久保建英が同時に!一番手前がヨビッチです。

久保 モドリッチ
サンスポ

モドリッチはレアルでは、陽気なマルセロと仲が良く、兄弟のように思っているようです。モドリッチもヨビッチも結構、内気な性格らしく、久保建英も結構、どちらかと言えば、陽気な感じではないので、モドリッチ、ヨビッチ、久保建英、そして、マルセロでうまくコミュニケーションしてほしいですね。

スポンサー

しかし、2日目モドリッチは別メニューで調整

11日のレアル・マドリーは、2日目のトレーニングでモドリッチはフィジカル的な違和感を感じ、全体トレーニングを欠席した。

雨が降るモントリオールでモドリッチ不在のトレーニングとなったものの、監督ジネディーヌ・ジダンは、早速ボールを使ったトレーニングを始めています。

モドリッチは、ピッチには姿を見せず、室内のジムで、前日の2部練習の疲れから回復するためにチームメイト達とは別メニューを行っているようです。いや、久保との共演が….

ジダンがフランス代表から引き抜いたフィジカルトレーナーのデュポンだが、そのやり方に複数の選手から疑問の声が上がっていたそうです。

モドリッチ以外の28名の選手達は、ジダンが指揮する中、ボールを使ったトレーニングを行ったあとに再びフィジカルトレーニングを実施しています。

今季からマドリーに加入した久保建英も、チーム内のミニゲームでFWカリム・ベンゼマへのアシストを記録するなど存在感を示しています。

sponsored link

3日目はなんとジダン監督が一時帰国…

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、北米ツアー中のチームから離脱して急遽帰国することになりました。ジダン監督は兄弟の病状悪化を知った後にカナダを発ったといいます。兄弟のひとりが深刻な状態にあるとも伝えられています。いやあ、なんか幸先悪いなあ。モドリッチはともかく久保選手はジダンにアピール必要だし、せっかく指導を受けられるチャンスなのに残念ですね。

ICC(インターナショナルチャレンジカップは20日から開催されますよ)

久保は練習でも好相性をみせていたブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールと同じTOPチーム昇格が理想です。ヴィニシウスも加入当初はカスティージャでプレーしていたが、シーズン後半にはトップチームに引き上げられ好プレーを見せていた。

スペイン紙はまた、「日本は“クボマニア”で溢れている。レアル・マドリーもアジアの新たな宝石に惚れつつある」と新天地での高評価が紹介されています。

クラブも久保選手の母親の日本からスペインへの引っ越しに協力するほか、北米遠征ではカスティージャから招集された他の4人の選手たちと一緒に過ごさせ、グループで活動しているようです。これは、マルティン・ウーデゴーの二の舞を避けるためと考えられて、16歳でレアルに加入したノルウェー代表MFは、カスティージャで試合に出場する以外はトップチームで過ごしていたことで、カスティージャには馴染めず苦戦していた。久保に関してはトップチームに参加させつつ、カスティージャでもシーズンをスムーズにスタートさせるよにしているようです。

スポンサー

レアルが久保を獲得したのはバルサ最悪の失敗??

かつて久保が在籍していたバルセロナ下部組織のコーチらは「近年のバルサ最悪の失敗」として悔やんでいるといいます。プレースタイル的にはバルサのほうが合うとは思っていたので、ちょっと残念な気もしますね。

レアル久保がトップチーム入りした場合の出場ポジションは?

 カスティージャでなく、レンタルでの武者修行の視野に入れられている久保選手。もし、トップチームした場合のレアルの4-3-3システム予想布陣…モドリッチと本番での“共演”もありです。右ウイングに入るじゃないかなとおもいますけど、右インサイドハーフ、タレントが飽和状態の前線と若手が多い中盤を比較すれば、右インサイドハーフの可能性のほうが高いそうです。ベストメンバーなら並んでプレーするのは昨年のバロンドール受賞者であるクロアチア代表MFモドリッチか、ドイツ代表MFクロース。アンカーを務めるブラジル代表MFカゼミーロの前でラストパスの供給をするよう、フランス代表のグリーズマンみたいにシャドーストライカーってものありですね。

セルビア代表のルカ・ヨビッチと相性がよい?

個人的には前線のラストパスの供給なら、裏抜けがうまいセルビア代表のルカ・ヨビッチと相性がいい気がしますよ。カップ戦などで主力が不在の際には、当然ながら出場機会が巡ってくる可能性が二人とも高まります。

ICC日程

日々、注目が集まっている久保建英、プレシーズンではさらに起用の幅が広がることも十分にあり得る。インターナショナル・チャンピオンズ・カップでバイエルン(現地時間20日)、アーセナル(23日)、アトレチコ・マドリード(26日)での出場が楽しみですね。

レアル・マドリーにとっては2019/20シーズンに向けたプレシーズン最初の試合だが、ドイツ王者。ベストメンバーでこの試合に臨むことが予想されている。

GKはクルトワ。ディフェンスにはカルバハル、ラファヴァラン、ラモス、マルセロ。中盤にモドリッチ、クロース、イスコ、3トップにアセンシオ、アザール、ベンゼマというのが『アス』紙の予想です。

一方、カスティージャ(Bチーム)所属ながらもトップチームに帯同している日本代表MF久保建英に出場機会が与えられるかどうかにも注目が集まり。「ジダンはヨビッチ、ロドリゴ、日本の久保などの新戦力を試す可能性もある」とスペイン紙は述べ、交代出場は十分にあり得ると予想。

アーセナル戦の前の久保とモドリッチ

久保 モドリッチ

 

アーセナル戦後の久保とモドリッチ

久保 モドリッチ

フェネルバチェ戦の久保とモドリッチ

フェネルバフチェ戦における久保のプレー動画を掲載。この投稿欄にはファンからの意見が寄せられており、モドリッチと阿吽の呼吸を魅せました!後半モドリッチは久保と一緒に緑(エメラルドグリーン)のユニフォームで途中出場。フェネルバフチェ戦で3人のDFを引き付けてルカ・モドリッチに決定的なパスを通したシーンを動画付きでピックアップしていましたね。

久保 モドリッチ