コンテナの記載事項の意味を知っていますか?チェックデジット、コンテナ所有者….

貨物または輸送用コンテナは、単純にコンテナの移動に関わる会社だけでなく、コンテナを使用するすべての企業および業界にとって、不可欠になっています。

コンテナは現代世界の最も偉大な発明の1つとされており、、20世紀以降のビジネスのやり方を完全に変え、、グローバリゼーションの構築に大きな役割を担いました。

輸出業者、輸入業者、貿易業者、荷造り業者、港湾、税関、国境当局、警察、貨物輸送業者、荷役作業員、運送業者、貿易取引に関与するさらに多くの事業体がコンテナを毎日見たり扱っていますが..

しかし、これらの人々の多くはコンテナを見ていますが、誰もがコンテナの多くのマーキングを理解しているわけではないですよね。

コンテナの記載事項は、輸送中のコンテナと貨物の監視と安全性に関連するサプライチェーン内のすべての関係者に大事な情報し、コンテナの移動に非常に重要な役割を果たします。

以下の例を使用して、

コンテナの各記載事項(マーキング)

 

コンテナドアのマーキングはどういう意味ですか

1)コンテナ番号

ドアのメインマーキングです。4つのアルファベットと7つ数字で構成される英数字11桁です。コンテナ番号識別システムは、国際標準化機構によって作成されています。

スポンサー

コンテナ識別システム

所有者コード– 3文字(上記の例ではHLX)
機器カテゴリ– 1文字

上記の例では、Uは貨物コンテナを示します。他のカテゴリは、取り外し可能なコンテナ関連機器(Gensetなど)の場合はJ、トレーラーとシャーシの場合はZです。

シリアル番号– 6つの番号(番号のみ)
チェックディジット– 1つの数字(数字のみ)

所有者コードはコンテナの所有者に固有で、このコードの登録は、Bureau International des Containers et du Transport Intermodal (BIC)でされていますよ。

船会社やコンテナオペレーターによるコードの重複を避けるためです。

特定のコンテナが誰に属しているかわからない場合は、いつでもBICコード検索を実行してコンテナの所有者を特定できます。

ただし、コンテナの所有者は、コンテナを別のオペレーターまたは船会社にリースする可能性があるため、必ずしもコンテナを管理している必要はありません。

2)チェックディジット

コンテナ番号の一部ですが、チェックディジットは、上記のコンテナ番号が有効か無効かを識別するために使用できるため、非常に重要な番号です。

たとえば、”BIC””のチェックディジット計算機にかけると、HLXUと数字200841を入力すると、チェックディジットとして取得されるものを確認できます。

コンテナのプレフィックスと番号は、与えられた一連の番号なのです。

スポンサー

3)コンテナの所有者またはリース

コンテナを所有または運営する事業者です。例のような船会社(Hapag Lloyd)、またはコンテナを船積みにリースするTextainerなどのコンテナリース会社の場合があります。在庫を増やす必要があるが、資産を増やす必要のない船会社はリースを行います。

4)最大総重量

この例では– 30,480 Kgs。コンテナ自体重量2,250 Kgを含めてコンテナが運ぶことができる最大重量です(7を参照)。これは、SOLAS VGM証明書で表示されており、記載が必要となります。

5)ISOコード

国際標準化機構のコードIS06346:1995(E)に従い、各コンテナには任意のISOコードが与えられています。

たとえば、標準の20フィートコンテナは、さまざまな国で

  1. ドライバン(DV)
  2. 汎用(GP)
  3. 標準(SD)
  4. ドライコンテナ(DC)

などと呼ばれています。

これらの用語はすべて異なるため、港、税関、船会社などを介したデータの送信に使用される統一システムでは使用できません。

したがって、一般的には22G1のISOコード(上記の例)は、

コンテナが高さ8’6 “、重量2,250Kgsの20 ‘コンテナであることを示すために使用されます。

 

6)船級協会のラベル

各コンテナの強度、貨物、耐航性は船級協会によってテストされ、このラベルはどの船級協会が認証したかを示します。

7)容器の重量

空コンテナの実際の重量であり、製造業者によって提供されます。

これは、ベイプランを行う時にこの重量を含める必要があり、プランナーが無視してはならないため、船舶オペレーターとプランナーが考慮しなくてはならないものです。

24,000TEUを運ぶメガコンテナ船では各TEU(2250 kg)のコンテナ自重を無視すると、船の重量は42,750,000 Kgs = 42,750トンオーバーになります。海上での災害を引き起こしかねません。

ただし、この重量は、この重量を船荷証券に表示する必要があるかどうか、およびVGMの重量を船荷証券の重量と一致させる必要があるかどうかに関して、貿易関係者、船会社によっても争われています。

8)最大積載重量

コンテナに梱包できる貨物の最大重量であり、この重量の誤った申告は、深刻な影響を及ぼします。

これは船荷証券に表示されている重量であり、再確認ですが、コンテナ重量は含まれていません。この重量はコンテナのドアに示され、シッパーはコンテナの容量を知らなかったすることはできません。

9)最大積載容積

コンテナに詰めることができる立方体容量の最大値です。重量とは異なり、M3は非常に明白であるため、コンテナに過剰に詰めることはできません。

(重量の誤った申告とは異なり)容積の誤った申告は物理的な結果をもたらさないかもしれませんが、船荷証券の容積の誤った申告は、特に貨物が容積で運賃計算される場合、買い手または売り手に経済的影響を与える可能性があります。

10)CSC、ACEPの認証など

すべてのコンテナには、国際貿易で使用するために、CSC(コンテナ安全条約)プ​​レートと呼ばれる安全承認プレートが必要です。国際条約の規定に準拠しています。

このCSCプレートの役割は、コンテナが検査され、船内での輸送に適した状態にあることを確認することなんですね。

このプレートには、所有者、技術データ、およびACEP情報のすべての詳細が含まれています。ACEPは、承認済継続検査プログラムの略です。

30か月ごとに、コンテナを検査用のコンテナデポに変える必要があります。

以下の例に示すように、CSCプレートには総重量も表示されます。

CSCプレートの画像

その他のマーキング

上記のマーキングの他に、コンテナには次のような他のマーキングもあります。

フルコンテナ番号

  • コンテナの屋根上–荷積み/荷降ろし作業中のクレーンオペレーターのため
  • ハイキューブコンテナドアに近いコンテナの内部/梱包担当者/検数人ため
  • コンテナの前面・輸送中の輸送業者、政府当局などの利益のため。セキュリティの目的で、ドアをトラックの内側に向けてコンテナを輸送するのが通常です。

40 ‘/ 45’ハイキューブコンテナの注意ステッカー

ハイキューブコンテナ