サッカークロアチア代表最新メンバー EURO2020 vs スロバキア、アゼルバイジャン

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

前回、6月のハンガリー戦、ウェールズ戦からあっという間に次節を迎えようとしています。

UEFA Euro 2020 – Group E スケジュール

6 September, 20:45 (Friday): Slovakia – Croatia
9 September, 18:00 (Monday): Azerbaijan – Croatia
10 October, 20:45 (Thursday): Croatia – Hungary
13 October, 20:45 (Sunday): Wales – Croatia
16 November, 20:45 (Saturday): Croatia – Slovakia

クロアチアは現在2位タイ。ですが、ハンガリーは1試合多いんです。あと5試合ですから、次の2試合で大方決まるとは思いますが、よくもわるくも簡単に決めてくれないのが、クロアチア(大汗)最後のホームのスロバキア戦までもつれそうだなあ=。

前回と違って、3位になったらもう、見込みはないので、分かりやすくていいですね?次はアウェー2連戦。アウェーの方が熱烈なサポーターのやらかしがないから意外とやりやすいかもしれません。

クロアチア代表メンバー23名と予備登録選手6名は以下の通り。

スポンサー

GK クロアチア代表

ロヴレ・カリニッチ(アストン・ヴィラ/イングランド)
ドミニク・リヴァコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)
シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド)

GKは変わらずですが、スバシッチのあとのカリニッチがあまりパッとせず、プレミアでもあまり、フィットしていないのが、心配ですね。上背はあるのですが。

思い切って、リエカからルートン・タウンに移籍した191CM、シモン・スルガもいいんじゃないかな?

関連画像

▼DF クロアチア代表

ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
デヤン・ロヴレン(リヴァプール/イングランド)
ティン・イェドヴァイ(レヴァークーゼン/ドイツ)
マテイ・ミトロヴィッチ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド)
カルロ・バルトレツ(コペンハーゲン/デンマーク)
ミレ・シュコリッチ(オシエク)
ダリオ・メルニャク(チャイクル・リゼスポル/トルコ)

スポンサー

DF総評

ここは、ヴルサリコ、ヨシップ・ビバリッチの両サイドがいないのが、辛い。豪華MF陣に強力なアクセントと攻撃に厚みを加える上でのキーパーソンだったのですが….

イエドヴァイがレバークーゼンでスタメンとは言い難いですが、代表では穴を埋めてくれるでしょう。通常ラインナップはヴィダ、ロブレン、バリシッチ、イエドヴァイだと思いますが、センターバックはミトロビッチもいるので、両サイドにイエドヴァイとヴィダってのはありかも。かなり上背のDFラインですが、イエドヴァイとヴィダは敏捷性もありますからね。オシエクのシュコリッチも評価があがっていて、近々にヨーロッパ移籍もあり得る選手。思考錯誤ではいい試みかもしれません。

▼MF クロアチア代表

ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/スペイン)
イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コヴァチッチ(チェルシー/イングランド)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル/イタリア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア)

MF総評

ここは言うことなし!もう贅沢な悩みですが、コヴァチッチもチェルシーでがっちりトップ下なので、そろそろモドリッチの代わりにスタメンでも。ラキティッチも好調で得点力あるから、コバチッチ、ブロゾヴィッチ、ラキティッチもありかなと。ジョーカーでさらに攻撃的に行きたい時はヴラシッチかな。

http://modric19.com/rakitic-euro2020

とおもいきゃラキティッチとコバチッチが離脱!!痛すぎるなあ。

バデリとブロゾビッチ、モドリッチでも十分だけど、いまいち、点を獲れる気がしない。それよりはヴラシッチをトップ下において、モドリッチ、バデリのボランチ再結成でもいいと思う。

ブロゾビッチの方がバデリより活きがいいけど、モドリッチ、ヴラシッチ、ブロゾビッチだと170CM台と中盤の高さがないので、その意味でラキティッチ離脱は痛い。

そこで、高さもあるバデリそれかもう、アタランタで結果だしてるパシャリッチ使っても面白いと思います。コバチッチ、ラキティッチ抜けても期待しちゃいますね。

FW クロアチア代表

イヴァン・ペリシッチ(バイエルン/ドイツ)
アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ)
ヨシプ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
ブルーノ・ペトコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)
ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)

 

FW総評

マルコ・ピアツァがいないのと、アンドレイ・クラマリッチが怪我から復帰したばかりで、基本いないのは辛いですね。ただ、レビッチが戻りましたから、穴は埋めてくれると思います。

ブレカロのスタメンも期待ですが、いまいち、小粒なメンツで充実とは言い難いです。形は作れるでしょうけど、決めきれるかなとそうなるとやはり、ぺリシッチが一番、期待値は高いですね。30歳になりましたが、ロッベンばりにやってくれるでしょう!

豊田陽平ともプレーしていたミスラブ・オルシッチ

上記は自分の友達と同じ名前のMISLAV(ミスラブ・オルシッチ)

彼は2017年2月に蔚山現代でもプレーして、Kリーグ1で13試合に出場し3ゴール1アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場し4ゴール3アシストを記録し、チームのベスト16進出に貢献。サガン鳥栖からレンタル移籍で加入しているFW豊田陽平ともプレーしていたんですね。いや、これも嬉しいニュース。

▼クロアチア代表の予備メンバー

アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
マルコ・ログ(カリアリ/イタリア)
フィリップ・ベンコビッチ(レスター/イングランド)
ミヨ・ツァクタシュ(ハイドゥク・スプリト)

関連画像
ヨシプ・ユラノビッチ(ハイドゥク・スプリト)

「ヨシプ・ユラノビッチ」の画像検索結果

アントニオ・ミルコ・チョラク(リエカ)

Čolak nakon Dalićevog poziva: 'Presretan sam, velika je stvar naći se u ovom društvu'

予備メンバーも新しいメンツが入っていて面白いですが、マルコ・ログはこのMFの厚さだとなかなか割って入れないですね。気になって仕方ないのが、FWアントニオ・ミルコ・チョラクですね。アントニオとミルコが入っている!名前が日本人には強烈でそっちが。

好調!リエカのアントニオ・ミルコ・チョラク

現地の記事ではクロアチア代表チームのズラトコダリッチは、トルナバ(9月6日)のスロバキアとバクー(9月9日)のアゼルバイジャンとの今後の重要なEURO 2020予選試合の選手名簿に載っていたリエカのアントニオ・ミルコ・チョラクは大喜び、予備なんですけどね。

 

以下、チョラクのコメント

-私は大喜び!すべてのクロアチアのサッカー選手は、いつかクロアチアA代表チームに招集される夢見ています。予備なので、現実にそうなるかわかりませんが、私はその名誉を得たことがうれしいです。クロアチアのような最高のサッカー選手のような集まったチームにいることは素晴らしいことです。チョラクは好調で、ストライカーは7試合で5ゴールを決め、2回のアシストを記録しました。