クロアチア代表の毀滅の刃ヨシップ・ブレカロも新型コロナウイルスに感染

brekalo covid19

サッカークロアチア代表がネーションズリーグのフランス戦後に次々、新型コロナウイルス陽性になっています。

アンテ・ブディミール(30)とアンドレイ・クラマリッチ(29)がクラブに戻った後、covid-19の陽性反応を受けましたね。

スポンサー

ドイツのヴォルフスブルクはヨシップ・ブレカロも感染したと発表

代表チームでの3試合の後、ヨシップ・ブレカロは、コロナウイルスcovid-19の陽性を受け、今後2週間は自己隔離されることになりました。

国際に優しい-スイス<br>クロアチア

ボルシア・メンヒェングラートバッハ(1-1)との引き分けの試合では88分までプレーしていまし、絶好調だったのですが、しばらく休息ですね。

ブレカロというとクロアチア代表の毀滅の刃と言えるほど、切れ味鋭いドリブル、個人技、スプリンター能力、ゴール、試合ごとに伸びしろを発揮する若手のホープ。

ブレカロは、代表チームの3試合すべてプレーしていました。彼はまたスイス(2-1)に対してゴールを決め、スウェーデン(2-1)に対しては、73分間までプレー、フランス(2-1)でも後半大活躍。
<
Zagreb:クロアチアは、リーグオブネイションズの第3ラウンドでスウェーデンをホストしました

写真:DENIS BALIBOUSE

ブレカロのクラブによると、ブレカロは元気で、何の症状も感じていません。

クラマリッチやブディミールと同じような軽症ですが、もっと軽症かもしれません。

クラマリッチは現状について熱がなく、喉が少し痛いだけです。少し気になりますが、すべてが順調ですと語っています。

CLパシャリッチも出場していなかったし、コバチッチも途中出場でしたから、2週間くらいクロアチア代表選手は自主隔離するバデリみたいなプレーヤーも出てくるかもしれませんね。みな、軽症なのが幸いです。