海運貿易関連

コロナで海運大手マースクの事務スタッフの85%が在宅ワークを実現!?

マースク
コロナウイルス格差として持ち上がっているのが、在宅ワークの可否。状況の変化に対して、追いつけない中小企業と大きな差が生まれています。

コロナウイルスで海運業界での広がる在宅ワーク

コロナウイルスのパンデミックを封じ込めるためにヨーロッパとアジアで実施された封鎖措置の中で、自宅で働くマースクの従業員の数は大幅に増加しました。

いや、さすがですね。85%の従業員を見事に在宅ワークへ移行させました。非常に厳しい状況ではありますが

コロナウイルスで唯一ポジティブなことがあれば在宅ワーク、働き方革命

最悪な状況ではありますが、世界で唯一良いことがあれば、世界中の企業が在宅ワーク化が圧倒的に進んだことでしょう。

「世界の貿易の回転を維持する当社の能力に大きな影響を与えることなく、この移行が私たちのチームによって素晴らしく迅速に管理されたかを体験できることを誇りに思います。実際には、私たちのグローバルなオフィスベースのスタッフの仕事の85%は自宅で働くことができています!」マースクでヴィンセント・クラーク、海と物流の最高経営責任者(CEO)は、言いました。

sponsored link

パンデミックにもかかわらず、商品は地域、港に流れ続けているが、危機を緩和するために

政府や企業が講じた措置は、景気後退をもたらすとも

コロナウイルスの国家封鎖で今後数週間のうちに需要が減少するという同社の予想をしています。

「需要の減少に対応するため、ネットワークを積極的に準備しています。私たちは、これらの嵐を乗り切ることができるだけでなく、重要なこととして、サプライチェーンの整合性を保ち、この危機から世界を引き上げる」と彼は指摘した。

以前のアドバイザリーで、クレックは、パンデミックのサプライチェーンへの影響を緩和し、グローバルな貿易を日々継続してビジネス継続性を確保し、船員が海上で時間を伸ばし、延長するためのソリューションを考え出していると述べました。

マースク