海運貿易関連

IMOとWCOがロックダウンの中、生活必需品の海上輸送の安定のため共同声明

コロナウイルス 海運

税関と港湾は、コロナウイルスによるパンデミックの間、重要な商品の流れを維持するように各国政府から指示されていて、窮地で改めて、なくてはならない仕事であることを証明しています。

コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに起因する前例のない地球規模の危機で、重要な医薬品等を含む必須商品の継続的に提供を維持するため、海上貿易は引き続き流れていかなければなりません。

金曜日(4月17日)に発行された国際海事機関(IMO)と世界税関機関(WCO)の首脳による共同声明のメッセージです。

IMO事務局長とWCO事務局長は、税関当局と港湾当局、その他すべての関係機関に、グローバルなサプライチェーンの整合性を維持するために積極的なアプローチを確立するよう強く要請しました。海上での生活必需品の運搬は死守しなければならないという声明です。

共同声明は、病気の蔓延を遅らせ、その影響を緩和するために旅行が制限され、国境が閉鎖されているため、港は閉鎖され、船舶は入国を拒否していると述べています。

そのような制限は、非常に必要とされる援助と技術サポートを妨害し、関係国に負の社会的および経済的影響を与える可能性があると述べています。

コロナウイルス(COVID-19)パンデミックが経済や社会に及ぼす全体的な影響を最小限に抑えるために、税関当局と港湾当局が重要な医薬品や設備、重要な農産物などの商品の越境移動を引き続き促進することが重要です。共同声明では語られています。

2つの組織は、船、港湾施設、税関、その他の管轄当局間の、国レベルおよび地方レベルの両方でのコミュニケーション、調整、協力の最も重要性を強調しました。

sponsored link

税関と港湾行政は、すべての人々の健康と福祉を支援するために、グローバルサプライチェーンの混乱を解決するために協力することが求められています。

共同声明では、2つの組織が発行した推奨事項とガイダンスにも言及。

特に、IMOは、政府と関係国の当局に一連の推奨事項を配布しました。これは、海運輸送部門を代表する世界的な業界団体の幅広い分野で提案されています。

”海上輸送に関わる船員達は医療関係者と同じく不可欠なサービスを提供する「キーワーカー」として、尊重されるべきである”と主張しています。

共同声明は、国境を越えた救援物資(物資、医薬品、医療機器など)の需要と移動が劇的に増加しているときに発生します。