クロアチア

サッカーだけじゃない!NBAでクロアチア&旧ユーゴ選手が活躍中!

ヌルキッチ NBA

こんにちは、ソムリエのらきてぃっちです。
最近はNBAというと、田臥勇太さん以来の日本人がデビューしてわきましたね。

  1. 渡邊雄太選手、206CMで機敏な動きをする規格外の日本人選手です。
  2. ジョン・ストックトンと同じゴンザガ大学の八村塁選手。
  3. さらには、ノースカロライナ大学のデーブ・海選手。

まさに、日本バスケットボール界の夜明けともいえる今、東京五輪での一番の注目はこのバスケットボール日本ですよ。ここまで、日本を紹介しておいて、今回紹介するのは、やっぱりバルカンのNBA選手です!申し訳ありません。でも、デーブ海選手は注目ですよ!

旧ユーゴスラビアのNBA選手もすごい増えている

クロアチア、セルビア、モンテネグロ、スロべニアの選手が多いのですが、今月始まるNBAのプレーオフにもセンター枠でたくさん出場します。時代のニーズかもしれません

旧ユーゴの有名選手といえば、

  • トニー・クーコッチ(元シカゴ・ブルズ)
  • ペジャ・ストヤコビッチ(元サクラメント・キングス)
  • ブラデ・ディバッツ(元ロサンゼルス・レイカーズ)

など、高さと器用さを持ち合わせた、サッカーと同じくデカいのに魅力あふれるセンスと
センターながら、スリーポイントまで決めてしまう器用な選手がとても多いです。日本人選手もブレイクしてほしいですが、こんな旧ユーゴの選手が絶賛ブレイク中なので、メインどころを紹介します。

マリオ・ヘゾニャ Mario Hezonja(クロアチア)

Mario Hezonja, Bojan Bogdanovic (33236676916).jpg
  • ニューヨーク・ニックス所属(元バルセロナ)
  • クロアチア代表
  • 201CM シューティングガード
  • 1995年生まれ

イヴィツァ・ズバッツ (クロアチア)

  • ロサンゼルス・クリッパーズ所属
  • クロアチア代表
  • 216CM センター
  • 1997年生まれ
イヴィツァ

ボヤン・ボグダノヴィッチ Bojan Bogdanovic(クロアチア)

  • インディアナ・ペイサーズ所属
  • クロアチア代表
  • 203CM
  • 1989年生まれ
Bojan Bogdanović'13.JPG

ニコラ・ブーチェビッチ Nikola Vucevic(モンテネグロ)

  • オーランドマジック所属
  • モンテネグロ代表(ツルナ・ゴーラちなみに黒い山という意味)
  • 213CMセンターとパワーフォワードをこなす。
  • 1990年生まれ
Nikola Vucevic Washington at Orlando 2012.jpg

ニコラ・ヨキッチ Nikola Jokic(セルビア)

  • デンバーナゲッツ所属
  • セルビア代表
  • 208CM センター・パワーフォワード
  • 1995年生まれ
Nikola Jokic (40980299891).jpg

ボバン・マリヤノヴィッチ Boban Marjanović(セルビア)

  • フィラデルフィア・76ers所属
  • セルビア代表
  • 223CM センター
  • 1988年生まれ
BobanMarjanovic.JPG

ルカ・ドンチッチ Luka Doncic(スロベニア)まだ、19歳!!

  • ダラス・マーベリックス所属
  • スロベニア代表
  • 201CM ガードフォワード
  • 1999年生まれ
  • ネクスト、ダーク・ノビツキー??しかも、まだ、19歳。大器すぎる。
Luka Dončić 7 Real Madrid Baloncesto Euroleague 20171012.jpg

sponsored link

ユスフ・ヌルキッチ Jusuf Nurkic(ボスニア)

  • ポートランド・トレイルブレイザーズ所属
  • ボスニア代表
  • 211CM センター
  • 1994年生まれ
ヌルキッチ
NBA前代未聞のスタッツを叩きだしたヌキッチ

ヌルキッチは1月1日、サクラメント・キングス戦に38分出場し、24得点、23リバウンド、7アシスト、5ブロック、5スティールを獲得。20/20のダブルダブルを記録しながら、キャリア初となる「5×5」を達成した。いや、これは現代ではありえない数字…ビル・ラッセルとかアキーム・オラジュワンみたいですね。しかし、ケガでプレーオフ出れずこれは残念!!

最も評価が高いのは二コラ・ヨキッチ

とにかくパスが上手い!!ヨキッチ

23歳ながら、オフェンスでリーグトップクラスのビッグマンとして認められるようになっ二コラ・ヨキッチ得点力の高い選手だが、なんといっても最大の魅力はコートビジョンとパススキルです。この身長でパススキルってなんとも旧ユーゴらしいですね。トニー・クーコッチが東欧のマジック・ジョンソンと言われていましたが、彼もそれを凌駕するショータイムバスケットをしてくれそうです。
エルボーからカッターへのフィードやローポストからシューターへのキックアウト、ペリメーターでのドリブル・ハンドオフなど基礎的なパスはもちろんのこと、ファーストブレイクでのノールックといったガード顔負けのミラクルアシストまで、あらゆる種類のパスを操ることができるますので、プレーオフでは注目してください。

NBAプレーオフ出場チーム

イースタン・カンファレンス

ミルウォーキー・バックス(1) vs デトロイト・ピストンズ(8)

トロント・ラプターズ(2) vs オーランド・マジック(7)

二コラ・ブーチェビッチ所属

フィラデルフィア・76ers(3) vs ブルックリン・ネッツ(6)

背伸びダンカーのマリヤノヴィッチの注目が集まります。

ボストン・セルティックス(4) vs インディアナ・ペイサーズ(5)

ボヤン・ボグダノヴィッチ所属

ウェスタン・カンファレンス

ゴールデンステイト・ウォリアーズ(1) vs ロサンゼルス・クリッパーズ(8)

  • ステフィン・カリーケビン・デュラントで3連覇を狙うスター軍団でウォリアーズの圧倒的総合力にイビツァ・ズバッツが挑みます。

デンバー・ナゲッツ(2) vs サンアントニオ・スパーズ(7)

  • ニコラ・ヨキッチがスパーズのミッドレンジ攻勢にう挑むか?

ポートランド・トレイルブレイザーズ(3) vs オクラホマシティ・サンダー(6)

  • ユスフ・ヌルキッチの穴を、ブレイザーズがどう埋めるか..

ヒューストン・ロケッツ(4) vs ユタ・ジャズ(5)

アメリカ出身以外の選手にスポットをあてて、NBAを楽しむのもおもしろいですよ。