COPAアメリカで南米の地理的位置関係を再確認&貿易品状況もチェック

ネイマール

こんばんは。ソムリエのらきてぃちです。

[本記事のターゲット]

  • 南米の国々の地理を再確認しよう。
  • 南米の主要貿易国について知ろう。

日本も出場した”COPAアメリカ”試合は負けたけど、久保建英のプレーが見れればなんでもいいという大会にすらなっていましたね!本当にプレーのディティールの質が高くて、見ていておもしろい選手でしたね。優勝はブラジル、準優勝はペルー、いや、ペルーはワールドカップのロシア大会でも、クロアチアと親善試合をして、2-0で勝利していて、いや、国内組中心だけど、まとまっていて、アグレッシブといいチームだなと思っていましたので、準優勝は分からなくもないです。

南米は2014年のワールドカップのブラジル大会に2016年のリオデジャネイロオリンピック、個人的にはアサイードリンクの再発見など

http://modric19.com/frutafruta

、ちょっと興味があったところなのですが、旧ユーゴスラビア、黒海付近なら地理が明るいのですが、この付近いまいち分からなかったので調べてみました。

何せ日本からは飛行機でも十数時間と遠いですよね。マチュピチュ(ペルー)であったり、ウユニ塩湖(ボリビア)であったり、人気の世界遺産も多い南米ですが、今回は少しばかりマイナーな国も発見しましたよ。

南米の地図を再確認。

外務省が南米として取り上げているベネズエラ、コロンビア以南の12カ国を

国旗国名首都人口
アルゼンチン
Argentine
ブエノスアイレス
Buenos Aires
4342万人
ウルグアイ
Uruguay
モンテビデオ
Montevideo
343万人
エクアドル
Ecuador
キト
Quito
1542万人
ガイアナ
Guyana
ジョージタウン
Georgetown
76.7万人
コロンビア
Colombia
ボゴタ
Bogota
4779万人
スリナム
Suriname
パラマリボ
Paramaribo
54.3万人
チリ
Chile
サンティアゴ
Santiago
1776万人
パラグアイ
Paraguay
アスンシオン
Asuncion
685万人
ブラジル
Brazil
ブラジリア
Brasilia
2億784万人
ベネズエラ
Venezuela
カラカス
Caracas
2990万人
ペルー
Peru
リマ
Lima
3115万人
ボリビア
Bolivia
スクレ
Sucre
1082万人

南米の中では小国である、ガイアナやスリナムという国については、名前すら初めて知りましたね。

ガイアナは昔はイギリス領だったこともあり、南米では唯一公用語が英語の国、スリナムはオランダ領だったことから公用語がオランダ語。ブラジルはポルトガル語、その他の9カ国はスペイン語が公用語なので、この2国は南米の中ではちょっと異色の国で、自分はこの2カ国に興味を持ってしまいました。

※その他、先住民の言語も公用語となっている国もあります。

南米と日本との貿易関係

南米の国々は、大方、アメリカや中国、南米国内の国々との交易が多く、対日は実はあまり多くありません。日本の反対側ですしね。

スポンサー

アサイーやキヌア、チアシードをはじめとするスーパーフードの原産地は南米

らきてぃっちも大好きなコロンビアやブラジルのコーヒー豆、チリのワインなど、日本人にも馴染みのある食べものや飲みものが南米から輸入され、国によっては主要な輸出品である鉄鉱石や銅、亜鉛といった鉱物・金属類、木材なども輸入していますよ。

逆に、日本からの輸出で目立つのは、自動車や自動車部品ですかね。パキスタンとかベトナムとかも多いけど、南米の増えてきていますね。。