サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

クロアチア代表がスロバキア戦の重要なユーロ最終予選メンバー発表

ヨシップ ブレカロ

クロアチア代表がスロバキア戦の重要なユーロ予選で発表

(写真:HNS)

 

ザグレブ、2019年10月28日–クロアチアのズラトコ・ダリッチ監督は、来月のユーロ2020最終予選でスロバキアと対戦する彼のチームを発表しました。

クロアチアは、11月16日にHNKリエカスタジアムで行われるEURO 2020最終予選でスロバキアと対戦します。クロアチアは現在、グループEのトップで2つのポイントをクリアしており、EURO 2020でスポットを固めるために引き分けが必要です。

ダリッチは月曜日に、重要な試合と3日後にプーラでプレーされるジョージアとの親善試合のために最新メンバーを発表!

ユーロ2020予選 ヴラシッチ、ベイルゴールでクロアチア対ウェールズはドローおはようございます。 ソムリエのらきてぃっちです。 EURO2020予選アウェーのウェールズ戦は1-1のドロー決着 これが意味...

チームから脱落したのは、経験豊富なセンターバックペアのドマゴイ・ヴィダとデヤン・ロヴレン。2018年Wカップ準優勝を支えた両名が累積警告で出場できません。これはかなり痛いですが、やっぱり招集されました。マルセイユのディフェンダーであるドゥイエ・チャレタツァルが代表にカムバック!

また、アンドレイ・クラマリッチも怪我から復帰したので、かなり前線はベストに近い布陣でもったいないくらいです。これにヴルサリコ、ピアツァ、ビバリッチが戻れも2018年くらいのレベルになりそうです。

クラマリッチが復帰(写真:HNS)

クロアチアは予選最初の試合スロバキアを4-0で下しましたが、

sponsored link

「リエカでの大きなゲームが私たちを待っています。これらのプレイヤーがそのような挑戦に正しい方法で対応することを私は完全に信じています。スロバキア人は非常に優秀なチームであり、非常に危険な対戦相手になる可能性がありますが、クロアチアは我々がロシアでやったように再び人々を元気づけるための高い品質、経験、そして大きな野心を持っています。スタジアム全体のサポートがあれば、資格の前向きで成功した完了を疑うことはありません」と語った。

月曜日に発表されたクロアチア代表:

◆クロアチア代表メンバー24名
GK
ロヴレ・カリニッチ(アストン・ビラ/イングランド)
シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
ミレ・シュコリッチ(オシエク)
ディノ・ペリッチ(ディナモ・ザグレブ)
カルロ・バルトレツ(コペンハーゲン/デンマーク)
ダリオ・メルニャク(チャイクル・リゼシュポル/トルコ)
マテイ・ミトロビッチ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス)
ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド)
ティン・イェドバイ(アウグスブルク/ドイツ)

MF
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア)

FW
イバン・ペリシッチ(バイエルン/ドイツ)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
アンテ・レビッチ(ミラン/イタリア)
ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)

◆予備登録メンバー
マリン・レオバツ(ディナモ・ザグレブ)
ヨシプ・ユラノビッチ(ハイドゥク・スプリト)
フィリプ・ブラダリッチ(ハイドゥク・スプリト)
マルコ・ログ(カリアリ/イタリア)

マルコ・ログが予備メンバーということはアンテ・チョリッチは時点くらいなので、かなりきついですかね。復調気味なんで、呼んでほしいですね。