サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

クロアチア代表、カタール航空国際トーナメントでの最新メンバーを発表

サッカークロアチア代表

クロアチアでもコロナウイルスが話題になっています。EURO2020が本当に開催できるのか心配になってしまいますが、3月下旬にカタールで行われる、ベルギー、クロアチア、ポルトガル、スイスによりトーナメントはとりあえず無事に開催される予定です。

(写真:HNS)

 

2020年3月9日発表サッカークロアチア代表最新メンバー

カタールの首都では、4チームの国際トーナメントが開催され、すべてのチームが世界のトップ12にランクインします。

渋い!実力派の欧州サッカーダークホース決定戦!

ワールドカップ準優勝のクロアチアと共に、トーナメントは世界No.1のベルギー、現在のユーロチャンピオンのポルトガル(7位)、スイス(12位)が出場します。4つのチームはすべて、夏にユーロ2020への出場権利を得ています。

個人的にはこのカタール航空が選んだ4チーム、欧州のダークホースが結集していて、いいチョイスですね。ここから優勝国が出るかもしれません。

クロアチアは、3月26日(現地時間午後7時30分)のトーナメントの最初の試合でスイスと対戦します。3月30日のポルトガル戦(現地時間午後8時30分)に行われます。

sponsored link

本当はベルギーと試合してほしかったですね。ベルギーというと遡ること2014年のブラジルワールドカップ予選で同組だったのですが、クロアチア自慢の中盤をヴィッツェル、フェライニ、シャドゥリあたりの若手がかなり躍動していて、なかなか、クロアチアも中盤を制することが難しく、ルカクの単独突破で決められ、1位突破できなかったことがありました。今、もう1回対戦してほしいですね。超攻撃的で実力伯仲で、ドラゴンボールで例えると天下一武道会の”悟空VS天津飯”くらいにすごい試合になりそう。

2022年末にFIFAワールドカップを開催するカタールでクロアチアがプレーするのは初めてです。メンバーは

クロアチア代表:

ゴールキーパー: ドミニクリバコビッチ(ディナモ)、ロブレカリニッチ(アストンヴィラ)、シモンスルガ(ルートンタウン)

ディフェンダー:  ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ)、デヤン・ロブレン(リバプール)、ティン・イエドバイ(アウグスブルク)、ミレ・シュコリッチ(オシエク)、ドゥイエ・チャレタツァル(マルセイユ)、ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ)、シメ・ヴルサリコ(アトレティコ)

ミッドフィールダー: ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)、イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ)、マテオ・コヴァチッチ(チェルシー)、マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)、ミラン・バデリ(フィオレンティーナ)、ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ)、マリオ・パシャリッチ(アタランタ)

ストライカー:イヴァン・ペリシッチ(バイエルン)、アンテ・レビッチ(ミラノ)、ヨシップ・ブレカロ(ウォルフスブルク)、アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)、ブルーノ・ペトコヴィッチ(ディナモ)

COVID-19の発生にもかかわらず、ダリッチ監督は、すべてが計画どおりに進んでいるかのように準備しているようです。

だいぶ、若手とベテランのバランスがよくなって、EURO2008の時くらいの期待感はありますね!!ヴルサリコが戻ってきたのは最高の材料ですね。ロブレン、ヴィダ、ヴルサリコ、バリシッチはかなり安定感抜群かと思います。骨折したペリシッチが入ってくるとは思いませんでした。さすが次期キャプテン、キャプテンマーク付けるとはりきって、3割増パフォーマンスよくなりますからね。