サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

クロアチアのボバン、ACミランにイブラヒモビッチを迎える

イブラヒモビッチ

ズラタン・イブラヒモビッチ、クロアチア人ボスニア人のハーフで移民として、スウェーデンに渡り、代表では10番として、また、ヨーロッパ中のトップリーグで大活躍した彼がACミランに戻ってきました。御年38歳

イブラヒモビッチ

ズボニミール・ボバンとズラタン・イブラヒモビッチ(スクリーンショット)

 

イブラにオファーを出したのはクロアチアとACミランのレジェンドのボバン

元クロアチアのキャプテンでACミランのチーフフットボールオフィスであるズヴォニミール・ボバンは、木曜日にミラノに到着したズラタンイブラヒモビッチに挨拶しました。

短期契約で6年ぶりにクラブに戻ってきた38歳のイブラヒモビッチは、木曜日の朝にストックホルムからのプライベートジェット機でリナーテ空港に着陸しました。

イブラヒモビッチは、クロアチアのスターストライカーと通信したボバンによって最初に迎えられました。

sponsored link

「Jesi li dobro?」(元気ですか?)ボバンはイブラヒモビッチに手を振って尋ねます。ズラタンはクロアチア語で続けています:「Sve dobro」(すべて良い)。

その後、ボバンはクロアチア語でイブラヒモビッチにいくつかの指示を与えます。「Mi idemo direktno u auto、onićeuzeti torbe。」

その後、イブラヒモビッチはイタリアのACミランTVと話をしてから、ラ・マドンニーナの診療所に行き、医療を修めました。

イブラヒモビッチは母親はクロアチア系の移民なのです。彼の母親の”ユルカ”は、ザダルの近くの”Prkos”の村からスウェーデンに移住しました。彼の父親はボスニア系なのです。スウェーデンは移民が多いので、あまり気にならない方も多いのですが、クロアチア代表も選択できたとなるとすごいチームになっていたでしょう。

イブラヒモビッチは、モドリッチをクロアチアの遺産と発言

ルカ・モドリッチがバロンドールで優勝したとき、クロアチアの遺産として誇りに思っていることについて話しました。

「私と母はクロアチア出身で、彼は(モドリッチ)クロアチア人なので、私は幸せです。それは血の一部だ」と彼は言っていました。これだけ、俺様的なズラタン・イブラヒモビッチですが、やはり故郷に対する思いと心残りみたいなものがあるんですね。クロアチアかボスニア代表でプレーしてほしかったですね。

イブラヒモビッチ
イブラヒモビッチ、クロアチアの遺産、ルカ・モドリッチについて語るこんばんは、ソムリエのらきてぃっちです。 イブラヒモビッチ、モドリッチのバロンドールとクロアチア愛について語る あの、ズラタン・イブ...

いまさらなんて声もありますが、バルカンの血を持つ彼に自分はかなり期待しています。38歳になっても自信満々で戻ってくるのがいいですね。