サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

1990年10月独立機運高まる中最初のクロアチアユニフォーム着用での試合が行われていました。

サッカークロアチア代表ユニフォーム

サッカークロアチア代表。独立移行時代の最初の国際試合

1990年10月17日は記念すべき、最初の今のクロアチア代表のユニフォームを着用しての最初の試合がザグレブで行われました。1990年というとまさにユーゴスラビア紛争からの独立移行の真っただ中で、クロアチアと、経済主権を掲げてユーゴスラビアからの独立を図ろうとするスロベニアによって、新連邦案「国家連合のモデル」が発表されました。連邦制度を廃止し、国家連合に転換するべきであるとした。一方でセルビアはあくまでも連邦の維持に固執し、同意に至らなかった。

最初のサッカークロアチア代表試合はアメリカ合衆国

で1990年10月17日で観客は3万人でした。試合はアサノヴィッチらのゴールで2-1で勝利

ボバン、シュケル、ヤルニはユーゴスラビア代表で..

クロアチアのレジェンドであるボバン、シュケル、ヤルニ、ボクシッチはソ連戦でU-21ユーゴスラビア代表としてプレーしていたため出場しませんでした。独立移行さなかのかなりフライングな国際試合ですね。

クロアチア出場選手: Dražen Ladić (71′ Tonči Gabrić) – Zoran Vulić, Saša Peršon (70′ Gregor Židan), Vlado Kasalo, Drago Čelić, Darko Dražić – Marko Mlinarić, Aljoša Asanović (58′ Mladen Mladenović), Zlatko Kranjčar (C) – Ivan Cvjetković, Kujtim Shalla.

sponsored link

ニコ・クラニチャールの父、ズラトコ・クラニチャールがキャプテンでした。

クロアチア代表 ユニフォーム

 

(Photo: Radiša Mladenović/HNS)

この試合は当然FIFAでは非公式でした。ちなみにFIFAに登録されたのは1992年7月3日です。

1990年以来、5回のワールドカップに出場し、銅メダルと銀メダルを獲得しています。これはかなりすごいと思います。EUROには5回出場、1996年、2008年に順々決勝まで進んでいます。EURO2020はクロアチアに優勝してほしいですね。

シュケルは45ゴールで最高ゴール数をマークしています。代表試合数では134試合のスルナがトップ。